December 23, 2011

AppInventor |Advent Calendar 2011

AppInventor Advent Calendar 2011

この記事はAppInventor Advent Calendarのエントリーのひとつです。

日本App Inventorユーザー会に参加しているのに、gabuさんの本も買ったのに作っていなかった私・・・。
このままだと、参加しているだけで、会員失格ですよね。

せっかく、Advent Calendar 2011に参加させていただきましたので、
本に書いてあるアプリを1個作ろうと思います。

題して、「本当に30分でAndroidアプリができるのか!!」
早速、検証してみようと思います。 作成したアプリは「4-5 Twitter自動投稿アプリ」です。
------------------------------------------------------------------------
結論から、、、TOTAL3時間ぐらいかかってしまいました。(T_T) 
実際のApp Inventorでの作業は、1時間もかかっていないです。
でも、Twittr認証とか、つぶやく内容とかで考えているうちにあっという間に時間がかかってしまいました。
ちなみに、実記でTestしてもエラーになったりして、まだこの時点で完成してないです。 

Twitter認証はOKになるのですが、実際につぶやかない・・・
一瞬、エラーメッセージ(英語)が出るのですが、すぐに消えて原因不明です。 


本どおりにやっているんだけどなー 何でだろう?

------------------------------------------------------------------------

Twitter認証した際に、

この連携アプリを認証しても、次の動作は許可されません。

・ツイートする。

と記載があって、え?ツイート許可されてないの?何故?となりました。 
調べたところ、どうやらTwitterの方で仕様変更があったみたいですね。
デフォルトはRead only のようです。。。

------------------------------------------------------------------------

twitter developers のページに行って

Home → My applicationsの

SettingsでApplication Typeを

Read only → Read and Writeへ変更

更新してみると、Consumer keyConsumer secre が変更されている!

これで、もう1回試そうと思います。
------------------------------------------------------------------------
できました! 初めてのアプリ完成です。良かったー  


稚拙な文章で、申し訳ありません。ここまで読んでいただいてありがとうございます。
App Inventor自体を知ったのが、11/26の「プログラミングレスAndroidアプリ作成ツール「App Inventor」入門と実践」という勉強会で、初めて参加してこんなに短時間で、楽しく、よくわからないプログラミング言語を書かずにアプリができるなんて・・・!! と大変感動しました。

それからまだ、身にはなっておりませんが、目標は、自分で考えたアプリを作ること!頑張ります。



harepoji at 00:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 10, 2011

六本木アートナイト2011

2009年、2010年と参加してきました「六本木アートナイト」。
2011年で3回目の参加となるか、はたして・・・?

六本木アートナイト2011

2011年3月26日(土)10:00 〜 3月27日(日)18:00
◎コアタイム 3月26日(土)17:57【日没】 〜 3月27日(日)5:36【日の出】
 
個人的に注目しているアーティストと簡単に各場所で行われる
プログラムをざっと、紹介します。(敬称略)

♪♪ 場所/注目アーティスト・プログラム ♪♪

◆六本木ヒルズ
 タムラサトル、チームラボ×高橋英明、池田光宏、泉 太郎
 
◎森美術館
 「フレンチ・ウィンドウ展:デュシャン賞にみるフランス現代美術の最前線」
MAMプロジェクト014:田口行弘
26日(土)24:00〜 入館料1,500→1,000円 朝6:00まで

◆東京ミッドタウン
 福本 歩他(アートラリーあり)@プラザB1F 他
 コ・フェスタ PAO アートナイトスペシャル@東京ミッドタウン・ホールA・B、芝生広場

◎サントリー美術館
 開館50周年記念「美を結ぶ。美をひらく。」
 夢に挑む コレクションの軌跡― 新収蔵品初公開と名品勢揃い
 3月26日(土)〜27日(日) 入館料1,000→500円 23:00まで

◎21_21 DESIGN SIGHT
 「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」展
 入館料1,000円 朝5:00まで 20:00以降入館でギフトプレあり
 
