まごころせいじつ堂

浜町庄金 研究開発 最近はArduinoとセンサ類ばっかだなあ。マイコン楽しいよマイコン

TRS-80 model1 Z80の影響について

 Z80のリセットをアサートしたままにすると画面にノイズは出なくなる。ではどの部分が影響しているのか。結論から言うと*MREQ,*WR,*RD,*IORQをピン上げしても現象が変わらなかった。アドレス線かデータ線がパタパタ動いているのが影響しているような感じ。

 さて、その結論に至るまでの調査。
 VID*という信号はVRAMのアドレスをタイミングジェネレータかZ80のアドレスかの切り替えに使われる。

VID*="H"の時:
{V0〜V5,VWR*,VRD*,A6〜A9}は{C1,C2,C4,C8,C16,C32,'1','1',R1,R2,R4,R8}
VID*="L"の時:
{V0〜V5,VWR*,VRD*,A6〜A9}はZ80の{A0〜A5,WR*,RD*,A6〜A9}
この切り替えはZ64,Z49,Z31(LS157×3)で行われる。

VID*は遡るとRAS*信号から来ておりRAS*信号はZ72(LS367)を通った*MREQそのもの。

Z21

 Z21(LS156)がアドレスデコーダでpin12(出力3)がVID*/KYBD*に関わっている。そこで近辺を観測してみる。上段がZ36-6、下段がZ21-12。

Z21-G

 Z21の出力が上まで届いていない。これについては教えていただいた。なおZ21(LS156)はオープンコレクターで下記のOD(オープンドレイン)と同じ構造。

 プルアップは4.7kで図面と同じく問題なし。タイミングはこれでいいらしい。
ここの懸念をクリアするためにZ80の*MREQをピン上げして確認した。動作は変わらず。ついでに他の制御線もプルアップしてみたが動作は変わらなかった。

つづく。

TRS-80 model1 日本向けモデルはVRAMを追加している

 修理中に気付いた閑話休題的な話。

 TRS-80 model1のVRAMは2102(1k×1)を7個使っている。bit0〜bit5までがキャラクタの番号で、bit7がグラフィック/キャラクタの切り替え。しかしZ61(bit4担当)の上に重ねて2102がもう一個ある。最初修理の跡かと思ったがこれはbit6相当で追加されていた。



 このカットも当初不明だった。これはZ30-13(LS02)からZ27-3(LS175)、Z60-4(LS267)の間をカットしてある。
2017-Z27


 元々はVRAMのbit6相当は!bit7 & !bit5だった。ここをカットして追加したSRAMのDoutを接続している。Z60-5(LS367)出力はDinに接続している。
Z30-13

 これは日本語化にあたりカナを追加するためにキャラクタ番号を0〜63から0〜127にしている。キャラクタジェネレータのROMもカナ対応のものになっているはず。

以下の記事で気付いた。

TRS-80 Model 1 L2 – Lowercase characters Hardware mod(CREW NIGHTFALL)

あと、回路図などはこちらがより新しい。トラブルシューティングの方法も載っている。
Radio Shack TRS-80 Micro Computer Technical Reference Handbook 2nd.zip
TRS-80 Model I Documentation

太陽フレアによるGPSの誤差を見てみたい

 2017年9月6日に大規模な太陽フレアが発生し、その影響で9月8日に電離層が乱れGPSの誤差が発生するらしい。
【電子版】大規模な太陽フレア発生 地球への影響は8日午後-情通機構が発表 (日刊工業新聞)
宇宙天気情報センター(NICT)

 で、実際に発生したようだ。
太陽フレアでGPSの誤差増大 国土地理院が報告(ITmedia)
9月6日に発生した太陽フレアのGPS測位への影響(速報)(国土地理院)
11年ぶり大規模な太陽フレア-GNSS測位に影響(速報)(測位技術振興会)

 この前実験した手持ちのGPSモジュールがあるのでこれで観測できないかと考え終日ログを取ってみた。Windows上でTeraTermのログ機能を利用する。時刻情報はGPSのデータ内にあるのでタイムスタンプは付けない。GPSモジュールからは毎秒データが送られてくる。

 採取したログはDropBox経由でMacOSに持っていきawkで加工。そしてWindowsに戻してExcelでグラフを描かせる。
https://gist.github.com/houmei/b9c9dc6d120f7243fffd5ad400c3d69d

加工したのは$GPSRMCからの緯度経度情報のみで誤差情報などは見ていない。



GPS20180908

 時刻はUTCなので+9時間してください。8日13時〜9日5時までの緯度経度について、基準点からのズレを表示。飛んでいる箇所はGPSから座標が取得できなかった時間。22時くらいに跳ねているのがわかる。

