ダーウィン進化論ウィルス進化論利己的な遺伝子利他的な遺伝子・・、生物の進化に関わる科学、そして真実は、未だよく分かっていないというのが一つの結論でしょう。


今回は、進化論を考える上で、非常に面白い本を読み、私のこれまでの進化論に対する考え方が少し確信に変わりましたのでお知らせしたいと思います。


<参考文献> 中屋敷 均 著: ウイルスは生きている


ダーウィン進化論の大きな流れは、以下の通りかと思います。


(1) 突然変異(偶発的バグ、無方向) → (2) 自然淘汰環境適合、弱肉強食


まず、突然変異を起因するものについては、放射線、宇宙線が考えられてきたかと思います。そして地球の生物の歴史は、放射線との戦いであったとも言えます。


一方で、放射線、宇宙線によって遺伝子が壊れるもしくは修復時にバグが発生することが、生物の進化につながる確率は極めて低いという予測が立つのだと思います。


たいていのバグは、進化には向かず、致死遺伝子癌化するケースが多いはずです。


この点では、遺伝子の変異の原因としては、ウィルスによる遺伝子の変異の方が、遺伝子修復時のバグよりも、進化に向けた変化になる可能性が高いように感じます。


一方で、どちらの理論にしても、無方向」な変化であるという点は変わりません。


ここで利己的な遺伝子という考え方を紹介したいと思います。


<参考文献> 利己的な遺伝子 <増補新装版>


簡単にいうと、利己的な遺伝子というのは生物はすべて遺伝子の乗り物に過ぎないという考え方です


生物の全ての欲求、全ての行動は、遺伝子によって決められているという、ある種の運命確定論のようにも捉える事ができます。


今回紹介したウイルスは生きているでは、そもそもウィルスは生物の定義に当てはまるのか、という根本的な事が考え抜かれております。


なお、ファーブル昆虫記において、ファーブルは、昆虫の進化の様を観察、熟考し、昆虫の進化には『神の意志』を感じる」と述べておりました。



<参考文献> 完訳ファーブル昆虫記


つまりファーブルは、進化とは無方向な変化と自然淘汰ではなく、ある一定の方向に「誰か」が方向付けた結果としか考えられないと、ダーウィン進化論に対して、真っ向から疑問を呈しておりました。


もしもこの誰かが、という思想上の存在ではなくウィルスであったなら、ウィルスこそが生物の進化の方向を決めていたなら、と考える事はできないでしょうか。


「風邪を感染すと、馬鹿が感染る」という言葉がある通り、ウィルスは生物の体内に入り込み、その生物の遺伝子情報と、自身の遺伝子情報を交叉させ、物凄いスピード変異を繰り返しながら増殖します。


昨今、エボラ出血熱が、アフリカ大陸で猛威を奮いましたが、もしもウィルスが、寄生した先である宿主を全て殺してしまえば、ウィルス自身も死滅してしまう事になります。


つまり殺人ウィルスなど宿主自体を殺してしまうウィルスの存在は、自身の否定であり、存在自体が本末転倒だと言えます。


よって、どの様な殺人ウィルスであっても、ウィルスが宿主として認めれば、毒性が弱まる筈だと考えることもできます。


なお、鳥インフルエンザウイルスパンデミック(世界的大流行)が起きると、未だに多くの人が信じ込まされてしまっておりますが、在庫処分に困っていた製薬会社癒着したWHOの職員が広めた愚劣なデマであると私は結論付けております。


<朝日新聞 2010/1/13> WHO、製薬会社と癒着?新型インフルで欧州会議が調査


<引用>


【ローマ=南島信也】世界保健機関(WHO)と新型インフルエンザのワクチンを製造する製薬会社との癒着が、世界的大流行(パンデミック)を宣言したWHOの判断に影響を与えたとの疑惑が浮上し、欧州47カ国が加盟する欧州会議(本部・仏ストラスブール)は12日、調査を開始すると発表した。


