出張NY個展健忘録・31|出展目録12「宇部炭鉱、南蛮唄」わらべ唄111回

炭鉱の南蛮車を描いた回。
南蛮車は、炭鉱から地上へ人や物をつり上げる時に使った、大型の巻き取り機。
全国各地に炭鉱はあったけど、
山口県宇部市にもあって、無論、南蛮車もある。

南蛮唄は、それを回しながら、歌われる
素朴な労働唄。


 南蛮押せ押せはなとりゃ かぐれナーヨ
 はなははたばののヤーレ もようじゃない

わらべ唄_111

新聞の挿し絵ででてくる、労働唄には、
田植えの唄とか、酒蔵で仕込む時に歌うものとか
紙漉きの唄、田植えの唄、
家を建てるために、地ならしをするときに
歌う唄などがもありましたね。

絵を書くために調べ事をしながら、
唄を育てるのは生活だなぁ、とも感じました。