GPS20180909


 比較のため9日の9時〜12時くらいまでのデータをみるとそんなに跳ねていない。

 適当にやってみたけどこんな感じ。次回はより厳密に、部屋から出して衛星を常に捕捉できる状態にしてみるかな。


TRS-80 model1 ビデオ出力乱れの調査

 さて、画面に文字らしきものは見えてキー入力にも応答しているっぽいのだが非常に乱れている。以降はビデオキャプチャの画像。
P_Sep05_231038

 先に電源部分の電解コンデンサの容量抜けを疑ったが問題なかった。
 CPUをソケットから抜いてみた。VRAMは初期化されないのでランダムなキャラクターを表示する。乱れはない。
P_Sep04_221238

 ということはCPUが動作することによりビデオ回路に悪影響を与えているように思える。
CPUを元に戻し、リセットスイッチを付けてみた。C42の電解コンデンサの両端から線を引き出してトグルスイッチをハンダ付け。RESETをかけっぱなしにすることによりCPUはバスからフローティング状態になる。DRAMのリフレッシュもやらない。

P_Sep04_221300

 これは何度か[ENTER]キーを叩いた後でリセットをかけっぱなしにした画像。プロンプトらしきものが見える。空白であるべき部分がカンマになっているが、これはどうやらVRAMのデータの特定bitが故障しているようだ。いまは画面の乱れの調査に都合がよいのでこのままにしておく。

 さて、ノイズ源となり得るものにはDRAMも考えられるのでこれをソケットから抜く。CPUは挿したまま。
P_Sep07_200026

 リセットをかけると画面は安定。この後、リセットを解除したりかけたりしてもこの表示のまま。電源を再投入すると乱れた画面になる。
P_Sep07_200058

 CPUあり、DRAMなしの構成でリセットの前後で変化する部分を探すことにする。画面の乱れに悪影響を与えるのはCPU/DRAM、受けるのはビデオ回路のタイミング生成回路と主に水平部分。

 Z42(LS04)はクロック発振とVRAMのキャラクタ/グラフィック切り替えに使われている。ここをソケット化しパスコン追加、HCU04に変更。現象は変わらず。VRAMのキャラクタ/グラフィック切り替えのゲート部分をピン上げしてキャラクタ表示のみ/グラフィック表示のみにしてみたが現象かわらず。つまりキャラクタ表示/グラフィック表示個別の問題ではない。

つづく。

MINGCHANG EasierCap USB 2.0 dc60テレビDVD VHSビデオ S端子 キャプチャアダプタUSBビデオキャプチャ レコーディングアダプタAVI/JPG/BMPMINGCHANG EasierCap USB 2.0 dc60テレビDVD VHSビデオ S端子 キャプチャアダプタUSBビデオキャプチャ レコーディングアダプタAVI/JPG/BMP

MINGCHANG
売り上げランキング : 8484

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

TRS-80 model1 ビデオ出力の修理

 電源ができたのでビデオ接続して動作確認してみよう。ビデオケーブルは回路図を参考に作った。
こちらも参考になります:
旧世界の遺産を守れ!「TRS-80 model1」 タンディ・ラジオシャック(1977) (しおんパパのひみつきち)

54

 で、ブラウン管ディスプレイに映してみると水平方向に広がるような感じのノイズ画面。TRS-80本体側面にある半固定抵抗をいじってみると、垂直方向は動かせるが左右は無反応。どうやら水平同期がおかしいみたい。
 この故障はよくあるみたいで、YouTubeにも修理動画があった。
How to fix video sync issues on the TRS-80 Model I


 では回路図を元に追っていく。
57

 上の方の74C04(Z6)は水平同期信号のバッファ。下の方の74C04(Z57)は垂直同期のバッファ。それぞれ半固定抵抗が挿入されておりアナログ的に遅らせることで表示位置の調整を行っている。74C00(Z5)はXORを構成しており、水平同期と垂直同期をミックスしている。これらはCMOSの汎用ロジックで特性は4000シリーズと類似。74C04の方はパッケージに4069とも書いてあった。
 さてR20を調整しても水平方向の調整ができないのでこのあたりが怪しい。Z6のpin13には水平同期信号が来ていた。で、Z6のpin12を観測すると
2017hsyncNG
 0-5Vスイングしてない。Z6故障と判断。

 では、このZ6を外してICソケット化することに。pin4-pin14間に0.0033表記のコンデンサがあるけど回路図にはない。あとから足されたものだと思われる。

2017-z6

 取り外しには表面実装部品取り外しキットを使った。基板側の穴が大きめなので割と簡単に外せる。

サンハヤト SMD-21 ハンダ関連用品 ハンダゴテ1本で簡単に表面実装パーツが取り外しできます。サンハヤト SMD-21 ハンダ関連用品 ハンダゴテ1本で簡単に表面実装パーツが取り外しできます。

サンハヤト
売り上げランキング : 1130946

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 これを74HC04に交換したら水平同期も調整できるようになった。

 高速(15KHz)なスイッチングに耐えられなかったのだろうと、ついでに74C00(Z5)もソケット化して74HC00に交換してみたら、水平方向にノイズが見られるようになった。この状態で先程のZ6を74HC00から74HCU00に交換したら安定した。

