May 28, 2017

パンのお供ふたつ。

よつ葉 発酵バター

普通の四角い紙箱のバターより割高ですが、柔らかくて冷蔵庫から出してすぐでも塗りやすい。そしておいしい。

以前、フランス土産のボルディエのバターを分けていただいて、美味しさに衝撃を受けましたが、カルピスもエシレもたべたことがありません。

私にとっては発酵バター自体が贅沢でした。トラピストの丸い缶入りや、小岩井の瓶入り。おいしいとは思っても、なかなか手を出せない。

この製品が出てからは気軽にたべられるようになってうれしいです。


アヲハタ 国産鶏のチキンレバーペースト

バルナバのレバーペーストより、塩分がマイルドな気がする。
また、量が少ないためカビる心配が少ない。すぐなくなる。
バルナバのはしょっぱいので少しずつ使うのですが、うっかりするとカビが…

ローマイヤ(大好き!)や明治屋のは近所に売っていません。





pindotharianamizutama at 08:00│コメント(0)gohan │

May 23, 2017

カフェ ランバン
火事のあと、復活してよかった。
(2017年2月)

ランバンもすっかり老舗になりましたが、ここに来るとどうしてもサラを思い出します。
サラはパンケーキのお店。札幌では元祖…かどうかは不明ですが。パンケーキといえばサラ、サラといえばパンケーキ、みたいな。


さてランバン
「二階席、空いてますか?」
と訊いてから、階段を上がります。

(一階は喫煙可、二階は禁煙で一階より空いているのです)


雰囲気は変わらず。
シンプルで大人っぽい内装。
珈琲に泡の絵を描かないタイプの
自家焙煎珈琲やさん。
ブレンドのほかストレート珈琲もたくさんの種類があります。

そういえば麝香猫のアレもあります。高級な…一杯2000円でも安いほうらしいですよね。

この向かいの友人に話したら、(ランバンではないですが)飲んだことがある、と聞いて驚きました。
とても美味しかったそうです。

アレの生産システムが今ひとつ謎です。
野生の麝香猫がそうそう珈琲豆を口にするのか。笑
といって、麝香猫を家畜にし、毎日メインの餌として珈琲豆を食べさせた場合、健康に問題が生じるのではないのか。

ま、その話はいいとして。

テーブルにいる、赤い鳥の砂糖入れも変わらず。久しぶりだね〜。会えてうれしいよ。
(新調したのかもしれませんが、同じデザイン)

ケーキセットのドリンクはブレンドか紅茶のみ。(ミルクティーはセットになりません) 930円。

珈琲やさんですが、私は紅茶で。
アラビアのカップ&ソーサーが少し意外でした。

オレンジケーキが残念ながら売り切れだったのでチョコレートシフォン。
友人はチョコレートくるみ。ほかにレアチーズがあります。
しつこいようですがここではオレンジケーキが好きです。何年もたべてないのにいいますけど。

軽食はトーストぐらいで、純粋に珈琲を楽しむお店です。でも紅茶ですみません。
雑誌の種類もありますし、ひとりでも静かな時間を楽しめると思います。

カフェ ランバン (CAFE RANBAN)のサイト
           ↓




pindotharianamizutama at 08:00│コメント(0)oyatsu | cafe

May 19, 2017

新さっぽろ サンピアザ一階の
倉式珈琲店

なぜかオープンの日に入りました。
(2016年冬)

当然ながら非常に混んでいました。
それでもお店の方がみなさん笑顔で、とても感じがよかったです。

新さっぽろ副都心(と言い張っているが、琴似や北24条のほうがよっぽど賑わっている…)、商業施設の規模のわりに喫茶は少ない(あることはあるけれど、宮越でも狭かったり…) ので新しい喫茶が増えてうれしいです。
内装も落ち着いた雰囲気でした。
というわりに、この一回しか入っていない。
広いお店なのに、いつも混んでいて…

いちごミルクスムージー
こういうメニューがあるとうれしい。
珈琲店だけど。


紅茶はもちろん、ゆず茶、ミックスジュース、レモンスカッシュ、ミルクセーキソフトクリームのせ、など珈琲以外のメニューもとても豊富でした。

パンのファミレス、サンマルクの系列店なんですね。
道理でパンのメニューもとてもたくさんあり、おいしそうでした。実際分けてもらってたべて、おいしかった気がするのですが、メニューは覚えていません。
自分で注文してないと覚えてないですね。玉子サンドかなあ。

(連れの)珈琲はミニサイズのサイフォンとカップが一緒に出てきました。それがここの売りらしい。

注ぎ方が謎で、お店の方に注いでもらいましたよ。お手数おかけしました。

やり方をみてもちょっと怖かったので(不器用なもので…盛大にこぼしそうです)自分ではやりたくないです。

倉式珈琲店のサイト
              ↓


pindotharianamizutama at 08:00│コメント(0)cafe │