June 05, 2017

新さっぽろのふわもちさん。
ベーグルもドーナツもおいしいお店。

いつも持ち帰りですが
たまたまイートインでサンドイッチをたべたとき


新札幌に行くとつい無印に寄って何か買っている。

サンドイッチもおいしかったですが
(パンも具もおいしい)
飲むヨーグルトもとてもおいしくて驚きました。

新札幌乳業 (流石!牛乳やチーズもおいしいと思います)

北海道で採れた
赤・緑・黄 野菜11種と
生乳で仕上げた
のむヨーグルト


(ちょっと高い
でもおいしい!)

しかし
いくらなんでも
名前が長過ぎると思います。笑
省略する気にもならない。

もっと覚えやすい名前をつければいいのに!
(素人考えですみません)



ドーナツやベーグルと共に、ヨーグルトもテイクアウトできます。
ふだんドリンクタイプのヨーグルトを飲まない(割高に感じるから) のですが、
近所のスーパーではどこにも置いていませんでした。
デパートにはあるようです。


ドーナツはミルクティーと一緒でももちろんおいしいです。

メニューが膨大で迷いますが
豆乳きなこドーナツがきなこドーナツより好きだ、と思いました。
プレーンやみるくも好きです。

あと、ベーグルは大人チョコ、好きです。
どれもおいしくていつも感心しますが
ほかにもおいしいのがたくさんあるんでしょうね。
ほんの一部しかたべたことがないのですが、つい同じのを買ってしまうので。



なお、このヨーグルトですが
ふわもちさん。サイトのメニューには
あっさりと

野菜の飲むヨーグルト

になっていました。

そして野菜抜きのは

のむヨーグルト

(いいけどほら!表記の揺れが!
漢字とひらがな!
揃えて!気になるから!)

しかし

野菜ののむヨーグルト

と書くと、
確かに(の)が多く感じる。
漢字のほうが読みやすいのです。
じゃ、シンプルなほうを

飲むヨーグルト

にすればとも思いますが。



私自身の文章も表記の揺れが相当多いんですけどね。かなりいい加減。
自分のことはすぐ棚に上げますね。
ごめんなさい。

でもね

ヤクルト
カツゲン
カルピス
リボンシトロン

みたいに
覚えやすくて発音も表記も簡潔明瞭な名前のほうがよくない?


岩塚製菓の製品も多くがこんな調子の名前で、いつもモヤっとしてるんですけどね。近いものを感じる。

私の好みの問題なんですが
せっかくいい商品なのにもったいないと思ってしまう。



ふわもちさん。
一見簡易的なコーナーにみえて、さりげなくいい感じの雰囲気作り

そして、おいしいドリンク
(ジュース類もなんだかおいしそうなのを揃えている)

いいお店だなあと思います。

(紅茶はないけどね!)




pindotharianamizutama at 08:00│コメント(0)oyatsu | cafe

May 28, 2017

パンのお供ふたつ。

よつ葉 発酵バター

普通の四角い紙箱のバターより割高ですが、柔らかくて冷蔵庫から出してすぐでも塗りやすい。そしておいしい。

以前、フランス土産のボルディエのバターを分けていただいて、美味しさに衝撃を受けましたが、カルピスもエシレもたべたことがありません。

私にとっては発酵バター自体が贅沢でした。トラピストの丸い缶入りや、小岩井の瓶入り。おいしいとは思っても、なかなか手を出せない。

この製品が出てからは気軽にたべられるようになってうれしいです。


アヲハタ 国産鶏のチキンレバーペースト

バルナバのレバーペーストより、塩分がマイルドな気がする。
また、量が少ないためカビる心配が少ない。すぐなくなる。
バルナバのはしょっぱいので少しずつ使うのですが、うっかりするとカビが…

ローマイヤ(大好き!)や明治屋のは近所に売っていません。





pindotharianamizutama at 08:00│コメント(0)gohan │

May 23, 2017

カフェ ランバン
火事のあと、復活してよかった。
(2017年2月)

ランバンもすっかり老舗になりましたが、ここに来るとどうしてもサラを思い出します。
サラはパンケーキのお店。札幌では元祖…かどうかは不明ですが。パンケーキといえばサラ、サラといえばパンケーキ、みたいな。


さてランバン
「二階席、空いてますか?」
と訊いてから、階段を上がります。

(一階は喫煙可、二階は禁煙で一階より空いているのです)


雰囲気は変わらず。
シンプルで大人っぽい内装。
珈琲に泡の絵を描かないタイプの
自家焙煎珈琲やさん。
ブレンドのほかストレート珈琲もたくさんの種類があります。

そういえば麝香猫のアレもあります。高級な…一杯2000円でも安いほうらしいですよね。

この向かいの友人に話したら、(ランバンではないですが)飲んだことがある、と聞いて驚きました。
とても美味しかったそうです。

アレの生産システムが今ひとつ謎です。
野生の麝香猫がそうそう珈琲豆を口にするのか。笑
といって、麝香猫を家畜にし、毎日メインの餌として珈琲豆を食べさせた場合、健康に問題が生じるのではないのか。

ま、その話はいいとして。

テーブルにいる、赤い鳥の砂糖入れも変わらず。久しぶりだね〜。会えてうれしいよ。
(新調したのかもしれませんが、同じデザイン)

ケーキセットのドリンクはブレンドか紅茶のみ。(ミルクティーはセットになりません) 930円。

珈琲やさんですが、私は紅茶で。
アラビアのカップ&ソーサーが少し意外でした。

オレンジケーキが残念ながら売り切れだったのでチョコレートシフォン。
友人はチョコレートくるみ。ほかにレアチーズがあります。
しつこいようですがここではオレンジケーキが好きです。何年もたべてないのにいいますけど。

軽食はトーストぐらいで、純粋に珈琲を楽しむお店です。でも紅茶ですみません。
雑誌の種類もありますし、ひとりでも静かな時間を楽しめると思います。

カフェ ランバン (CAFE RANBAN)のサイト
           ↓




pindotharianamizutama at 08:00│コメント(0)oyatsu | cafe