 だがしかし。キャラクタ単位でノイズが入っているような画面である。キャラクタらしきものは見えるしキー入力で文字が入っているようなのだが。つづく。
2017TRS80noise


TRS-80 model1用電源の製作

 前回のTRS-80 model1を入手した - 電源の検討で考えた電源回路の部品がそろったのでつくってみた。

 秋月電子のC基板に実装することにする。ACアダプタだが、DCプラグが2.1mmでよく使われているものを選択し、ハードオフから19V品を入手。これを手持ちのDCDCコンバータ、HPH12002Mで+7Vを生成する。12V2A出力なので余裕。
18
回路はほぼこのまま。250kΩ可変抵抗の部分を10kΩ1/2W+10kΩ半固定抵抗に変更し、5-6ピン間に接続した。GNDには接続しない。これはデータシートより計算し約18.5kΩとなったのでこの構成にした。
この抵抗を配線しない状態で入力19.22V、出力12.03V。

 次に負電圧をLTC1144CN8で生成する部分。これは以下のとおり。
2017LTC1144

最終的に以下のような実装になった。各所にあるLEDは動作確認用で、4.7kΩを直列につないでいる。
2Pのコネクタは手持ちの都合。写真の上から-7V/+7V、+19V/GND。
2017TRS80powF

 配線はこんなかんじ。片面でいける。(パイロットランプまわりは省略)
TRS80powhaisen

 TRS-80本体へと接続するDIN5pin電源コネクタの配線は以下を参考に。FRONT VIEWというのはDINレセプタクル側から見たという意味なので、TRS-80本体の背面から眺めるとこのように並んでいるという感じです。1,3はAC(+7V,-7V。入れ替わってもよい)、2は+19V、4はGND。

00



2017TRS80pow


 TRS-80 model1に接続後、正しい電圧が供給されているかどうかはDRAMの電源ピンで確認するとよい。電源回路がめんどくさかったのはこいつのせいです。
2017TRS80DRAM

pin16 - Vss (GND)
pin9 - Vcc (+5V)
pin8 - Vdd (+12V)
pin1 - Vbb (-5V)

 測定したら12.19V/±4.92VでOK。

 ディスプレイを繋がなくてもTRS-80の[英数/カナ]キーを押すことでキーボード上のLEDが赤/青とトグルするので動作していることが確認できる。これで本体無改造で電源を作ることができた。

 だがしかし、ディスプレイに繋いでみるとビデオ出力の同期が流れてしまう問題があった。これは本体の故障らしい。次回につづく。

メモ:ICL8038キット

 ICL8038を使ったファンクションジェネレータのキットが300円と安かったので買ってみた。再度見たら272円になってる。どういうことだ。昔秋月電子のキットは一桁ぐらいちがったはずだぞ。

HiLetgo ICL8038 関数 機能信号発生器モジュール DIYキット 正弦波 三角波 [並行輸入品]HiLetgo ICL8038 関数 機能信号発生器モジュール DIYキット 正弦波 三角波 [並行輸入品]

HiLetgo
売り上げランキング : 690

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
データシート:
https://www.intersil.com/content/dam/Intersil/documents/icl8/icl8038.pdf

 キットに説明書はなし。基板のシルク印刷をたよりにハンダ付け。14pinのICソケットは別に用意した。
スライドスイッチは発振周波数のレンジ切り替え。
104の半固定抵抗は正弦波の歪み調整、203の半固定抵抗はデューティ比の調整。
右側のツマミでおおまかな周波数の調整、中ほどにある青いポテンショメータで精密な調整。
2017-8038-1

 電源+12Vでの観測。矩形波は0V〜12Vのフルスイング。
2017-8038-2

2017-8038-3

 8038を使ったファンクションジェネレータの作例はネット上にあるので真似して作ってみよう。

ArduinoでGPSから時刻データを取得する

 Amazonで安いGPSモジュールがあったのでArduinoに接続して時刻データを読んでみた。

Rasbee GY-NEO6MV2 Flight コントローラー NEO-6M APM 2.5 GPSモジュール Arduino用 1個 [並行輸入品]Rasbee GY-NEO6MV2 Flight コントローラー NEO-6M APM 2.5 GPSモジュール Arduino用 1個 [並行輸入品]

Rasbee
売り上げランキング : 1072653

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 このGPSモジュール、基板上にはGY-GPS6MV2と書いてある。主要なモジュールはblox NEO-6M、コイン電池とEEPROM、GPSアンテナ用コネクタが付いている。電源は3.3V、シリアル9600bpsで通信。衛星からの電波を安定して受信しているときは青色LEDが点滅する。

データシート:
NEO-6 u-blox 6 GPS Modules(PDF)
Hardware Inegration Manual(PDF)
u-blox 6 Receiver Description Including Protocol Specification(PDF)

