ブログ

April 19, 2017

ライフスタイル
という本を読んだのは随分昔

萩原朔美のエッセイでした。

萩原朔美の母は萩原葉子、祖父は朔太郎
(どちらもすごく大変そう)

朔美さんは力が抜けて飄々としてるのが素敵だな

とずっと思っていました。
映像作家、「毛皮のマリー」の美少年、天井桟敷…などではなく、ビックリハウスの編集長(初代)として知ったので。

この本でいちばん印象的なのは
萩原朔美の家が(近所が、かもしれない)火事になり、逃げるときに煙草をくわえて火をつけた
というところです。

想像しただけでもドキドキします。
炎、煙、住人と野次馬の声
消防車のサイレンとランプ

慌てないのか!
いくらなんでも余裕ありすぎだろう
飄々レベルじゃない

見る目が変わりました。 

もちろんフィクションかもしれません。

ライフスタイル
萩原朔美
火事
煙草



ライフスタイルブログ
というカテゴリでいつも思い出します。

手元にない本なので、記憶違いだったらすみません。
本人撮影の写真もよくて、
瀟洒な装丁(調べたら串田孫一さん)でしたね…もう絶版でした。

二十代だった朔美さんがもう70歳で、多摩美を定年退職して名誉教授だなんて

そりゃ私も歳をとるはずですね。





pindotharianamizutama at 08:00│コメント(0)