aa18bc41.jpg
95c413ec.jpg
以前ハンドジャムについて書いたので、今回、フィンガージャムと虫様筋について考えてみたい(理屈は大体一緒である)。

フィンガージャムで大事なのは、虫様筋を使わずに 指の第一関節と第二関節を曲げる筋肉を使って効かせてやることだと思われる。写真は虫様筋を使ったフィンガージャム(上)と使わずに第一第二関節筋を使ったジャム(下)である。
上のほうは手のひら関節が曲がり、第一第二関節は伸びている。手首はやや背屈。これまで書いてきたように、この状態では第一関節から先には力がこめられず、反対の手で、指先に力を加えてやるとグニャリと動いてしまう。かつ手首がかなりロックされ可動域が減ってしまっている。この形でジャムすると動くと簡単にズレてしまう。

下のほうは、手のひらの関節は伸びて第一関節と第二関節は少しずつ曲がっている。手首は内屈。この形ならば指先に力がはいるのでグラつきはない、また手首も柔らかいので、引き付けたときもジャムは安定する。

講習をしていると、手のひらに筋肉のたくさん筋肉のついた人ほど、はじめ覚えるのに時間がかかってしまうことが多いようである、虫様筋の力がなかなか抜けないからだ。はじめはちゃんとジャムしていても抜けそうだと感じると反射的に手のひらに力が入って..本当にヌケる、というケースも多いようだ。

クラックを一定期間やってる人の中には熟練の技で虫様筋を使ってものぼりきってしまう人も多い、と思われるが、やはり安定性は使わないほうが高い(つづく)