 NEO-6Mはシリアル接続の他にUSBでパソコンに直結できるらしいのだがこのモジュールにはそれらしき引き出しパターンなどはない。時刻取得程度だと特に設定もなく、モジュールのRXとマイコンのTXは接続しなくてもよさそう。

2017GPS1


作例:
GY-GPS6MV2 – NEO6MV2 (Neo 6M) GPS Module with Arduino / USB TTL
(WEBSITE AND BLOG OF AYOMA WIJETHUNGA)
GY-GPS6MV2をArduinoでテスト(woosan900rrの日記)

 マイコンはArduino Leonardo互換のSeeeduino Liteを使用した。5V/3.3Vの切り替えができて便利。モジュールとの接続は電源を3.3V、GND、モジュールのTXとArduinoのRX(D0)を接続する。

 さて、GPSからのデータはNMEAフォーマットというカンマで区切られたテキストデータで取得できる。
NMEA 0183 フォーマット
このうち、GGAメッセージ(第1フィールドが$GPGGA)の行の第2フィールドが時刻データ(UTC)である。第14フィールドは補正時間らしいのだが今回は無視した。チエックサムも無視している。

スケッチはこちら:
https://gist.github.com/houmei/8fbc1e223611258204b071745722b071


 ちょっとがんばってSerial.readStringUntil('\n')を使ってみた。一文字ずつ受信して処理するのは大変なのでStringクラスで全部やった。ついでに今後のためにString.toInt()で整数に変換して時刻もJSTに補正した。
こちらが参考になった:【prog】Arduino・シリアルで文字列受信するには(ゆうがたの特にコレと言って)

 今後は座標やその他の情報が取得できるようカンマ区切りでデータを読み取るようにしたい。以下はそのためのメモ。
文字列を区切り文字で分割するsplit()関数 for Arduino(山形大学工学部ロボタスティクス)
Arduinoにつないだセンサからの値をパソコンで記録する(6)(Ukkari blog)


Seeeduino LiteSeeeduino Lite

Seeed Studio
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

夏休みの工作 無線LANルータ用冷却ファン

 TP-LINKの無線LANルータ AC1200を使っているのだがどうも調子が悪い時間帯がある。昼から夕方にかけてなのだがWiFiが途切れる。これが毎日だんだん不通時間が伸びてきてある日気付いた。これ熱だ。
本来置くべきではない外気がはいる通路にしか置けないのでルータが悪いわけではなくどうしようもない。そこでサーキュレーターを回して終日風を当てて解決したのだけれどもあまりスマートとも言えないので冷却ファンを作ることにした。


TP-LINK AC1200 Wi-Fi Ethernet LAN Dual-band BlackTP-LINK AC1200 Wi-Fi Ethernet LAN Dual-band Black

TP-LINK USA
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 USB扇風機をルータのUSBポートにつなぐというのも考えたが風量が足らなさそうだし、ということで8cmのPCケースファンを利用、電源をTP-LINK AC1200のACアダプタから12Vを拝借することにする。DCジャックとプラグは2.1mmのArduinoなど電子工作でよく使うものが利用できる。ついでにファンガードもつけた。

10

 これを100円ショップで探したなるべく穴のあるブックエンドに園芸用の針金で固定。これでサーキュレーターに代わり安定運用できますね。
52


 配線等は宿題とします。

めしにしましょう(1) (イブニングコミックス)めしにしましょう(1) (イブニングコミックス)
小林銅蟲

講談社 2016-11-22
売り上げランキング : 1172

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

TRS-80 model1を入手した - 電源の検討

 何かの引きが強かったのか、TRS-80 モデル1を入手した。

  あまり使われた感じがないきれいな本体だが、電源などの周辺はないためなんとか用意しないといけない。TRS-80 Technical Manualには回路図があるので検討する。
 電源はACアダプタ経由、DIN 5ピンコネクタで接続。内部で+5V,+12V,-5Vが生成される。このうち+12V,-5VはDRAM用。
ACアダプタのDC +19.8V 350mA → +12V 350mA
ACアダプタのAC 14V 1A → +5V 1.2A, -5V 1mA

TRS80PWR

電源入力:DIN 5ピン
1 AC14Vin
2 DC19.8Vin
3 AC14Vin
4 GND
5 NC

 さて、できれば本体は無改造でやりたい。pin2のDC19.8Vinは現代の19V出力ACアダプタでよさそう。pin1,3のAC14Vinだが別にブリッジダイオードに直流を入れても問題ない。19VからDC-DCコンバータで降圧しようとするとGNDが共通なので+7Vにし、pin1に供給する。
DC-DCコンバーター 12V3A HRD12003 5~24V可変(秋月電子)