◎国立新美術館
 「アーティスト・ファイル2011―現代の作家たち」
 入館料1,000円→無料 22:00まで
 
 「シュルレアリスム展―パリ、ポンピドゥセンター所蔵作品による―」
 入館料1,500円 22:00まで
 
 「TOKYO ANIMA! 2011」若手映像作家のアニメーション作品の上映会
 26日(土)12:00〜21:30、27日(日)11:00〜17:00

時間が遅くなるのも嬉しいけど、割引・無料になるのはいいですね。

2010年は、
胞子ボールをもらったり、
白いバルーン人間が練り歩くパフォーマンス見たり
ミッドタウンで、Open Reel Ensembleのライブを楽しんだり
21_21のクリストとジャンヌ=クロード展で、ドキュメンタリー上映を観たりして、
一人でもけっこう、楽しんだなーという感じ。
深夜に旦那様とも合流し、富士山ビールも堪能。
その後、展望台にも行ったりしたら、あっという間に朝だった。

2009年は、
小さいギャラリーも廻りつつ、六本木ヒルズを中心に見たが、DJイベント会場のOPENに間違って並んでしまい、ちょっと浮いてた気がする。。。(ノд・。) グスン
http://blog.livedoor.jp/harepoji/archives/2009-03.html


harepoji at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 01, 2011

大阪・京都旅行♪

〜 大阪・京都旅行について、近日中にup予定 〜

harepoji at 13:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 27, 2010

男木島の火災

26日深夜のYahoo!ニュースにて
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100926-00000020-maip-soci


大岩オスカールさんの作品のあった建物も全焼。
男木島に着いて初めて見た作品だっただけに、ショックが大きい。

また亡くなられた方は、制作中に何度か様子を見にきてくれた鉄工所のおじいさんだったとのこと。ご冥福をお祈りいたします。

島の安全管理や、芸術祭の危機管理・今後の運営方法など課題がありそうですね。。。
人が島に押し寄せている状況なので、今後を見守りたい。

その他の作品については、28日より再開するようです。

「大岩島」のメイキングです。
すべてマジックで下書きナシで書いています。
http://www.youtube.com/watch?v=zr59vzndrcU

男木島 作品公開の再開について
http://www.setouchi-navi.jp/sfs/info1060.html
http://setouchi-artfest.jp/news/category/notices

大岩オスカールさんのHP
Newsにコメントを載せています。

http://www.oscaroiwastudio.com/


harepoji at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 25, 2010

瀬戸内国際芸術祭2010(直島編-2)

南寺で整理券を手に入れたので、ひと安心^^。
時間まで、家プロジェクトを見に行きます。

1.【B】はいしゃ→【A】角屋
瀬戸内 (224) 瀬戸内 (225)
デジタル数字が延々と明滅繰り返しながら1-9までカウントしている。
行き急いでいるより、ゆっくりめにカウントしている方が好き。

2.【5】 石橋/空の庭/ザ・フォールズ→【6】 碁会所

「千住 博」さんの特別展も見に行きたかったな。
東山魁夷せとうち美術館にて、9/26まで。

3.【C】護王神社
瀬戸内 (249) 瀬戸内 (250)
階段が氷のようで、おいしそうでした。(*゚▽゚*)
拝殿地下を見た後に、繋がっていることを確認すると、
また不思議な気持ちになってきます。

4.「maimai」で昼食
瀬戸内 (271) 瀬戸内 (270)
ロコモコとヨーグルト味のカキ氷をいただきました^^
お昼時は、どこのお店もいっぱいでした。

5.「百瀬 寿」さんの作品も置いてある商店へ立ち寄り。
瀬戸内 (274) 瀬戸内 (273)
銀座のギャラリーで個展を見たことがあり、気になっていた方です。
偶然にも直島で、作品を見ることができて嬉しかったです。
岩手県立美術館で企画展を開催中。

