イイ女の見分け方は盆踊りにあり
 その昔、祭りの日というのは、出会いの場で、そこで良い関係になったカップルはその場からスイっといなくなっちゃう。…なんて。盆踊りはご先祖さま供養のためだけど、そんなこともあっただろうな、と思いますね。

 いやね、というのも分かるんです。

 踊ると、イイ女かそうでないかは、はっきりしていて。
 20代後半のころ、私はよく番組取材で地域の盆踊りに行く機会が結構あって、カメラ振りながら「この人いいな」と惹かれるのは、決まってそんな女(ひと)だったから。(当方、属性ストレートなんですが、絵描きなんで、人間の色気には敏感)
 人の色気って大事だな、と彼女たちに教えてもらいました(笑)

わらべ唄_06

ふるさとのわらべ唄 戎谷和修<6>盆踊り
 老若男女が集まり、楽しそうに踊る。昔、母は太鼓が聞こえてくると頭の中が踊り一色になり、隣村までも踊りに行ったという。そのころは、誰もが知っている口説(物語)に合わせて朝まで踊っていた。周防大島町情島では「東が明るくなっても、愛媛県の怒和から太鼓が聞こえてくる。情は夜中で終わるので、若い衆が船で呑(の)みに行った」ということだ。いい唄が多く残っている。
 同町屋代の神領踊り『お染久松』は唄に合わせて足を前にすりあげ、ける、回るといった瀬戸内海一帯に見られる足踊りである。口説は「さわさりながら さりながら ショイ うやまい申し奉る エンヤーサイ」で始まる。甲高い声に「ショイ」や「エンヤーサイ」のかけ声と太鼓が相まって『越中おわら節』のような趣を持つ。古くから残る素敵(すてき)な踊りだ。
 唄や踊りは幼いころから親に連れられて、一緒に踊っているうちに自然に身に付くものである。大人になってからの習得は容易ではない。その意味で、各地に保存会がつくられ、小、中学生にも教えることは郷土の感性の伝承になるであろう。
 ちなみに周防大島町の「共和会」は屋代小、田布施町の「嵯峨音頭保存会」は麻里府小、周南市鹿野町の「サンサ踊り保存会」は鹿野小、中の子どもに教えていると聞く。(元周防大島町立三蒲小校長)

【譜面】
006_盆踊り

【歌詞】

さわさりながら
さりながら
ショイ
うやまい申し奉る
エンヤーサイ
これぞ今年の初心中
ヨイヨイヨーイ
ヨイヤサ
所は都のひがしもり
聞いて鬼門の門屋敷
河原町ぞや油屋の
一人娘のお染こそ
心は花の色さかり
年は二八の
ほそまよい
うちの子飼いの久松が
忍び忍んだねあぶらを
親たちゃ夢にも
しらしぼり
(周防大島町屋代)

このたびの歌詞の採取地は下記です。
006_地図

日本地図_山口県