 -5V側はLTC1144でDCDCコンバータの出力+7Vを反転してpin3に供給する。
LTC1144 スイッチト・キャパシタ広入力範囲 シャットダウン機能付き 電圧コンバータ(PDF)
スイッチトキャパシタ広入力範囲シャットダウン機能付電圧コンバータ[RoHS] LTC1144CN8(共立エレショップ)
電圧コンバータ LTC1144CN8(秋月電子)
作例:LTC1144CN8でマイナスの電源をつくる(SingleEnded.com)

アナログ入力1本でマトリックスキーを扱う

 アナログ入力によるロータリーエンコーダの読み出しとちょっと関係あり。今回はマトリックスキーを扱ってみた。

 12Key マトリクスキーボード JK-42-2(共立エレショップ) のような3×4のテンキー、中はマトリックス配線になっている。スイッチが個別に扱えれば抵抗分圧式で可能だが、解体して配線し直すわけにもいかない。
抵抗分圧式の例:I/Oピン一つで読み取れるキーパッドの製作(しなぷすのハード製作記)

 ではどうしようか。横方向で分圧したあと、縦方向でさらにその範囲内で分圧すればよさそうだ。

ankey_2017-04-11 00_37_52

 実際はこんな感じで配線。
ankey_2017-04-11 00_39_34

 Arduinoのスケッチはこんな感じ。雑なコードですまん。
https://gist.github.com/houmei/7c42c60a56e6f63c08467aaa3296722b

 同時押しすると別のキーになってしまうことがある。(追記:ADC入力値の範囲を絞ることで若干改善)うまく抵抗値を選ばないといけないかも。計算したExcelのシートをどっかになくしてしまった。

2017ankey1

2017ankey2

2017ankey3

Digispark互換ボード2種

 Digisparkつづき。

 Amazon経由で入手できるDigispark互換ボードはdigiStump.comのものと同じUSBポートに直接差し込めるもの(1)とマイクロUSBコネクタを搭載した独自のもの(2)がある。(1)のUSB-HID動作が不安定だったため(2)でも確認した。結論から言うと(1)をUSB延長ケーブル経由で使うと不安定、(2)はマイクロUSBケーブル経由で使うとOK、その先に同じUSB延長ケーブルを経由して使うと不安定だった。どうもUSBケーブルに左右されるようだ。

 (1)と(2)の違いは以下のとおり。
Digispark

(1)がオリジナルと同じ。(2)はOLIMEX製の互換ボードと同じ。このあたりはDigisparkが採用しているV-USBを見るとよい。
V-USB Hardware Considerations

D-,D+の直列抵抗について。ただしATMega32U4は専用のドライバ、ATTiny85はGPIO使用。
Topic: Why USB Data Series Resistors? (EEVblog Electronics Community Forum)

Digispark互換機の作り方:
Digispark DIY: The smallest USB Arduino(instructables)

実験用にチャイムのボタンとFRISK120%BOOSTERを使ってケース付きにしてみた。まだ色々入れることができるよ。
2017digispark2

2017digispark1

Rasbee CJMCU ミニ モジュール ATTINY85 ミニチュア USB マイクロコントローラ開発ボード Arduino 1個 [並行輸入品]
Rasbee CJMCU ミニ モジュール ATTINY85 ミニチュア USB マイクロコントローラ開発ボード Arduino 1個 [並行輸入品]
Rasbee
売り上げランキング : 77355


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Arduino: prog_char はなくなった

 あるソースをArduino IDE 1.8.1でコンパイルしたらエラーがでた。フラッシュメモリ上に定数を置くprog_charが使えなくなったとのこと。

prog_char error IDE 1.6.4

prog_char A[] PROGMEM = "... を
const char A[] PROGMEM = "... に書き換え。

DroboProリブート問題(未解決)

 NASのDroboPro、電源を入れるとリブートを繰り返すという症状。調べてくれと頼まれたのでみてみた。
DroboPro Review
Drobo Pro Beyond Raid 8-Bay USB 2.0/FireWire 800/iCSI/SATA 6GB/S Storage Array DRPR1A21
http://www.drobo.com/drobo-downloads-2/
http://www.drobo.com/documentation/
http://www.drobo.com/downloads/products/DS-0098-00_drobopro.pdf

 DroboProのこのような症状はよくあるようだが、DroboProは生産終了、サポートしてもらうにも海外からの購入品で困難。

(1)ペーパークリップによるリセット
 USBポートの隣にある穴にクリップを挿したまま電源を入れる。
2 minute Paper Clip reset for Drobo Pro https://vimeo.com/10299060
Trouble shooting a Drobo Pro https://vimeo.com/10275143

I followed the procedure below, but the Drobo Pro continues to go into a reboot cycle:

If you do not want to format your drive set, remove the entire drive set from the Drobo, keeping the drives in order.

Insert a paper clip into the reset hole on the plastic case to the left of the USB port on the back of the DroboPro, and hold it in FIRMLY.

While holding the paper clip FIRMLY in the reset hole, toggle ON the power to the DroboPro.