6.【D】南寺/バックサイド・オブ・ザ・ムーン

1度に入る人数は8名ほど。
暗闇に目を慣らすと・・・見えてくるもの。
いかに今まで光のある世界に支配されているかが判る作品。

7.目的達成♪ Cafeでまったりモードに(*´∇`*)
瀬戸内 (282) 瀬戸内 (283)
ガラスでできたお雛様がかわいい、ギャラリー兼Cafe「ひいな」にて。

8.農協前15:59→ベネッセ送迎バス→ベネッセハウス16:04

16:02発つつじ荘行きを乗る予定でしたが、宿泊専用送迎バスに乗車。
バスに乗る際は、特に宿泊かどうかの確認はされませんでした。

9.ベネッセハウス→ベネッセパークハウスへ移動。

鑑賞はツアーには、間に合わず。
ベネッセハウスパークとテラスレストランをつなぐ通路の作品だけ
見ることが可能でした。あとは屋外作品を鑑賞。

10.ブラインド・ブルー・ランドスケープ
瀬戸内 (287)

11.野外作品をいくつか見て、ベネッセミュージアムへ
瀬戸内 (296) 大竹伸朗「シップヤード・ワークス 切断された船首」
瀬戸内 (298) 大竹伸朗「シップヤード・ワークス 船尾と穴」
瀬戸内 (304) ウォルター・デ・マリア 「見えて/見えず 知って/知れず」

12.ベネッセミュージアム
瀬戸内 (313)
外に出ることもでき、眺めがサイコー♪
石の上で寝てるのも気持ちよかった。Aちゃんは爆睡してたw

<特に好きな作品>
●ジェームズ・タレル「ファースト・ライト 1989-90」
●ブルース・ナウマン「100生きて死ね」
●安田侃「天秘」
●柳幸典「ザ・ワールド・フラッグ・アント・ファーム」

13.ベネッセミュージアム18:28→つつじ荘18:32
つつじ荘18:39→町営バス→宮浦港18:51

14.直島(宮浦港)19:25→高速艇→高松港19:50

台風が近づいていて雨がパラパラから、ざあざあに。
インフォメーションセンター横のCafeがある建物で船が来るまで待機。
高速艇乗り場へ行く前に、寄り道を ↓
瀬戸内 (317)
「I湯」がライトアップしてました

15.夕食は高松市内の居酒屋へ。3人で飲んで食べて3,000円台、安い!!

○●○●○●○●○ 直島 のれんコレクション ○●○●○●○●○

瀬戸内 (229) 瀬戸内 (231) 瀬戸内 (230)
瀬戸内 (258) 瀬戸内 (240) 瀬戸内 (238)
瀬戸内 (239) 瀬戸内 (242) 瀬戸内 (243)
瀬戸内 (244) 瀬戸内 (278) 瀬戸内 (266) 
瀬戸内 (259) 瀬戸内 (261) 瀬戸内 (282)
瀬戸内 (265) 瀬戸内 (260) 瀬戸内 (281)

※岡山県真庭市勝山町在住の染織家 加納容子さんが
直島のれんプロジェクトの際に制作したとのこと。
勝山でも、見れるそうです。いつか行ってみたいなあ・・・

*memo*
---------------------------------------------------------------------
ベネッセ内の屋外/屋内作品は、ベネッセミュージアム等に置いてある
  地図に詳細が載っています。
ベネッセアートサイト直島鑑賞者用シャトルバスの時刻表は、
  宮浦港で手に入ったと思います。
  直島の地図と町内バスの時刻表も記載あり。
---------------------------------------------------------------------

リンク:ベネッセアート直島


瀬戸内国際芸術祭2010(直島編-1)

瀬戸内国際芸術祭2010(豊島編-1)
瀬戸内国際芸術祭2010(豊島編-2)
瀬戸内国際芸術祭2010(豊島編-3)

瀬戸内国際芸術祭2010(犬島編-1)
瀬戸内国際芸術祭2010(犬島編-2)
瀬戸内国際芸術祭2010(犬島編-3)

瀬戸内国際芸術祭2010(男木島編)
瀬戸内国際芸術祭2010(女木島編)



harepoji at 19:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) art