 同会議保健衛生委員会の委員長で、感染症を専門とするドイツ人医師ボーダルク氏が「虚偽のパンデミック」との動議を提起したことが発端。仏リュマニテ紙のインタビューに「こんな厳戒態勢をとる正当な理由がない。WHO内のあるグループは製薬会社と癒着している」と、不透明な関係の存在を指摘した


 25日から始まる同会議総会で認められれば、主要議題の一つとして審議される。26日には、WHOの代表や製薬会社、専門家から非公開で事情を聴くことも決まっている。


 欧州各国では、接種率の低さからワクチンが大量に余り、売却や製薬会社との売買契約解除の動きが加速している。WHOが当初、「2回のワクチン接種が必要」とし、各国が実際に必要な量の2倍のワクチンを調達したことも背景にあり、WHOに対する批判が強まっている


 WHOのチャイブ報道官は12日の記者会見で「批判や議論を歓迎する。WHOの対応を検証するのはやぶさかではない」と語り、外部の専門家らを交えて経緯を調査する考えを明らかにした。


第一次世界大戦時のスペイン風邪を引き起こしたインフルエンザ・ウィルスは、実はそれ程の毒性を持っていたわけではなく、あたかもパンデミックのように多数の死者が出た本当の原因は、兵士の極度の栄養不足防寒対策の不備医療体制の不備であり、少なくとも現代の日本で同じことが起きることは考え難いです。

※ 新型インフルエンザ・ウィルスでパンデミックが起きると信じ切ってしまっている人はごめんなさい。

逆に、もしもウィルスが宿主を自然環境の変化に勝てるように宿主を強くする存在、即ち、方向性も持った変化を助長する役割を担っていると考えてみるとどうでしょうか。

ウィルスから見れば宿主が強く、末長く繁栄することが望ましい筈です。 


まさにウィルスが、ファーブルの主張した「」であるとも考えられますし、利己的な遺伝子とは、ウィルス自身であるとも考えられます。


全ての生物がウィルスの乗り物に過ぎず、ウィルスの都合進化し続けていると考えるのも面白いかもしれません。


ダーウィン進化論が示した無方向な突然変異からの自然淘汰の可能性もあると思いますが、むしろ、ウィルスがもたらす方向性を持った宿主の変異からの自然淘汰の方が、私には進化のプロセスとして効率が良いように感じます。


以前の記事でもしめしましたが、私は卒業研究のテーマで、遺伝的アルゴリズムを研究し、最適解を求めるために進化させるにはかなりの高い確率で突然変異が必要であったことから、無方向の変異であるダーウィン進化論には疑問を持っておりました。


<過去の記事> 卵が先か鶏が先か(Chicken or Egg ?) ― エピジェネティクスで変わる進化論


ですので、ウィルスこそが時代ごとにであったり悪魔であったのかもしれませんし、もしかしたら、地球の真の支配者ウィルスなのかもしれません。

 

 ← Tweet頂いた方には全てフォローしています。

武田邦彦 教授がお勧めする「放射線測定器」!武田邦彦 教授の解説付き!(20万円の測定器と同レベルの高精度の測定器が何と約7千円!)

数日は持ちこたえられる『非常食セット』はこちらから

一家に最低一つ、『防災セット』はこちらから

部屋に閉じ込められた時に役立つ「バール」はこちらから

浄水器の粉末活性炭が、放射性ヨウ素を吸着除去



hardthink at 00:48コメント(0)トラックバック(0)個人研究人類の起源 
今回は、小保方晴子さんの手記あの日の主にメディアの問題の本質について書きたいと思います。


<前回までの記事>


本手記あの日を読むと、大手メディアの持ち上げて落とす凄まじさ、恐怖を改めて強く感じます。

まず、毎日新聞の須田桃子記者について書きたいと思います。

この須田桃子記者は、捏造の科学者 STAP細胞事件という、小保方晴子さんに対して極めて悪意に満ちた本を執筆し、誠に残念なことに第46回大宅壮一ノンフィクション賞などというものまで受賞してしまっております。