During this PIN Reset the lights on the DroboPro will do the following:

*** All of the drive lights will light up amber and all of the blue capacity lights will light up

*** All of the drive lights and all of the blue capacity lights will go out and only the green power light will still be lit

*** The blue capacity lights will start scrolling up the right-hand side of the DroboPro

*** All of the blue capacity lights will go out AND:

If the drives are still in the DroboPro, all of the drive lights will turn green.

If the drives are NOT in the DroboPro, the first drive light will turn solid red.
 やってみたがダメだった。

HOWTO: Fix the Drobo Pro infinite reboot loop (TECHKNIGHT)
これによると、 電源ケーブル/コイン電池/二次電池を外して三時間以上放置で直りそうなことが書いてある。
以下のフォーラムでは
DroboPro reboot loop - Printable Version(Drobo Forums)
一週間ほど主電源を切っていたらリブート繰り返しが発生
ファームウェアアップデートで対応?
Dorobo Sでも発生
なぜか三日後に直った例 などが載っていた。
Drobo Forums / Drobo / Legacy Products / DroboPro / DroboPro restarting.over and over...ugh

 これをやってみた。電源になるものを外して一晩放置後、再接続。なんと直った。drobo dashboardをWindowsにインストールし、USBケーブルを接続。が、最新のファームウェアに更新後また再起動を繰り返すようになってしまった。この後二回ぐらい放置をやってみたが直らなかった。

 まずはここまで。


RAMPS1.4の24V対応改造

 こちらの記事でレーザーカッターのコントローラをRAMPS1.4を24V対応に改造して使用している。
40 Watt Chinese CO2 Laser Upgrade with RAMPS & Arudino

 今回は改造に着手するまえの確認。
 RAMPS1.4はもともと3Dプリンタ用のコントローラボード。12Vで駆動するがレーザーカッター内は24Vの電源&24V用のステッピングモーターを使用している。3Dプリンタでも24Vで利用する例があり、この方法に従う。

RAMPs v1.4 To 24V (YouTube)
Converting RAMPS for 24v use?(reddit)

RAMPS1.4のwikiはこちら。
RAMPS 1.4(reprap.org)

 サインスマート製のRAMPS1.4ボード。
2016RAMPS1

 電源部分に該当する回路図。ここのD1を除去する。
2016RAMPSpower

 AM-VINはArduino MEGAの電源につながっている。Arduino MEGAの電源のレンジは7-20Vなのでこれを壊さないようにする。ということはArduino MEGA自体の電源はUSB経由でもらうということになる。
Arduino & Genuino Products > Arduino MEGA 2560 & Genuino MEGA 2560

 さて、リンク先にあった動画をみるとポリスイッチを除去してショートしているが、これは+12V2につながるF2に相当する。レーザーカッターではX4-1/X4-2の電源端子は使わないので加工不要。しかしreprap用改造でもポリスイッチをショートさせるというのはどうなんだろうね。
※以下の赤で囲った部分のダイオードを除去。
2016RAMPS2


 最後にコンデンサの耐圧。大きめの6個の電解コンデンサは従来12Vの所に24Vがかかるが、このボードは耐圧35Vなので問題ない。小さい3個ならんでいる電解コンデンサは5Vのラインなので耐圧16Vでも問題なし。
2016RAMPS3

整理すると:
(1)RAMPS1.4上の電解コンデンサの耐圧を確認。35Vなら改造してもOK。
(2)ダイオードD1を除去。このボードを接続するArduino MEGAの電源はUSB経由で供給される。
サインスマート Ramps 1.4 3Dプリンター コントロール互換シールド for Reprap Mendel Prusa Arduino Mega2560 Mega1280サインスマート Ramps 1.4 3Dプリンター コントロール互換シールド for Reprap Mendel Prusa Arduino Mega2560 Mega1280

サインスマート(SainSmart)
売り上げランキング : 38305

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

MacOSX El Capitan/macOS Sierraのインストールメディア作成

 メモ:MacOSX 10.11 El CapitanとmacOS 10.12 Sierraのインストールメディア作成方法。

以下の記事を参考にした。
Mac OS X で起動可能なインストールディスクを作成する方法(R WannaBe Adored)
OS X の起動可能なインストーラを作成する(Apple)

まず、App Store経由でOSのインストールイメージを取得。OSのアップグレードでダウンロードのみ行う。インストーラが動いたら中断する。アプリケーションフォルダに以下の名前のインストーラができる。

OS X El Capitan インストール (Install OS X El Capitan.app)
macOS Sierraインストール (Install macOS Sierra.app)

 8GB以上のSDカードまたはUSBメモリを用意してMac本体に接続する。この媒体に起動可能なインストーラが書き込まれる。媒体をマウントしたときのボリューム名をUntitledとする。ボリューム名が異なる場合は該当箇所を書き換えること。

以下、実行結果。私の環境では15分程度かかったが、転送速度に大きく左右されると思う。

El Capitanの場合:
$ sudo /Applications/Install\ OS\ X\ El\ Capitan.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/Untitled --applicationpath /Applications/Install\ OS\ X\ El\ Capitan.app
Password:
Ready to start.
To continue we need to erase the disk at /Volumes/Untitled.
If you wish to continue type (Y) then press return: y
Erasing Disk: 0%... 10%... 20%... 30%...100%...
Copying installer files to disk...
Copy complete.
Making disk bootable...
Copying boot files...
Copy complete.
Done.

Sierraの場合:
$ sudo /Applications/Install\ macOS\ Sierra.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/Untitled --applicationpath /Applications/Install\ macOS\ Sierra.app
Ready to start.
To continue we need to erase the disk at /Volumes/A.
If you wish to continue type (Y) then press return: y
Erasing Disk: 0%... 10%... 20%... 30%...100%...
Copying installer files to disk...
Copy complete.
Making disk bootable...
Copying boot files...
Copy complete.
Done.

 これでインストール用メディアが作成され、マウントされた状態になる。作業したMacから媒体を取り外す。

インストール作業:
 ターゲットのMacについて、HDDを初期化する場合は⌘+Rを押しながら起動。メニューのディスクユーティリティで初期化。
ダウングレードする場合は初期化しないとインストールできない。

 インストール用メディアを接続し、optionキーを押しながら起動。ブートメニューでインストール用メディアを選択する。
BUFFALO USB3.0対応 USBメモリ バリューモデル 8GB ホワイト RUF3-K8GA-WHBUFFALO USB3.0対応 USBメモリ バリューモデル 8GB ホワイト RUF3-K8GA-WH

バッファロー 2013-06-01
売り上げランキング : 116

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Transcend SDHCカード 8GB Class10 UHS-I 対応 (最大転送速度90MB/s) 無期限保証 TS8GSDHC10U1Transcend SDHCカード 8GB Class10 UHS-I 対応 (最大転送速度90MB/s) 無期限保証 TS8GSDHC10U1

トランセンド・ジャパン
売り上げランキング : 1687

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

MacBookPro15 Late2011のヒートガンによる修理

 使用していたMacBookProのブラウザ画面が突然乱れて操作できなくなったので再起動したら赤い横縞が出てブートしなくなった。

2016MBPGPU1

 これはGPUの接触不良でMBP15 Late2011モデルではよく知られた故障。自分のは中古で購入してChromeを使用していると突然落ちるというような現象が起きていた。だましだまし使ってたら落ちなくなったが、不安だったので以下の修理に出した。調査の結果は問題なしで対策もされず。
MacBook Pro ビデオの問題に対するリペアエクステンションプログラム

 今年の夏は暑くてトラックパッドにも異常が出るほど。加えてキーボードを本体の上に重ねて使っていたためついにやられてしまったらしい。困りましたよこれは。同等以上の代替機なんてすぐには買えないぞ。とりあえず代わりのMacminiを借りられることになったので、MBP15 Late2011の修理に手を出してみることにした。

 さてここで頼りになるのがiFixitのサイト。いろんな機種の分解方法が写真付きで載っている。
iFixit MacBook Pro 15" Unibody Late 2011
 広い机とドライバー類を用意して分解。ロジックボードを取り出す。バッテリーは本体から外さなくても大丈夫。なので、バッテリーを固定しているY字のネジ用ドライバーはこの場合はいらない。
2016MBPGPU2

 ヒートパイプを外してグリスを拭く。問題のGPU部分。
2016MBPGPU3

 ヒートガンで接触不良と思われるGPU部分をあぶり修理する。BGAパッケージのはんだボールが溶けて再度ハンダ付けされるというしくみ。1800Wヒートガンにて10cm上から2分、5cm上から1分でやってみた。
 ふたたびiFixitを参照しながら組み直す。起動。OK。助かった。
数日使ってみたが一回だけ画面全体が乱れたことがあった。完全には直ってないらしい。
 この修理方法は最後の手段であり本体を壊しても問題ない(私の場合は代替機あり)ときに検討すべき。


MTK【 ヒートガン (HT1800) 】4種類ノズル付 1800W 2段階 風量切替機能付き ホットガン 110V 50Hz-60HzDIY 修理 補修 日曜大工 乾燥 剥離 加工 HT1800MTK【 ヒートガン (HT1800) 】4種類ノズル付 1800W 2段階 風量切替機能付き ホットガン 110V 50Hz-60HzDIY 修理 補修 日曜大工 乾燥 剥離 加工 HT1800

