March 2004

March 31, 2004

眠い一日。ほとんど眠っていた。

いといせいこう・みうらじゅん共著「見仏記」を読む。共著と言ってもいとうせいこうが文章で、みうらじゅんはイラストレポ。面白いが密度が濃いので少しずつしか読めない。新美敬子「旅猫」。世界の猫を写真と文章で記録。文庫版解説は「負け犬」(という紹介もなんだが)酒井順子(猫好き)。猫にもいろいろある。仏像に会う旅、猫に会う旅、旅にもいろいろ。

仙台のyちゃんに手紙を書いた。桜のレターセットなので筆ペンで。(セーラーの蒼いインク。書きにくい。やっぱ筆ペンはぺんてるだな。)投函は明日。

今日の音楽。Liz Phair「whitechocolatespaceegg」

今日のおやつ。煎茶味メレンゲ。トリュフチョコ(プティショコラの。1個残ってたのを発見)。玄米茶。

at 01:14│コメント(0)トラックバック(0)

March 30, 2004

札幌は今やラーメンの街改めスープカレーの街らしいです。

ご存じの方も多いでしょうがスープカレーは普通のカレーとは違います。インド風の(ナンとかラッシーとかサモサのある)カレー屋さんの、しゃぼしゃぼしたカレーより、もっとスープっぽい。コンソメにうんとカレーのスパイス入れて鶏の足と野菜がごろんごろんと入ってるところを想像してください。ご飯とともに頂きますが、スプーンにご飯をすくって、それをカレーにくぐらせてもいいし、カレーをご飯にかけてもいいし、別々に食べてもいいし、それらを併用してもいいです。

最近開店するカレー屋はほとんどがスープカレー屋みたい。

でもどちらかというと私は普通のカレーのほうが好きです。スープカレーでもインド風のしゃぼしゃぼに近いタイプもあって、そういうのなら良いんだけど、ほんとにスープっていうのはちょっとねえ。でも私が辛いもの苦手なせいかも。

ここは夜遅くまでやってるバー兼スープカレー屋。昼営業はなし。

結構美味しかったです。私はチキンで辛さ10番。(一番辛くない)友人はフィッシュフライで20番。20番でも結構辛いようです。それを越える辛さ希望だと辛さに応じて100円、200円とかオプションになります。またトッピングもいろいろあります。

名前はスープカレーだけど、カレーコンソメ風じゃなくある程度濃度があります。でも量は少な目で(ご飯も少な目)900円。ちょっと高いかな。夕食としてお腹一杯にはならないので、「締めにラーメン」でなく「締めにカレー」にいいのかな。カレー屋さんは遅くまでやってるお店が少ない(8時閉店が多い。人気のある店はもっと早く閉まったり)ので貴重な存在ではあると思います。

レゲエとダブがずっとかかっていてお店もインド風でなく南国風。チープですが居心地はいいです。ラッシーとラッシー風カクテルの種類がたくさんある。美味しかったです。

「仏太のカレー修行」修行場(ア行「ALOALO」)→クローバー

「樺沢紫苑の辛口カレー批評」→クローバー
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「SOUPCURRY & BAR ALO ALO(アロアロ)」
札幌市中央区南3条西3丁目サンスリービル9F
電話011-232-0533
18:00-27:00

at 13:04│コメント(0)トラックバック(0)gohan │
見た目も味も上品で綺麗なケーキのフランス菓子屋さんのカフェコーナー。

徒歩圏だけど普段は通らないあたりなんでなかなか機会もなく。噂では相当美味しいとも、スパイス使ったお菓子が多くて札幌のケーキ屋としては実験性が高いらしいとも聞きます。でも美味しいものに詳しい友だちもお勧めって言ってたし。

赤い日よけが可愛い店構え。カフェコーナーも小さいながら良い感じです。ケーキ屋さんのカフェコーナーのテーブルにしては大きし、雑誌や写真集もあるので一人で来てもゆっくりできそう。ガラステーブルなんで音が気になるけど。ガラスと白と赤で綺麗にまとめてます。スタッフの方も感じよかったです。

ケーキの種類は少ないです。日曜の4時だから。早めに来ないとなくなるみたい。小さめで400円くらいなので札幌の相場としては少し高め。でも手が込んでるし頂くと納得です。味も濃厚なのでこの大きさが限界だな。

私は一番人気という「ディルノワール」を、同行の友人は焼きチーズケーキを頼みました。ショーケースから選んだケーキ1個をフルーツとアイスの盛り合わせにして、コーヒー2杯つきで880円(だったような気がする)。私は紅茶と盛り合わせにしました。紅茶だとカップ1杯だけなの。飲み物単独だと280円くらいだったかな?

ディルノワールは一見チョコムースにチョコが載ってるように見えて食べると違う。下がずっしり重いガトーショコラで飾りみたいなチョコが生チョコ(ふんわりではなくねっとり)。で、ほんのり香草(ディル)の香り。気に入りました。味見させてもらったチーズケーキもかなり美味しい。木の実が焼き込んである。ただし大人っぽいケーキが多いし子どもには勿体ないなあ。でもこれ、子どもに人気あるんですって。贅沢な。子ども向けのお誕生日ケーキなども頼めば作ってくれるようです。

こちらのパティシエはもともとフレンチのシェフだったそうで、お料理教室や一日一組予約限定のディナーなども開催しています。サラダ、スープ、キッシュはテイクアウトもできるしカフェでいただくこともできます。種類は少ないですが。(日替わり)

詳しいレポ→クローバー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「Le Sucre (ル・シュクレ)」
札幌市中央区南2条西25丁目
電話011-640-6699
11:00-20:00 水曜不定休

at 12:04│コメント(0)トラックバック(0)cafe │