swanの悪あがき

 日々衰えを感じる57才。 それでもあがく。悪あがきとわかっちゃいるが、 あがかんでどうするよ? 下りエスカレータ―を必死で上がる 頑張ってる自分が好き♡なswanの自虐的blog.

本当に必要なものって

 明日福岡に帰るにあたり、
荷物を段ボール箱に詰めて、先に今日発送した。
リンゴ箱よりは少し大きく深い段ボール箱。

後は機内持ち込み出来るサイズのコロコロキャリーケースを持って
帰るのみ。

で、つくづく思う。

この量で一ヶ月過ごして
何の問題も無い、ってことは、
本当はこれだけ持ってればいいのね、ってこと。
勿論、日本には春夏秋冬が有って
寒暖差が有るから、これだけってことは無いけれど、
必要なものはごく僅かだってことがわかる。

帰ったら、また断捨離したい意欲がムラムラと
湧いてくる……
でも、以前、愛着のあるものまで捨てて、
淋しい、と言うかちょっと後悔したことも確か。

どうしようかな……


DSC_0274

神代植物公園

 東京ステイも最終週。
最後のお出かけは、神代植物公園へ。

ここは、植物好きだった亡き父と私が
良く通った所。
思い返してみると、なんと半世紀も昔の事だ。
浦和市(現さいたま市)からだから、結構遠いのだが、
車で行ったのか、電車で行ったのかもよく覚えていない。
父に訊くことも出来ないし。

今日は暑いくらいの快晴。
平日でも、植物好きの年配のご夫婦や、グループ、
幼稚園の遠足などでたいそう賑わっていた。
春のバラフェスタ期間中なのだ。


DSC_0190
DSC_0191
DSC_0193
DSC_0196
DSC_0197
DSC_0198


私の腕ではなかなかその美しさをお伝えできないのが残念。
品種によって美しさは千差万別なので、
バラを自分の庭に植えたい方は、品種をチェックするのもいいと思う。
なかなか、手に入らない品種も有るだろうけど。

あまりの暑さに、
思わずローズソフトクリームを食べる。400円也。
高いけど喉に冷たさと甘さが染み渡る~美味い♪

DSC_0201

あ~ネイルしてないので指が麗しくないけど、お許しを。

DSC_0204
麗しいバラをどうぞ~

DSC_0208
DSC_0211
DSC_0212


名花「ピース」1945年作出。
昔、うちの庭にも有った、懐かしい花。



DSC_0214


大温室の前にこんなものが!

やるしかないでしょう。

DSC_0217

「穴は意図的に小さくしています」だって(笑)


DSC_0218


熱帯の植物は、面白くてインパクトのあるものが多くて楽しい。

DSC_0220
珍しい「ヒスイカズラ」に感激!
本当はもっと美しい翡翠色なんです……!



DSC_0227

あの、開花すると悪臭を放つと言う「ショクダイオオコンニャク」





DSC_0230
DSC_0231

地味に私の心を掴んだのが、サボテン「大福丸」
だってネーミングと見た目が、なんとも可笑しくて。
どちらかと言うと、「きなこもち」っぽかった。


一ヶ月と一週間にも渡った東京ステイも、
残り少なくなりました。

なついてもらえるかドキドキしていた、
のんちゃんとはすっかり仲良し。
だけど、その分別れるのが淋しいな。
そんなことを思わずに、サラッとバイバイしよう。





また、会えるもんね。














久々の「つばめグリル」

 今日、友人と新宿でランチすることになり、
入ったルミネⅠのレストラン街で、
何食べようかな~と。

あ、その前に。
ルミネⅠを目指したのに、
ルミネⅡに入り、あ、ここⅡだよ!Ⅰに行かなきゃ~
それなのに
グルグル同じところに迷い込み、なかなかⅡの迷宮を脱せなかったのは
内緒です(笑)

さて、無事にルミネⅡにたどり着き、
今日のランチの店を選ぶ条件は、

うふふふふ~

『ビールが飲めること!』


折角の運転しなくてもいい東京ライフ、
そしてまあまあイケル口の友人が相手であるので、
「今日のランチは昼ビーだよ!」
と、私は友人に申し渡した。
彼女も「おうよ!」と(は言わなかったが)
二人は合意し、その条件でレストランを探した。


その中に、『つばめグリル』が有った。

『つばめグリル』!

40年くらい前に、品川の駅前店に年上のいとこに連れて行ってもらった。
そこで食べたのはハンバーグ。
夢の様に美味しかったなあ……
その後も、数年前に入って、やっぱりここは王道だよね!と思ったものだ。
主菜はもとより、付け合せの野菜もパンも何もかもが美味しかった。


そしてもちろん、ビールも有るに決まってるじゃん!


私はここにしようよ!と主張し、私達はそこに入った。


頼んだのは、二人とも『つばめグリル』と言えばこれでしょう!の
看板メニュー『つばめ風ハンブルグステーキ』。
そうか、ハンバーグステーキではなく、ハンブルグステーキなのか。


ホームページを見ると、創業は1930年で
強いこだわりを持って作られているのがわかる。
あ~写真を見ると又食べたくなってくる。


あ、そうそうビールビール。

最初、グラスビール、と頼もうとして、
『ジョッキ無いんですか?』
と聞いてしまう私。
『有りますよ!中ジョッキ!』と、爽やかに答えるおにいさん。
『あ、じゃそれ二つね』


 まず、湯剥きしたトマトの中にチキンサラダを詰めた
『トマトファルシー』が供された。
なかなかに大きい。前菜だけでかなりのボリューム。
DSC_0180


そして!
来たぞ!中ジョッキ!
昼ビ~サイコ~!
乾杯!!

IMG_20180511_224513
垂れ目になり、めちゃくちゃうれしそうな私である。


そしてそして、
本命の『ハンブルグステーキ』がやって来た。
ホイルに包まれているのを、フォークで破ると
肉の豊潤な香りがふわあ~と中から広がって、食べる前から幸せな気持ちになる。
ハンブルグステーキの上には、ビーフシチューがかかっているから
柔らかいビーフの肉片も味わえるのだ。
付け合せのベイクドポテトも特大のが丸々一個なので
すごいボリュームだ。
でも美味しいので、ビールを飲みながらひたすら食べる。

DSC_0182
イマイチ美味しそうに撮れていないのが残念だ。


イヤしかし、本当に美味しかった。
私も友人も苦しい、お腹いっぱい、と言いながら殆ど制覇した。

ハンバーグは『つばめグリル』に限る!
あ、『ハンブルグステーキ』ね。
福岡に無いのが残念。

又、東京に来たら食べよう、ビールと一緒に!








プロフィール

swan

ギャラリー
  • 本当に必要なものって
  • 神代植物公園
  • 神代植物公園
  • 神代植物公園
  • 神代植物公園
  • 神代植物公園
  • 神代植物公園
  • 神代植物公園
  • 神代植物公園