以下に、本手記あの日で描かれている、その須田桃子記者に対する文章の一部を抜粋致します。

<「あの日」からの抜粋>

・183ページ
須田記者の取材攻勢は「殺意」を感じさせるものがある。
笹井先生から須田記者の対応に追われてノイローゼもひどく、仕事が出来なくなった」と連絡があった。
丹羽先生も、同様のメールや電話攻勢を続け、困り果てていた。
・184ページ
須田記者は、「取材」という名目を掲げれば、どんな手段も許される、社会的な善悪の判断を全て下す役目を担うと、思い込んでいる記者。

須田桃子記者は、ある種の正義感を持ち、取材に臨んでいたのかもしれません。しかしながら、前々回から述べている通り、私には弱いものいじめの主導者集団リンチ事件の実行犯の一人として感じております。

一人の個人を攻撃し、ここまで精神的に追い詰める道理などある筈もありません。

しかしながら、私は須田桃子記者だけを批判し、攻撃するつもりは毛頭ございません

なぜならば、小保方晴子さんが殺意」まで感じた取材攻勢は、須田桃子記者だけが行ったものではなく、その上司が承認し、毎日新聞という会社自体が行ったものであると考えているからです。

すでにインターネット上では、本手記あの日をきっかけに、須田桃子記者個人に対する誹謗中傷が増えてきております。

大手メディア側の人間である須田桃子記者は、恐らくメディアから叩かれることは無いので、小保方晴子さんの様に須田桃子記者が同じように精神的に追い込まれるとは思いませんが、私は一般の人が集団リンチ矛先を変えるのでは無い事を望んでおります。

その毎日新聞がどのような態度を今後示すのか、その動向を追いたいと考えておりますが、残念ながら、毎日新聞系列のTBSで、今も悪意弱いものいじめの気質)のある報道がされ続けております。


<抜粋>
 小保方氏は、先月出版された手記で、こうした動きについて次のように記していました。

 「私がES細胞を混入させたというストーリーに収束するように仕組まれているように感じた」
 「実際に、これら一連の発表は、私の上司にあたる人たちによって、周到に準備され、張り巡らされた伏線によって仕掛けられた罠だったとも受け取れた」

 さらに、STAP細胞が存在する可能性を改めて示唆し、最後にこうつづっていました。

 「不思議と今でも実験をしている夢を見る。でも、その夢から覚めた時、思い描いていた研究はもうできないんだなと思うと、胸が詰まり、涙が勝手にこみ上げてくる」
 
 こうした思いを発表した直後に兵庫県警から参考人として受けた任意の聴取。小保方氏は、一体、どのような説明をしたのでしょうか

本来は、事情聴取を受けただけではニュースになりえません。

このニュースの最後の部分(下線)、事情聴取を受けただけであるのに、あたかも小保方晴子さんを、ほぼ犯人と決めつけ、本手記の言葉尻を捉えて本手記まで否定し、さらに傷付けようとしているようにしか見受けられません。
 

前回の私の記事でも示した通り、小保方晴子さんはあくまでもOct4陽性細胞までを作る工程までしか携わっておらず、その先の工程、すなわち増殖性のあるSTAP細胞を作製する工程は、若山照彦のみが持っていたものでした。

良く引用される記者会見における小保方晴子さんのSTAP細胞はありますという言葉の意図には、Oct4陽性細胞までは絶対にあるということ、そして若山照彦氏をかばう優しさが含まれていたと考えることができます。

その若山照彦氏は、一般的には沈黙を続けながらも、毎日新聞の須田桃子記者を含む大手メディアに対して匿名という形で情報をリークし、巧みに小保方晴子さんに全ての矛先が向かうように仕向けていたと見受けられます。

小保方晴子さんが研究者の道を閉ざされたにも関わらず、今ものうのうと若山照彦氏が研究を続けられている理由は何でしょうか。なぜ大手メディアの矛先若山照彦氏に向かなかったのでしょうか。

私が分析した理由を簡単にまとめると以下の3つに集約されるように考えられます。
(1) 大手メディアは権威に弱い
(2) 大手メディアは情報ソースに弱い
(3) 大手メディアは間違いを認めない

本来は権力側の悪事を暴くことで社会を良くしていくのがメディアのミッションであると私は定義しております。

しかしながらその実態は、東京新聞の長谷川幸洋ポチ記者」と定義している通り、権力側の犬、所詮、権力側の番犬に成り下がっていると断言できます。


若山照彦氏は、このメディアの特性を熟知していたのでしょう。そして、毎日新聞の須田桃子記者は見事に踊らされていたに過ぎないとも見て取れます。

(1)の権威側に回り、(2)の情報のリーク側に回りさえすれば、若山照彦には矛先は向きません。

そして、メディアは(3)間違いを認めることはできないのですから、一旦、矛先を交わし、世論の形成がある程度でき上がってしまいさえすれば、上手く逃げ切ることができるという寸法です。

恐らく取材の過程の中で、毎日新聞の須田桃子記者、毎日新聞のデスクも、軌道修正をする機会は多数あった筈ですが、その軌道修正は間違えを認めることになり、世論から攻撃を受けることにもなりかねないわけですから、その選択肢を選べなかったのだと思います。

結果として、先の3つの特徴によって「大手メディアは弱いものいじめしかできない」と導き出されます。


私は、今回のSTAP事件メディアによる野蛮な集団リンチ事件で本当に学ぶべきことは、大手メディアの問題の本質を理解し、大手メディアを真に日本社会に役立つ情報ソースに近づけることであると考えております。

繰り返し述べますが、毎日新聞の須田桃子記者に攻撃の矛先が変わることを私は全く望んでおりません

あくまでも一般の人が大手メディアの現状の問題の本質を理解し、考えた上で行動をして頂くことです。

最後に、メディアによる野蛮な集団リンチ事件を受けながらも、本手記あの日を、心身ともに傷つきながら、勇気を振り絞って書き上げた小保方晴子さんに、心から感謝・御礼を申し上げて今回の記事を締めたいと考えております。


 ← Tweet頂いた方には全てフォローしています。

武田邦彦 教授がお勧めする「放射線測定器」!武田邦彦 教授の解説付き!(20万円の測定器と同レベルの高精度の測定器が何と約7千円!)

数日は持ちこたえられる『非常食セット』はこちらから

一家に最低一つ、『防災セット』はこちらから

部屋に閉じ込められた時に役立つ「バール」はこちらから

浄水器の粉末活性炭が、放射性ヨウ素を吸着除去



hardthink at 17:18コメント(0)トラックバック(0)医学イデオロギー(社会科学) 
今回は、小保方晴子さんの手記あの日についての書評の1回目として若山照彦への疑義を書きたいと思います。


前回、私はSTAP事件メディアによる野蛮な集団リンチ事件」と定義しておりました。


本手記あの日は、まさにその集団リンチ事件」の被害者側の視点で書かれた鬼気迫るドキュメントです。

弱いものいじめしかできないメディアの本質が良く分かりますし、事実が既得権益側の都合により、如何にして歪められて伝えられ、最終的に小保方晴子さんの科学者としての道を閉ざされた経緯が詳しく書かれています。

本手記あの日を読んだ私の感想は、まず小保方晴子さんが、様々な人(特に若山照彦氏)に裏切られながらもあらゆる人達に感謝を述べ、人としての優しさ、純粋さを持ち続けていることに驚きましたし、本当に真面目で純朴な人なのだと感じました。

小保方晴子さんは当時31歳、博士課程を出てからですので、社会人としては入社2,3年目。24〜25歳の会社員として考えれば、社会人としての未熟さ、弱さはあって当然であり、むしろ社会が育てて行かなくてはならない年齢とも言えるでしょう。

