円山

April 13, 2017

円山の和食店、四季匠 鎌(れん)
こじんまりしたいい感じのお店です

ゆっくりお昼を楽しみたいときに



昼定食  
いくつかあるうちの日替わり

(見た目のためだけにパプリカやトマトやブロッコリーを使わなくてもいいよね!)
と最近とみに思います


色鮮やかなものを(無理に)入れなくても
派手にしなくても
さりげないうつくしさに惹かれます

落ち着く

運ばれたお膳を前に
(これは絶対おいしいよね!)と思う
一目で丁寧さが伝わります

そして口に運ぶとやっぱり
全てのお皿がおいしいというこの充実感ね

「こういうお料理が一番たべたいよねえ
そういう年齢なのかなあ?」
と、久々に会った友人(同世代)もしみじみと言ってましたね

同感です
できれば毎日こういうの、たべたい いろいろ無理だけど

年齢…それも否めませんが 笑


でも中華も揚げものもビストロ料理も好きだけどね!
(基本、油脂と塩、砂糖の組み合わせがおいしいと思ってます 時代に逆行してる)


お店は居酒屋さんというより和食屋さん(大人のお店感)だけどよそゆきでなく気軽な雰囲気(ランチの場合)

お料理もとても綺麗だけど豪華さや目新しさ、意外性はないんですよね

安心感と満足感、パーフェクト
家庭ではこの上品さは出せないな
プロフェッショナルの技


夜も行ってみたいものです

(写真は2016年秋かな?)




ところで
このブログ、文体がその日によって変わったり、句読点の句点( 。)を入れたり入れなかったり、試行錯誤してます

読みにくいかな?

PCでなくスマホで書くようになってからなかなか調子がつかめないまま

数年離れていたので仕方ないか




pindotharianamizutama at 08:00│コメント(0)