カフェ

May 23, 2017

カフェ ランバン
火事のあと、復活してよかった。
(2017年2月)

ランバンもすっかり老舗になりましたが、ここに来るとどうしてもサラを思い出します。
サラはパンケーキのお店。札幌では元祖…かどうかは不明ですが。パンケーキといえばサラ、サラといえばパンケーキ、みたいな。


さてランバン
「二階席、空いてますか?」
と訊いてから、階段を上がります。

(一階は喫煙可、二階は禁煙で一階より空いているのです)


雰囲気は変わらず。
シンプルで大人っぽい内装。
珈琲に泡の絵を描かないタイプの
自家焙煎珈琲やさん。
ブレンドのほかストレート珈琲もたくさんの種類があります。

そういえば麝香猫のアレもあります。高級な…一杯2000円でも安いほうらしいですよね。

この向かいの友人に話したら、(ランバンではないですが)飲んだことがある、と聞いて驚きました。
とても美味しかったそうです。

アレの生産システムが今ひとつ謎です。
野生の麝香猫がそうそう珈琲豆を口にするのか。笑
といって、麝香猫を家畜にし、毎日メインの餌として珈琲豆を食べさせた場合、健康に問題が生じるのではないのか。

ま、その話はいいとして。

テーブルにいる、赤い鳥の砂糖入れも変わらず。久しぶりだね〜。会えてうれしいよ。
(新調したのかもしれませんが、同じデザイン)

ケーキセットのドリンクはブレンドか紅茶のみ。(ミルクティーはセットになりません) 930円。

珈琲やさんですが、私は紅茶で。
アラビアのカップ&ソーサーが少し意外でした。

オレンジケーキが残念ながら売り切れだったのでチョコレートシフォン。
友人はチョコレートくるみ。ほかにレアチーズがあります。
しつこいようですがここではオレンジケーキが好きです。何年もたべてないのにいいますけど。

軽食はトーストぐらいで、純粋に珈琲を楽しむお店です。でも紅茶ですみません。
雑誌の種類もありますし、ひとりでも静かな時間を楽しめると思います。

カフェ ランバン (CAFE RANBAN)のサイト
           ↓




pindotharianamizutama at 08:00│コメント(0)

May 19, 2017

新さっぽろ サンピアザ一階の
倉式珈琲店

なぜかオープンの日に入りました。
(2016年冬)

当然ながら非常に混んでいました。
それでもお店の方がみなさん笑顔で、とても感じがよかったです。

新さっぽろ副都心(と言い張っているが、琴似や北24条のほうがよっぽど賑わっている…)、商業施設の規模のわりに喫茶は少ない(あることはあるけれど、宮越でも狭かったり…) ので新しい喫茶が増えてうれしいです。
内装も落ち着いた雰囲気でした。
というわりに、この一回しか入っていない。
広いお店なのに、いつも混んでいて…

いちごミルクスムージー
こういうメニューがあるとうれしい。
珈琲店だけど。


紅茶はもちろん、ゆず茶、ミックスジュース、レモンスカッシュ、ミルクセーキソフトクリームのせ、など珈琲以外のメニューもとても豊富でした。

パンのファミレス、サンマルクの系列店なんですね。
道理でパンのメニューもとてもたくさんあり、おいしそうでした。実際分けてもらってたべて、おいしかった気がするのですが、メニューは覚えていません。
自分で注文してないと覚えてないですね。玉子サンドかなあ。

(連れの)珈琲はミニサイズのサイフォンとカップが一緒に出てきました。それがここの売りらしい。

注ぎ方が謎で、お店の方に注いでもらいましたよ。お手数おかけしました。

やり方をみてもちょっと怖かったので(不器用なもので…盛大にこぼしそうです)自分ではやりたくないです。

倉式珈琲店のサイト
              ↓


pindotharianamizutama at 08:00│コメント(0)

May 04, 2017

また季節外れ。
桜が満開というのに雪の写真です。
2017年2月
喫茶つばらつばらに初めて入ったとき。

お店のブログ
            ↓


三誠ビルという大正時代からある素敵な建物の一階です。つばらつばらの入口は正面ではなくお勝手口のようにひっそり。


歴史を感じさせる面格子も素敵ですね。


古風な店名通り、静かで落ち着いた雰囲気の小さなお店でした。初めてなのに、昔からお馴染みみたいな。ほっとします。本もたくさんあります。


看板メニューの
プリンアラモードセット
のみものは温かい紅茶にしました。


プリンアラモード
たべるのは何十年振りかな。
パフェに比べると珍しいメニューになりましたよね。
レモンスカッシュやミルクセーキと並んで。クリームソーダはもう少し生き残っているかな。

懐かしい舟形の器に、おいしいプリンとアイスクリーム、フルーツと生クリーム。缶詰の桃やパイン、桜桃が入っていたと思います。レトロな雰囲気出てますね。生のフルーツはキウイとバナナあたりだったかな?(時間が経って覚えていません…) 写真はうまく撮れませんでしたがおいしかったです。

でも記憶の中のプリンアラモードとは何かが違う。
私の幼少期にはキウイが入ってなかったと思います。(当時はまだキウイが一般的ではなかった) 


そしてもうひとつ

写真をみていてやっとわかりました。
生クリームです!

昔のは、もっと固く立てて絞り金の筋がついていましたね。立てすぎてボソボソしていることもありました。

八分立てなどのとろっとした生クリームをケーキやデザートに添えるようになったのは、シフォンケーキやガトーショコラが出てきてからで、それまでは見かけなかったのです。

でも今風の、緩めクリームのほうがおいしいですね。

お茶がポット出しなのもいいですね。
気になるメニューもたくさん。
ぜひまた行ってみたいです。


pindotharianamizutama at 08:00│コメント(0)