人類の起源を考える⑤「ピラミッド 5000年の嘘」を古代史を見直すきっかけに!

今回は約1年振りに、人類の起源を考える」シリーズを書いてみたいと思います。

<過去の人類の起源を考える」シリーズ>

今回、久しぶりにこのシリーズを書こうと考えたきっかけは、昨年に放映された映画「ピラミッド 5000年の嘘を観たためでした。


概要は、以下の動画でも視聴することができます。



本映画の中で私が最も衝撃を受けた内容は、ギザのピラミッドナスカの地上絵イースター島マチュピチュシュメールアンコール・ワットモヘンジョダロ、等々、数多くの古代遺跡が一直線上に並んでいるという事実でした。

実際にGoogle Earthパスを描いてみると、これらの古代遺跡は本当にほぼ一直線に存在し、地球を一周しています。

<Google Earthで古代遺跡を繋ぐ>
① ギザのピラミッド 〜 アンコール・ワット
20130422-1

② ナスカの地上絵 〜 ギザのピラミッド
20130422-2

③ イースター島 〜 ギザのピラミッド
20130422-3

※ どなたでも簡単に試すことができます

この古代遺跡が一直線に地球を一周しているという点で思い出したのが、このシリーズの第一弾で紹介した、考古学者クラウス・ドナが講演で説明していたエクアドルで1984年に発見された古代の世界地図を示すと言われている石です。


<エクアドルで発見された古代の世界地図
20130422-4
20130422-5

白く見える水晶によって描かれているそうですが、この古代の世界地図も、エジプトイラクインドイースター島など、同じ様に数々の古代文明の遺跡間を線で繋いでいるように見受けられます。

なお、瞳の絵柄が埋め込まれた所が2カ所あり、一カ所は中近東シュメール文明のあった辺り?)と、もう一カ所はこの古代の世界地図が発見されたエクアドルの位置だそうです。

この古代の世界地図には、空想とされているアトランティス大陸と思われる現代には存在しない大陸も描かれていると言われております。

また、直線と言えば、ナスカの地上絵では不思議な巨大な絵が有名ですが、私がもっと疑問として持っていたのが、無数の直線で描かれた地上絵です。

<大三角形>
20130422-6

<十字型>
20130422-7

これらの直線の意図は一切とされているようですが、もしかしたら古代遺跡を繋ぐ直線も見つかるのかもしれませんし、もっと深い意味が含まれているのかもしれません。


せっかくですのでもう一つ、いかがわしい内容を紹介しておきたいと思います。

古代の世界地図、そして、Google Earthでも直線で繋がっていたインドの古代遺跡モヘンジョダロについてです。


古代インド2大叙事詩「マハーバーラタラーマーヤナの中には、核戦争を思わせるような記述(強烈な光と熱を放つ大量破壊兵器(アグネアの矢)があります。

<「核兵器で出来るガラス体」と「核兵器」で死んだと思われる集団の遺骨>
20130422-8

上記の写真は、インドで発見された核兵器の使用時の数千度の熱で作られるガラス体と、モヘンジョダロで発見された奇妙な人骨群です。

一般的には完全に否定されておりますが、古代核戦争の証拠ともされております。

インドには自然放射線年間5mSvを超える高線量地域があるそうですが、もしかしたら古代核戦争説と何か関係があるのかもしれません。


映画ピラミッド 5000年の嘘の内容は、世界的に行われている古代史の欺瞞古代技術の不思議体系的に学べると共に、様々な示唆に富んだ非常に興味深い内容で、ここまで読み進められた方にはお勧めできます。(映画が導き出した結論については何とも言えません。)


空想妄想なども含まれているとは思いますが、私がGoogle Earthで確認できた通り、数々の有名な古代遺跡が一直線に結ばれている事は少なくとも事実です。

古代文明は、学校教育で習ってきたような地域毎の個別の文明では無く、世界全体地球全体で交流があったのかもしれません。

一般常識や、学校教育による知識の壁に捕われてしまっていると、こういった古代史のロマンを楽しむことができないのかもしれません。


 ← Tweet頂いた方には全てフォローしています。

武田邦彦 教授がお勧めする「放射線測定器」!武田邦彦 教授の解説付き!(20万円の測定器と同レベルの高精度の測定器が何と約7千円!)

数日は持ちこたえられる『非常食セット』はこちらから

一家に最低一つ、『防災セット』はこちらから

部屋に閉じ込められた時に役立つ「バール」はこちらから

家族の安全・安心を守りたい。放射能測定器専門店 GEIGER-JP

原発事故直後から話題になりました
最近よく見るレスベラトロール

浄水器の粉末活性炭が、放射性ヨウ素を吸着除去



hardthink at 18:00コメント(2)トラックバック(0)個人研究 | 人類の起源 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 不信者   2013年04月22日 20:51
 ピラミッドに関しては謎が多すぎるくらいありますね。少なくとも王墓でないのは確かだし、ギザの三大ピラミッドは他の物真似ピラミッドと違いもっと古いもののようです。私はアトランティス等の古代文明は当然あったと思っているので、当時作られたものと思ってます。常識派は絶対否定するでしょうけれど。
 古代文明の証拠はオーパーツなどがありますが、当時の遺跡などは氷河期後の海進(百m位上昇と言われてる)でほとんど海底に没しているため、現在の地上を探しても決定的なものは出てこないと推測しています。古代の知識を隠したがってる人達もいるようなので都合がいいようですが。古代の知識を集めたアレクサンドリアの図書館が残っていれば何か残っていたかもしれないのに、破壊されてますしね。
 いずれにしても、歴史については古代史に限らず騙しや虚偽が多いのは確か。ここ百年さえ当てにならない。
2. Posted by 小山啓天   2014年05月14日 01:29
 無料電子書籍のご紹介。
遥かなる流れ・壮大な仮説
 第1章 生命の起源
 第2章 絶滅と再生
 第3章 人類の旅路
 第4章 文明の盛衰
 第5章 輪廻する宇宙 
パソコンや ipad への呼び込み。
インターネットに
ipadzine小山啓天(検索)      
   ご笑読ください。 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
広告
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: