日本復興の為に、全ての膿を吐き出せ6 — 日本国民が「直ちに」できる事は何か?

今回は、日本国民が、国民目線で出来る事を纏めてみました。初めての方は是非、過去のブログを一読頂ければ幸いです。

(参考)過去のブログ

まず、国民が持っている権利、許されている権利をしっかりと把握する事が大事だと思います。「出来る事をやろう」のかけ声に対して、いつもの生活に戻るだけではなく震災前より良い社会にする為にもしっかりと行動をしたいと考えております。

①学問の自由
一方的に流されるメディアからの情報を疑い、しっかりと勉強し、自分自身で解釈する事が大事だと思います。原発推進においては教育/報道により、強固に刷り込まれて来た安全神話が如何にウソであったかを認める事が大事です。今まで知らなかった、関心が無かった事について反省する必要は一切ございません。むしろ知りながら何もしない事こそがプライドが無い行為だと思います。

②選挙権
原発行政、政財官学報の癒着構造の中で、国民側が直接手を下せるのは唯一選挙権であると言えるかもしれません。民主党が駄目であれば、自民党にという単純な発想では変わらないかと思います。自民党がこの原子力政策の推進に一番力を入れてきましたし、一番利益を得ています。議員一人一人の意識や態度までしっかりと判別して投票すべきだと考えます。政府、政党への窓口をお知らせしておきます。
(各政党の窓口)
  民主党 
  社民党 
  自民党 
  国民新党 
  公明党 

③大手メディアへの監視
日本人はまとまりがあることが良い点だと思います。しかしながら裏を返せば「自立心が足りない」、「権威に弱い」民族であると言う事もできるかと思います。大手メディアの洗脳、プロパガンダに負けない為にも国民側はしっかりと大手メディアを監視する事が大事だと思います。

フリーランスの方々のたゆまぬ努力を支える為にも、是非、容赦なく批判した方が良いかと思います。

(テレビ局の窓口)

(大手新聞社の窓口)

④その他のメディアへの期待
今回の厳しい情報規制/情報統制から逃れているメディア、東京電力の広告や接待漬けに反省したメディアに期待したいと考えております。私は、取材して欲しい内容を打診したりしております。
(中堅メディアの窓口)

※ 週刊文春は、以下の文言を載せておりました。期待しても良いかと思います。
 <自戒を込めて言おう。当たり前のような接待によって、
 原子力行政を監視するメディアの目に緩みはなかったか>

⑤官僚への厳しい指摘
政治家は選ぶ事ができても官僚を選ぶ事は絶対にできません。もちろん官僚も人ですから人権があると思いますので、しっかりと尊重した上で、しっかりと指摘して上げましょう。

(日本政府の窓口)

(参考、天下りの実態とその害悪)

⑥表現の自由
ブログ、ミクシー、Twitterで正しい情報を流布し、正しい行動をして行く事が大事であると考えております。国民一人一人が、正しい知識、正しい思考を持って冷静に情報発信や行動をすべきだと思います。

⑦デモへの参加
デモへの参加もしっかりと問題の本質を理解して参加すれば非常に良いと思います。参加出来る方は、是非ともご参加下さい。

しかしながらご注意頂きたいのは、本質を分からずにただ騒ぐだけでは海外から見れば発展途上国として見られてします。ただでさえ、隣国に十分に知らせずに汚染水を排出した事で、世界からは日本全体が加害者として見られる事となりました。正しい指摘先に対して、正しく指摘する事が大事だと考えております。

是非、デモの主催者の方には、電力会社という運用会社だけで無く癒着構造の中核にいる経産省/文科省という省庁をデモの向け先の中心としそして政治団体業界団体東京大学長崎大学にも向けて頂きたいと考えております。

(再掲、原発問題における政財官学報の癒着構造)
relation

原発問題はあくまでも官僚主義社会、政財官学報の癒着構造が生み出した一つの事象に過ぎません。今回の震災によってたまたま表面に出て来たに過ぎないのです。日本社会は年間の自殺者が3万4千人です。今回の被災者よりも圧倒的に多い事実、日本という国は悪い社会システムである事実も直視すべきです。世界幸せランキングでは90位なのです。この震災をきっかけとして変わらなければなりません。被災者の為にも、これからの未来の子供達の為にも。

そして、東日本大震災後、繰り返し「日本を一つに」という言葉を無理矢理、流行らされておりますが、こちらもしっかりと疑問を持ちたいと思います。思考停止したまま一つになっては絶対にいけません。刷り込まれた間違った知識を疑い、思考できる集団となって初めて日本の国益が確保できると考えております。


もっとこうした方が良いというようなご意見がございましたら、是非、コメントを頂ければ幸いです。


 ← Tweet頂いた方には全てフォローしています。

武田邦彦 教授がお勧めする「放射線測定器」!武田邦彦 教授の解説付き!(20万円の測定器と同レベルの高精度の測定器が何と約7千円!)

数日は持ちこたえられる『非常食セット』はこちらから

一家に最低一つ、『防災セット』はこちらから

部屋に閉じ込められた時に役立つ「バール」はこちらから

家族の安全・安心を守りたい。放射能測定器専門店 GEIGER-JP

原発事故直後から話題になりました
最近よく見るレスベラトロール

浄水器の粉末活性炭が、放射性ヨウ素を吸着除去







hardthink at 22:59コメント(3)トラックバック(0)愛国心 | 震災/原発 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by Bochibochi   2011年04月27日 18:31
ツイッターからきました。
さすがよくまとまってますね!私もできることを考えて行動しています。
よければブログに遊びにきてください。

今回の件は、国民全員が当事者です。

お互いできることをやっていきましょう!
2. Posted by 菅井一志   2011年04月27日 22:55
4 様々な報道機関へすぐに意見が出せる所は非常に優れもので本当に感謝しています。
ただ唯一残念な所は、デモへの記述です。「デモへの参加もしっかりと問題の本質を理解して参加すれば非常に良いと思います。しかしながら本質を分からずに騒ぐだけでは海外から見れば発展途上国として見られます。」
とあり、デモを否定するようにも思われました。洗脳されないためにも、今の日本では自分の足で踏み出し、行動することが大切で、たとえそれが付和雷同の行為でも、何もしないで、テレビの前で文句を言っている日本人よりはましなのではないかと思います。
3. Posted by そふたん   2011年04月28日 00:57
5 ご意見、誠にありがとうございます。頂いたご意見を参考にして文面を再考させて頂きます。

> 様々な報道機関へすぐに意見が出せる所は非常に優れもので本当に感謝しています。
> ただ唯一残念な所は、デモへの記述です。「デモへの参加もしっかりと問題の本質を理解して参加すれば非常に良いと思います。しかしながら本質を分からずに騒ぐだけでは海外から見れば発展途上国として見られます。」
> とあり、デモを否定するようにも思われました。洗脳されないためにも、今の日本では自分の足で踏み出し、行動することが大切で、たとえそれが付和雷同の行為でも、何もしないで、テレビの前で文句を言っている日本人よりはましなのではないかと思います。

問題の本質は、表面に出た原発問題ではなく、社会システム自体であることだと考えております。そして中核にいるのは、官僚、そして官僚主義です。

そういった意味では、反原発運動を行う相手は、運用を任された東京電力や、他の電力会社よりも、中核にいる、経産省、文科省、東京大学になります。若干、電力会社に向けて偏り過ぎていると考えております。

考える集団でなければ、感情に訴えるだけでは根本的な社会構造は変わりません。

震災前に戻ることが目的では無く、さらに進歩した社会になるべきだと捉えております。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
広告
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: