2006年06月23日02:15いつものお店

「いらっしゃいませ

こころ温まるいつものお店


”黒く低い空”

むし暑さを”増量サービス中”の霧雨
いつもの店に足を運ぶ

店員:「いらっしゃいませ」

いつもの笑顔で、気持ちよく迎えてくれる

僕:「暑いですね〜、とりあえずアイスコーヒーをください」
「はい、かしこまりました」

この店のアイスコーヒーが好きだ
エスプレッソ用に挽いた豆を、一晩かけて水出ししているのだと言う

「お待たせいたしました、小雨から霧雨ですか…」
「ええ、最近、空が低いですね〜」

「そうですね〜」と言いながら窓の外を見て、席を離れようとした店員さんは
何か思い出したように
戻ってきた

そして嬉しそうに微笑んで、話しはじめた

「朝のラジオなんですけど」
「はぁ…」

「番組のパーソナリティが素敵なことを言ってたんですよ」
「ジューンブライドの話しをして、日本の梅雨の話をして」
「最後の一言なんですが、なんだか嬉しくなっちゃって」

「なんて言ってたんですか?」

「『6月は良いですね、雨が降って時々晴れて』ですって」

「あぁ…そうですね

目を見合わせて、二人ともニコっと笑いました

しばらくゆったりと過ごし
外に出ると相変わらずの

”黒く低い空”

でも、僕の心の中には、涼しい風が流れました


あなたの座ったその席が 『感激レストラン』 なんですよ〜!!

「ありがとうございます。 またのご来店、心よりお待ちしております


 

 



2006年05月31日04:09座り心地の良い、居心地の悪い店が多くなったなあ

「いらっしゃいませ

(座り心地の良い居心地の悪い店が多くなったなあ)と思うこのごろ


もう何年前から在るのでしょう?
そんな店に行ってきました。

壁に貼ってある短冊メニューの安い事
どれもこれも食べたいものばかり

でも店のばっちゃんが無愛想

話し掛けてもコッチ見ないし
返事もしたり、しなかったり

ここで僕は思ったんです
「面白そう(楽しめる!)」って

だってこのスタイルでず〜と営業してきたわけでしょう?
何かあるんです、きっと

時間が経つにつれ、常連さんらしき方々も入れ替わり来店
でも、ばっちゃんの対応は相変わらず

でも、なんででしょう?
落ち着くんですその店

でも、なんででしょう?
落ち着くんですその店

聞こえる商店街の雑踏?
お客と店との距離?
店側のほっとき加減?
常連の気持ちの置き場所?

なんででしょう?
落ち着くんですよ、その店

その店には確かにあったんです

それは…

『場が創りだす雰囲気』


あなたの座ったその席が 『感激レストラン』 なんですよ〜!!

「ありがとうございます。 またのご来店、心よりお待ちしております。



2006年05月20日02:19「+20%のおいしいさ」

「いらっしゃいませ

今日は“レストランのサービスの兄ちゃん”のお話


そのレストランに””は居ました。

赤い色の短髪で白のワイシャツ・黒ズボン・黒の長い前掛け(サロン)。

最初は「いらっしゃいませ」だったのに、常連さんには「おっ!いらしゃーい!」とか言ってるの。

まずは少しおしゃべり、それから店内を颯爽(さっそう)と歩き回る。

他のスタッフにチョコチョコ指示を出す。

仲良く喋るようになって、あるお話をしました。

「あなたにとって サービス(業)って なんですか?」

以下その兄ちゃんの考え

「俺らの仕事は、料理人とお客さまをつなげる大切なポジション

お客さまの状態(要望・飲み物・料理の進み具合)をシッカリ厨房に伝えること

あとは、料理人が100%で出してくれた料理を、俺らのサービス(技術・トーク等らしい)で+20%おいしく戴いて頂くことなんだ〜

って

「せっかく100%で出してくれたのに、俺ら次第で美味しくも不味くも出来るんだよ。

200%とか150%なんて言わない、

どんな時でも+20%で良いんだ!

大切な仕事だよ!」

って、笑顔で、でも真面目な目をしてたと思う。

嬉しくなりました。

『隠し味は…あなたの気持ちなんです。』 


こんなサービスマンの居るレストランがありました。

あなたの座ったその席が 『感激レストラン』 なんですよ〜!!

「ありがとうございます。 またのご来店、心よりお待ちしております。



2006年05月17日22:15前回より…「美味しい気持ち」

いらっしゃいませ

早速 伝わったかな?

この5日間でギョウザ食べたひと〜


前回の”なんだか嬉しくて”は

人に伝える事

”まっすぐ帰っちゃうほど嬉しい気持ちが湧き出るってこと

たとえば「今日の夕飯○○なんだ〜」とか、「家のギョウザ旨くてさ〜」とか、「しまった!発泡酒しかないやっぱスーパードライだよね」とか

ただでさえ”(大)好物”なのに、言葉にするだけで

さらに『美味しさUP


毎日の決まった作業みたいに「淡々と食事」してませんか?

自分の好きな食べ物、大切な人は知ってますか?

大切な人の好きな食べ物、あなたは幾つ知っていますか?

いつも「作ってくれる(一緒に食事する人)」に「美味しい」「ありがと」

っ伝えてますか?

もっと言葉にしましょう!

もっともっと伝えましょう!

 

あなたの座ったその席が 『感激レストラン』 なんですよ〜!!

 



2006年05月12日01:40なんだか嬉しくて、まっすぐ帰るよ!

まずはここから

「今日は○○よ〜」
大切な人が作る、大好きな料理。


18:30

バイト(飲食店)に出掛ける僕の後姿に、母さんの言葉がかかる。

「今日は餃子よ〜」

一瞬、バイト行くのやめよかと思ったよ。

単純に家のギョウザは大好き!
ラーメン屋に行って、ビール片手に食べるのも良いけど
やっぱり家のギョウザが一番だね。

いつもは、TV観て晩酌してる父さんも、この日ばかりは母さんと台所に立つ。
最近は、3歳になった甥っ子も「こうするの!」とか偉そう言いながら、ガンバって手伝ってる。

これがまたいい!

普段、19時から1時半位のバイトだと休憩中に「従食」なる物を夕飯代わりに食べるのだけど
今日はそれも我慢!

さらに、従食を食べても仕事が終わったあと、よく、近くの「ファミレス」に行くのですが

今日は一言
「ごめん、今日はギョウザだから」

さらに
「先に帰っていい?今日はギョウザだから」

もう家に帰るのが楽しくて…
コンビニによって缶ビールを買い(買い置きの発泡酒は今日は呑まない!)
家に着き、急いで風呂に入る。

「ありがとう、いただきます。」


こんな気持ち伝えたくて、こんなブログはじめます。



2006年04月28日21:02粋のいい魚屋のような?守衛のおっさん。

さーて、ブログどーなったかな?

『こんにちは、Yahoo!グループです。■メッセージを配信できません』

なんですと

Yahoo!グループの使い方がよく解っていませんでした

ラッキこれを機会に皆さんのブログをこっそり拝見

(((っ−_−)っ ソロリ ソロリ

タイトルに合わせてイメージは「空」。ぽちっ


『粋のいい魚屋のような?守衛のおっさん。』

昼の会社に出勤すると、門のところで守衛さんが、出勤者と夜勤明けの人を出迎えてくれる

守衛さんは何人か居るのだが、なんかボスみたいな人がいて、今日まではあまり好きではなかった

色黒の四角い顔濃いモミアゲ色の入ったメガネ一点を見つめ

「ぁよざいっ ぁよざいっ ぁよざいっ っかれさ〜」

なんのこっちゃ

いつもの僕は軽く会釈、おっちゃんの方も見ない

だけど今日は違う目を合わせ(色付きメガネを見て)

「はよ−ざいます」

するとおっちゃんは黒い顔から白い歯をニカッと出して 

「はよ−ざいます」

門を過ぎるとなんだか嬉しくなってきた

おっちゃんのニカッを思い出して遅刻しそうになりながら、僕もニカッとなってみた。


今日はこれから知り合いの店に顔を出してきます

最近PCの前にずっと居たもので…

『大阪に「コピー」の神髄を見た!』みたいな店です

どんな風に?   …それはまた後日 



2006年04月28日03:22はじめまして。創めました。

『スタート地点を探して、旅の途中』

自分の場所はここでいいのか?

自分は何がしたいのか?


将来の夢は?

「遊んで暮らす〜

「はぁ〜?」と思うかもしれませんがこれ最近まで普通に言ってました。

そのために何かしているかといえば、

していないし、方法も考えてない

「スタート地点を探して、旅の途中ってかんじかな〜」といって

人にも,自分にも格好つけて?ごまかしていました

マイナスだらけです。


大切な友人を通してある人と出会いました。

そこから多くの方々と出会いました。

みんなキラキラ輝いて見えました。

知らずに涙が出てきました。

僕も輝きたいと思いました。

さあ、創まりです。

出来ることから、簡単なことから

さあ、楽しくなってきました!


まず、一ヶ月後、自分に人にプラスになる様に!

一歩踏み出しところが、スタートライン!