人とのおつきあいから始まった、プラズマパルサーと私とのご縁。

上京後、再びの体調不良から脱する助けとなった装置です。 でもなぜあの時、私の症状に、装置が
ベストな回答をしてくれたのか? 体の中で何が起こっていたのか?

聞けば聞くほど、なるほどな、
人の体っていうのは、よく考えられているなと思います。

***************************

【人は活動エネルギーを、どうやって作っている?】 
 
 
 私たちは、食物のカロリ―から活動エネルギーを作っている、
と思いがちですが、実はそうではありません。 
 人の活動エネルギーは、炭水化物やたんぱく質などから取り出した、
水素を使って作ります。

01_食べ物から何を

 炭水化物などの食べ物は、クエン酸回路で、まず、酸素を使って酸化し、
水素が取り出されます。
この時に、発生するのが活性酸素です。この活性酸素は、
多すぎると体調を崩す原因とも言われています。


 取り出された水素は、そのままでは運べないので
酵素と一緒になり、ミトコンドリアに向かいます。

02_ミトコンドリア
 

水素は、ミトコンドリア内のマトリクスにある、
ATP合成酵素に入っていきます。

一つの水素がATP合成酵素に入ると、そこでモーターが回り、
3つの電子(e-)が発生します。この時に、エネルギーが作り出されるのです。

02_ATP合成酵素
 
 脳の神経細胞は、お互いの情報伝達の際、
電子を交換をしている事が良く知られています。
同じ様にして、人間の活動エネルギーでも、
電子(e-)が利用されているのです。


 
【人の生命に起源は、電子の振動から】
 
03_受精卵_紫さらに、私たちの生命すべてに電子(e-)は関わっています。  
例えば、卵子が受精した時。一瞬ホワンと紫に光って、
電子の振動が始まります。

そして、その振動は、私たちが死を向かえるまで続きます。
この光った瞬間は、目に見える生命プラズマなのです。



【電子の振動は「プラズマメンブレン」で起きている】
 
実際にどこで電子が振動しているのかというと、
細胞膜の一番内側、原形質膜です。英語名は「プラズマメンブレン」。
04_プラズマメンブレン

プラズマとは「一律の場に、プラス電荷とマイナス電荷が均一に存在し、
中性の状態を保っている」
事をさします。

実際にプラズマメンブレンは、
内側は酸素イオンが並んでいてマイナスに帯電し、
外側は窒素イオンが並んでいてプラスに帯電
しています。

05_プラズマメンブレン内部
 
そして、電子(e-)が内側と外側を、行き来し、振動しているのです。 
 
さらに、面白いことに、この振動数は、地球の振動数の倍数。
 
ご存知のように、地球の内部には核があり、その周りはマントルに囲まれています。
物質と物質がぶつかると電子(e-)が発生するので、
常に移動している液状のマントルから、電子(e-)が多量に発生しています。
06_地球

地球内部の電子(e-)は膨大な量であるため、
地球の周りに地磁気ができて、地球が振動しているのです。

lgf01a201404190200 (1)


【 プラズマパルサーは地球に則した振動数で電子を打ち込むエネルギー充当装置 】
 
プラズマパルサーは、地球の振動数の倍数で、
ATP合成酵素に直に電子(e-) を打ち込んでいます。
これにより、活性酸素を発生させずに、生命活動のエネルギーを充当することができるのです。

2015_1226


**************
あの時、細胞のミトコンドリアが反応したのよね、確かに。。。



*************************
さて、プラズマパルサーのサロンが新しく4月に大阪でオープンします。
その準備として
3月3日、31日と、開発者の田丸さんのセミナーが開催されます。

↓ オープン準備の様子はFacebookページへ!「いいね!」をお願いします。
プラズマサロン南森町開設準備室

準備室の奥田さんから:
プラズマ療法を受けられるサロンがついに大阪南森町に開設されます。まだまだ広く知られていないプラズマ療法の可能性は果てしなく、究極のアンチエイジング(若返り)と言われています。健康と美容を追求するこの療法は、様々な病気の症状の緩和に役立つのではないかと、現在、症例を集めているところです。
このたび、プラズマ療法をいち早く取り入れられ、多くの
症例を診てこられた防衛医科大学の黒川医師と、プラズマ
パルサー開発者の田丸医学博士を招き、症例報告とプラズマ療法とは何か、また、開発にいたるまでの経緯をご講演いただきます。

ソニー生命保険の皆様のご協力を得ることもでき、ハービスENTオフィスタワー17Fという好立地で開催することができました。

「プラズマ療法の未来(きぼう)」

2016年3月3日(木)18時受付 18時30分開始

(↑タイトルをクリックするとイベントページに飛びます)

ハービスENTオフィスタワー17F ソニー生命保険会
議室 入場は無料です。
ご参加希望の方は2月29日(月)までにお申込みください。
090-5660-7288(担当:奥田) ryoko8753@hotmail.com


*****************

お近くの方は、ぜひ


日本プラズマ療法研究会





****************
協力サロン
プラズマサロン目黒Tenki 
東京都目黒区洗足2-17-6
090-8514-3893(代表・小又)

温熱サロンSAKURA
東京都中央区築地4-4-15-306号
03-6246-3458

****************
日本プラズマ療法研究会