MTK(エムティーケー)
売り上げランキング : 794

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
GIWOX 16in1 プロフェッショナル修理用ツールキット 精密ドライバーセット 高品質なPVC吸盤 携帯電話 スマホ 修理 ・開腹・分解・修復 ツール iPhone 3GS 4 4S 5 5S 6 6 Plus iPad 1 2 3 4 iPod iTouch Samsung S2 S3 S4 S5 S6 Nokia Huawei LG Motorola等 スマートフォン・携帯電話・タブレット用メンテナンスツール キット/工具GIWOX 16in1 プロフェッショナル修理用ツールキット 精密ドライバーセット 高品質なPVC吸盤 携帯電話 スマホ 修理 ・開腹・分解・修復 ツール iPhone 3GS 4 4S 5 5S 6 6 Plus iPad 1 2 3 4 iPod iTouch Samsung S2 S3 S4 S5 S6 Nokia Huawei LG Motorola等 スマートフォン・携帯電話・タブレット用メンテナンスツール キット/工具

GIWOX
売り上げランキング : 8534

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


YIS-303/CX5用ビデオ接続アダプタ

 ヤマハのMSX、YIS-303を入手した。これ、ビデオとオーディオの出力が5PINのDINコネクタなので変換用の基板を作った。

Home » Wiki » Yamaha YIS-303
YAMAHA CX5

45 MSX YIS VIDEO


 YIS-303本体側とは5ピンのDINケーブルで接続する。MIDIケーブルが流用できるが、MIDIケーブルの中には全結線していないものがあるので注意。(MIDI自体は全結線する必要がないため)
3ピンプラグをRCA2個にするケーブルを使ってビデオ、オーディオ出力に接続する。
2016yisvideo1

 LEDは通電確認用。
2016yisvideo2

2016yisvideo3

2016yisvideo4

その他資料:
CX5M.net
MSX-AUDIO music keyboard

改造すれば内蔵メモリ16KBを32KBに拡張できる。DRAM拡張 LS244×2 MB81416(120ns)×2 16K×4bit品

中華レーザー彫刻機をレーザーカッターに変えるためのメモ

 40W CO2レーザーカッター、ベクトルデータを扱ってアクリルなどを任意形状にカットするにはどうしたらよいか。付属ソフトでの扱い方はよくわからないし、なによりWindowsXPで動作するのでそろそろなんとかしたい。持ち主であるminemaz氏と電話しながら色々検索したら、reprap系3Dプリンタのコントローラが使えそうなことがわかった。以下は議事録代わりのメモ。

 アップグレーキットというのは存在する。BeagleBoardBlackをベースにしたコントローラに載せ換える。ただし日本には送ってくれないみたい。
Lasersaur Shield K40 Laser USB Controller for Replacement of MoshiDraw Controller
UPGRADE LinuxCNC Controller CO2 LASER ENGRAVING CUTTING MACHINE ENGRAVER CUTTER(ebay)

 もうちょっと探してみるとArduino MEGA2540+RAMPS1.4というのがあった。このRAMPS1.4というのはreprap系3Dプリンタのコントローラで、さきほどのアップグレードキットにも使われていた。そうだよね、同じCNCだ。

Upgrade That Cheap-o Laser Cutter!(HACK A DAY)
40 Watt Chinese CO2 Laser Upgrade with RAMPS & Arudino(Adventures in DIY Engineers)
InkScapeのプラグインとして実行できるようだ。

OSOYOO 3D Printer Kit with RAMPS 1.4 Controller + Mega 2560 board + 5pcs A4988 Stepper Motor Driver with Heatsink + LCD 12864 Graphic Smart Display Controller with Adapter For Arduino RepRap(amazon.com)

 日本のアマゾンにもあった。

サインスマート RAMPS 1.4 3Dプリンターをはじめよう 互換キット(Mega 2560 R3 + A4988 for Arduino RepRap) 詳細なチュートリアルPDF提供

RAMPS 1.4 互換 コントローラ Controller Reprap 3Dプリンター
Kuman KY57 RAMPS 1.4 互換 コントローラ Controller Reprap 3Dプリンター 3Dプリンター基板セット+ヒートシンク


メモ:ロジアナ ZEROPLUS LAP-C

 ロジック・アナライザ、ZEROPLUS LAP-CのソフトウェアがWindows10対応になり、これまで別売だったプロトコルが付いてくるようになったそうだ。

ZEROPLUS社のLAP-CシリーズのロジアナがWindows 10に対応(しなぷすの独り言)
ZEROPLUSのLAP-CがWIn10に対応&追加プロトコル無料(博多電子工作室)

私のはいちばん安い16032だけど分解したら上位機種にゴニョゴニョできる基板らしい。
ZeroPlus LAP-Cロジックアナライザを上位機種に!!(ケース開け不要に)(Illegal function call)

ロジックアナライザ【LAP-C(16032)】(マルツ)
秋月電子で買ったけど、16032モデルはもう扱ってないみたい。
ZEROPLUSロジックアナライザ64kビット16ch100M LAP-C(16064)(秋月電子)


記事検索
電子部品通販リストなど
竹下世界塔の計算機よもやま話
竹下世界搭のソフトウェア
zigsow (houmei)
ーーーーーー
ーーーーーー
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