以前、いやなやつほど成功する!マキャベリに学ぶ出世術という本を紹介しました。


成果こそにターゲット起き、良い人であることを止めない限り成功できないという趣旨の一種の帝王学です。

会社には老害というものが存在し得るものですが、既得権に塗れた学術界理化学研究所には、想像するに、本当に魔物に近い妖怪のような方々がたくさんいらっしゃるのでしょう。

先に紹介した帝王学のようなものが通用する業界かどうか分かりませんが、理化学研究所、学術界というところは、無垢な研究員が純粋に研究に集中できる場所ではないのかもしれません。

私が思うに、本手記で非常に疑義を示唆されながらも、沈黙を続けている若山照彦に対し、学術界で生き残るための処世術なのかもしれませんが、自己を守るために手段を選ばない様は、人としてどうなのかと疑問を持ちます。

<「あの日」からの抜粋>
・91ページ
若山先生からキメラマウスが出来たと連絡あり。「培養を見せて下さい。手伝わせて下さい」と小保方先生が言えば、「一人でやる」とそれを謝絶。
・92ページ
「STAP細胞の作製の成功・存在の証明」は、常に若山先生がいないとなし得ない。
・100ページ
同じ実験室にいても、若山先生は幹細胞株化された細胞の実験はどんどん進めてしまった。
・102ページ
研究に対する主体性は若山先生に移り、私との思いとはどんどんかけ離れた。
・120ページ
若山先生が中心に進めていた、理化学研究所とハーバード大との特許配分調整は上手くいかなくなった。
・124ページ
若山先生が山梨大に移り、論文執筆の主導権は若山先生から笹井先生の手に移っていった。
・125ページ
若山先生は笹井先生に論文化の主導権を渡し、若山先生の論文への責任を途中で放棄したよう。

小保方晴子さんの手記だけで判断することはできませんが、ES細胞混入疑惑について、若山照彦氏の影がちらつきます。

そもそも小保方晴子さんが実験で作製した細胞は、Oct4陽性細胞というもので、酸で低刺激を与えた細胞を培養する工程まででした。

このOct4陽性細胞には増殖性は無く、次の工程、即ち若山照彦氏の工程によって、増殖性のある万能細胞STAP細胞となるということでした。

もしもES細胞の混入があったとするのならば、それは若山照彦の手によって行われた可能性も十分ありえます。

理化学研究所による厳格な監視の中、小保方晴子さんが再実験を行ったのは、あくまでもOct4陽性細胞までで、そこまでは無事に作製できておりました。

103ページには、STAP細胞の出願特許に関して「若山先生は、若山先生自身に51%、私(小保方さん)に39%、バカンティ先生と小島先生に5%ずつの特許配分を理研の特許部門に提案した」と書かれており、その後、その交渉は難航していると書かれておりました。

あくまでも私の憶測ではありますが、若山照彦は、iPS細胞のようにノーベル賞という名誉と、多額の特許収入を得ようと立ち回り、それが叶わない夢であると見切りをつけたからこそ、スケーブ・ゴートとして小保方晴子さんを陥れたのかもしれません。

本手記をきっかけに、 若山照彦自身が真相を語る事があれば、真実が分かるかもしれませんが、恐らく、このままいけば、彼は墓場まで持っていくことでしょう。


長文になりましたので、主にメディアに関する部分についてを、次回、書きたいと考えております。


 ← Tweet頂いた方には全てフォローしています。

武田邦彦 教授がお勧めする「放射線測定器」!武田邦彦 教授の解説付き!(20万円の測定器と同レベルの高精度の測定器が何と約7千円!)

数日は持ちこたえられる『非常食セット』はこちらから

一家に最低一つ、『防災セット』はこちらから

部屋に閉じ込められた時に役立つ「バール」はこちらから

浄水器の粉末活性炭が、放射性ヨウ素を吸着除去



hardthink at 22:49コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
広告
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: