2017年10月17日

おはようございます。院長のいちろうです^^
秋の長雨が長くて困りますね。
雨と同時に気温もぐっと下がりました。
喉風邪や発熱している人も多いですね。


さて、今日は中学生2年生が
たまたま手に取った山元先生の著書を読んで、
YNSAを知ってから、ご来院してくれました。
(当院は僕も含めて、YNSAの会員は
 副院長の篠崎も二人いる珍しい治療院です。)

中学生2年生は「種子骨障害」になって
痛みのために、歩けなくて不登校気味に。

種子骨障害はこちらをご参照ください。
http://kotoseikeigeka.life.coocan.jp/shushikotu.html


もともとバトミントン部。

激しいスポーツはできなくなり、
歩くのも辛くなったので、整形外科を受診。

インソールを装着していましたが、
初診時は「踵」だけでペンギンのように歩いて、
YNSAの治療する椅子にまで移動してました。

そして僕らにとって、
「中学生2年生」がYNSA~!?と、
予約を頂いた時は驚きました。

YNSAの本をしっかり読まれてからの来院。
治療の説明を理解するのも早い早い^^

インソールを装着しても痛みで登校できません。
少しでも痛みが無くなって、早く登校したい。

と、懸命に自分の口で健気に要望を訴えました。
刺鍼時の痛みも気にならない様子で初診は終わり、
痛みが7割減った!足を付ける!!と、凄い喜んでいました^^

それから3日後の2診目で痛みは5割減を維持。
これならば!手応えがあります。

それからは治療する度にドンドンと痛みは減り、
いつも一緒に来院されるお母さんからは

この間!サッカーをしていたんです!!
本当にありがとうございます!

と嬉し泣きを頂戴しました!
僕らもとても嬉しかった^^

中学生2年生が真摯に痛みと治療に向き合っています。
その痛みを取る手段は従来の整形外科的アプローチを
することも当院では可能です。

でもそれを選択せずに
YNSAを選択する中学生2年生。

大人でも敬遠しがちなYNSAを
中学生2年生が受けている事実に
僕らも大きな臨床経験を頂きました。

次は部活に復活するためにリハビリ兼ねて、
あと少しの治療を継続をしています。


hariichirohariichiro at 07:44│コメント(0)

2017年10月11日

おはようございます。院長のいちろうです^^

連休中から夏に逆戻りの陽気になりましたね。
寒い冬よりも夏のような
暖かいよりも暑い方が好みなのですが、
体調を崩しやすいので注意しています。


先日、ある患者さんから教えて頂いた『ある観点』があるので、
この場で共有したいと思いました。
是非読み進めてください。

それは時差ボケについてです。

患者さんは70歳前後ですが、
リタイア後の余生として
年間4回の海外旅行に行かれています。

ご夫婦で行き始めていましたが、
時差ボケを修復するのに、偉い労力を要する。浪費するから年間1回でいいかなと。先日の治療の際にポロリと。

なるほど。確かに時差ボケは経験ありますが、辛いですよね。体調を崩しやすくなります。

話は進んで、
現地に行って調節する。これは老人の体力でもなんとかなる。

でも必ず帰国するから、
もう一度時差ボケを調節する。

この時が危険…。調節するのに
大変な体力を消耗するから
体調を崩してしまいやすい。

更に話は展開していき、
気候も一緒。

今回のように冬のように寒くなった日が2、3日続くのは問題ない。
このまま、寒いままなら体調を崩すことは少ないけれど、

また夏のように熱くなると、もうシンドイよね。
若い頃は感じないけど、この歳になると辛さを感じるし、体調を崩す。

さすがに2回続く大きな変動は
身体に応える…と。


その時期から
ぎっくり腰やヘルニアによる坐骨神経痛、それに風邪をひいたなどなど、
患者さんが急増しました。

また寒くなる、長雨が降る…
などの変化に身体が対応できない…。
体調を崩す。症状が出始める…。

若い世代だと感じにくいことを
教えて頂けたことに感謝です。

日頃の臨床はまさにリアルで、
患者様はまさに教科書・バイブルです。


日頃やっている養生法は
お風呂にしっかり浸かる
ストレッチをする

手洗いうがいをする
特に起床時のうがいはお勧めです。

長袖を寝る時に着用する
睡眠時間の7時間の確保

これに有酸素運動が出来れば完璧です。

最近は運動不足で睡眠不足…。
更に気をつけないと。

素敵な秋を満喫する。
そんな季節の変化に対応するのが、
季節を旬を楽しむ秘訣ですね。
筑波山神社の鳥居です


hariichirohariichiro at 08:19│コメント(0)

2017年10月01日

おはようございます。院長のいちろうです^^

早いもので、もう10月ですよ!
あと3ヶ月で2017年が過ぎてしまいます。

まだまだという人
まだ?10月なの?という人
もいるかもしれません。

感覚的に長短はあるやもしれませんが、
残り3ヶ月というのは変わりません。


今日は臨床や健康についてではないのですが、
毎月初日にやっていることを書きます。

それは『朔日参り』です。
毎月初日に氏神様にご挨拶と
先月の感謝を伝えに行きます^^

先ほど、当院の氏神様の
登戸神社(登渡神社)様と

自宅の氏神様である検見川神社様に
ご挨拶と御礼を申し上げに行きました。

朔日参りはかれこれ、何年やっているのでしょう。
とても清々しい気持ちになりますので、
是非お勧めです^^


そして、今朝は日曜日で休診日ということもあり、
登戸神社(登渡神社)様から
検見川神社様までジョギングしました。

珍しくGoogleマップの云われる
ルートを初めて走りました^^

徒歩での検索ルートですから、
途中、とんでもない道を通らせるので、
ご近所の方に不審がられてしまいましたよ。

毎日毎日、同じことの繰り返しですよね。
たまには違うことをしてみると
脳の活性化に繋がるなぁ〜と実感しました^^

今朝はとても清々しい秋晴れです。
気持ち良い空気に包まれて初日が迎えられ、
今月も素敵な1ヶ月が始まることでしょう。


hariichirohariichiro at 08:26│コメント(0)

2017年09月23日

おはようございます。院長のいちろうです^^

これから札幌に向かう
航空機へのバスに搭乗しました。
これから新千歳空港へ向かいます。

あいにくの雨模様ですが、
安全な空の移動を期待しています。


さて本日は祝日なので、
休診日となっております。

また25日月曜日は臨時休診
となっています。


当院は三連休となります。

すでにご存知の患者様もいますが、
急患やこの雨で体調が悪くなった…
という患者様には
大変ご迷惑をおかけしますが、
よろしくお願い致します。

26日火曜日からは通常通り、
精一杯治療させて頂きます。
 
素敵な連休をお過ごしください^^



hariichirohariichiro at 08:42│コメント(0)

2017年09月20日

おはようございます!院長のいちろうです^^

台風のため三連休の中日が雨となりましたが、素敵な三連休となったでしょうか。
僕は一泊二日の広島・宮島・厳島神社の旅が
18日のみの日帰り強行スケジュールとなりました!
行くまではかなり心配でしたが、
なんとか行けて、
しかも満喫してきたので、
大満足の旅行でした^^

次回は家族と一緒に行ってみたいです^^


さて、今日はお伝えしたいのが、
【交通事故に備える準備】
の価値ある情報の一つです。

前回の交通事故のあるある話の最後に
次回お伝えしたいことの予告をしました。

交通事故に遭う前というと
不適切な表現…と思われた方もいるやもしれません。
しかし、交通事故に遭わない・起こさないとは
絶対に言えない!と思いますので、
遭った時のもしもの準備は不可欠と考え
からのご提案とご紹介です。
(長文になりましたが、是非ご一読を)

何故なら!
交通事故治療は当院にお任せして頂ければ、
事故に遭われた患者さまの精神的・肉体的な
フォローアップとバックアップ体制が整っていますから
1日も早い回復が期待できます。

そして当院の存在とは別に
精神的なフォローアップしてくれる重要な要素として、
確かな存在が必要になってきます。

それが!
『交通事故に特化(専門)している弁護士』です!!

え?弁護士!?と思われた方もいるやもしれません。

面倒臭さや大袈裟な!とか思われた方
そんな費用ないわ!と言いたい方
そんな弁護士の知り合いが居ない方

はこのまま読み進めてください。


事故後は精神的に落ち着かない、
不安や心配事で頭がいっぱいになり、
適切な思考が出来ないことが多いです。

その時に不親切な保険会社や医療機関から
言われるがままの対応を取ると
ご自身に不利益な対応となることが
とても多いのです。

当院のおいても交通事故に対して充分なアドバイスは可能ですが、
極レアなケースや詳細な知識は
交通事故を専門に取り扱っている
弁護士には残念ながら到底及びません。

逆に交通事故を専門に取り扱っている
弁護士にお任せしてしまえば、

弁護士さんとのやり取りだけで
保険会社との面倒なやり取りをしなくて済みますし、
弁護士さんからの手続きだけをすれば問題ありません。

そして簡潔にスムースに展開して
治療に専念できますので、
あちこち訊いたり、頼ったりしないので、
大袈裟にもなりません。


え〜〜、でもそんな費用もないわ!
という方は、これを準備してください。

まずはお手元の交通事故に関する保険や
火災保険や傷害保険などの保険証書を
確認してください!【これ重要です!】

このブログを見たら即確認・Checkです!
後ででいいや…と言っていると忘れて
後悔しますので、絶対に今です!

それは『弁護士特約』
に入っているかを確認してください!!
僕はすぐに確認したところ、
知らないうちに弁護士特約を付けていましたので、とても安心しました。

この特約で弁護士に支払う費用は
ほとんど賄えますので、安心して依頼できます。
(賠償額の大きな裁判となると特約以上の費用がかかるようです。
弁護士費用でご心配でしたら、
弁護士を依頼する時にご確認すると安心ですね)

で!ここでもう一つ重要なことを話します。
どの弁護士でもこの特約は今のところ使えるはずです。(保険証書をご確認ください。)

保険会社に尋ねると保険会社の指定する弁護士さんに
依頼をお願いするように強要?
(適切な表現ではないかもしれませが、お勧め)されます。

でも保険会社に都合の良い弁護士になる可能性が高いので、注意が必要です。

でも弁護士に知り合いもいないし
弁護士を知らない
という方がほとんどです。

その時は当院と提携している弁護士と
弁護士事務所をご紹介します!

当院担当の前田弁護士は
懇切丁寧に、優しい口調で対応してくれます。
今まで数多くの患者さまを紹介してきましたが、
患者さまからは感謝のコメントだけ頂いているので、
絶大な信用があります!

当院のホームページのリンクに掲載してある
をご覧ください。

接骨院においての交通事故治療に理解があり、
適切なアドバイスを頂けますので、
安心してご自身の身体の治療に専念でき、
1日も早い治すこと・癒さすことに繋がります。

当院の患者さまは
当院からの紹介を受けたと前田弁護士に
電話相談することから始まります。

もしものために
『弁護士特約』を付けておく!
これがもしもの時のための重要な備えです。

難しくないので、是非是非ご準備を!
まずは保険証書のご確認をしてみてください。

そして、この『準備な備え』を
大切な方やお友達にお伝えして頂けると
もしもの時の対応・備えとなるのではないでしょうか。


次回の交通事故あるある話は
事故後の展開の方法を述べたいと思います。
事故後の適切な医療機関と保険会社との
やり取りを数回かけて共有していきます^^


hariichirohariichiro at 08:37│

2017年09月14日

お早うございます。院長のいちろうです^^

台風18号が嫌な、被害が大きくなりそうな
進路を行くそうです。

週末から三連休の方もおられると思いますが、
台風の進路による天気予報が気になりますね。


さて、先日YNSAがご希望の患者様が来院されました。

2年前から小脳梗塞の後遺症によって
左側の顔下半分が痺れや痛みを起こす
「三叉神経痛」になったそうです。

疲れると痛みが増え、左口角(唇の左端)が
下がって、食事の時に食べていたものが
出てきてしまうことが多くなったそうです。

今回、一番治したい症状は左三叉神経痛
(左顔下半分の痺れ・痛み)です。

患者様の奥様もご同行されて
治療を見学されていました。

治療時間はものの10分ほど。
鍼は4本で、今回はこれで所見が
全て取れました。
S__42377219




















そうしましたら!
患者さんが痛くも痺れもない…!!
なんで?2年間の痛みはなんだったの?!

え~!?  奥様も、
あ!本当だと顔を観ながら
口角が上がっている!! と、かなり驚いていました。

しばし、不思議な空気に包まれた当院でした。

帰りもそのままの状態でいたそうですので、
治療持続力があるか否かで、
今後のアプローチが変わってきます!!

次回まで痛みや痺れのない状態であるといいですよね。


hariichirohariichiro at 07:00│コメント(0)

2017年09月12日

お早うございます。院長のいちろうです^^

週末から昨日までは久しぶりの晴れ間でしたね。
脈診勉強会の体験講座と特別講座を開催しました。
参加者がドンドンと参加する素晴らしい空間でした。
2017年度も脈診勉強会は上級コースはすでにスタート。
これから他の3コースも始まります。

入門コースは初めての方の
脈診と経絡治療をマスターするコースです。
すでに第二次申し込みが始まり
締切は10月15日までです。

さて、今日はその脈診と経絡治療の
素晴らしい経過を報告します。

先日も高血圧症の患者さんの経過を
共有しましたけど、その後の経過です。
この写真を観てください。

これは経過観察として、
治療の開始時にみせてくれる
患者さんが毎朝血圧測定の結果を
アプリに残してあるものです。

S__41836547















8月に入り、お盆頃から血圧が安定してきたので、
週に一度の経絡治療(全身鍼灸コース)を
2週間に一度に切り替えた日でした。

この2週間は血圧が正常値で安定して、
激しい頭痛もなく、穏やかな生活をしていました。


と嬉しそうに報告してくださいました。

観ての通り、収縮期(上の)血圧は徐々に下降。
そして!拡張期(下の)血圧は更に下降しているのが
よくわかります。

夏休み時期のためご子息がいるから
散歩もそんなにできないでいたそうです。
でも血圧は安定!

降圧剤を飲みたくないから鍼灸治療を
選択し、受診した経緯があります。
そして、血圧が見事に改善しました。

もう一度2週間後に治療して、
その後は3週間後に治療して、
更に一月に一度の治療にする。
治療頻度を開けてみましょう!
の段階にきました。

寒くなって高血圧による、
様々な疾病発症を未然に防ぐ全身鍼灸コース。

その血圧上昇しやすい10月前に血圧が正常値に!
治療計画通りの経過に患者さんも大満足でした。



hariichirohariichiro at 07:00│コメント(0)

2017年09月05日

お早うございます。院長のいちろうです^^

台風一過し、残暑が厳しいと思っていたら!
また更に涼しくなって秋の気配…。
今年の夏は変な終わり方でしたね。

さて、7月から開始している
片麻痺の患者さんを訪問しての鍼灸治療。
その経過をお伝えします。

当初から変わらず、YNSAを施しています。
(8月からは1回/週→3回/週に増やしています。)
現在も自動運動で左手を動かすことができません。
また大きな変化がみられません。

他動運動ではYNSAを施したあとは
痙縮が弱くなり、指や肘の伸展もスムーズになり、
写真のように肩の屈曲も可動域が大きくなります。
F1823F39-8DDF-4C45-8DD2-CAB6562C0464
注)顔を出さないことで投稿はご了承ただいています。
 他動運動で可動域が大幅に改善したので満面の笑顔です。

下肢のリハビリも進展したいのですが、
7月から巻き爪で化膿した趾(あしのゆび)が原因で
車椅子生活を余儀なくされて、歩行訓練が出来ませんでした。

全治2ヶ月かかる見込みでしたので、
免疫力をUPするツボを刺激しながら
脚の筋力アップのリハビリを同時に展開。

その甲斐あって、化膿が1ヶ月も早く治癒しました!
更に!リハビリも機能したようです^^

化膿した趾の治癒後すぐに歩行訓練開始。
左脚が以前よりも挙がるようになって歩きやすい!!
と患者様が驚いていました。
FA831BD1-AD37-4FBA-9C90-77BFF87FF2C4


































歩くことが凄く意欲的になったようなので
今日も歩行訓練したい、今日も歩行訓練をしたいと
歩行訓練も自主的にやってくださいます。
もちろんYNSAを施しからのリハビリです。

3249F304-AB7D-45BB-B4CA-4BE75326C29D


































廊下を何度も何度も杖無しで歩行し始めています。

早く歩けるようになって、
早く、施設の外に飲みに行きたいと
ご自身の希望を嬉しそうに話してくださいました。

また経過を報告します。


hariichirohariichiro at 07:00│コメント(0)

2017年08月31日

お早うございます。院長のいちろうです^^

よくわからない陽気になってきました。
昨日は涼しい?蒸し暑い?陽気。
風邪やぎっくり腰・寝違いになりそうです。

今日のテーマは
交通事故にあったあるある話でしょうか。

もし交通事故にあったなら…。
(できれば事故に遭わないのが
 最善・最高ですけど、注意していても
 加害者というより被害者になりうるので)

重要なポイントを幾つか挙げます。
①身体を治すことを第一に。
②警察にすぐに電話する。
③保険会社に電話する。


この中で重要だけど一番疎かにする人が多い
ポイントは①~③のうちどれでしょう?


答えは① なのです!
驚きました?意外でしょ?!

でも①を疎かにする人が多いのです。
・忙しいから(仕事を休めないから)。
・毎日治療を受けて良いのを知らなかった。
・当院のような整骨院に受診できないと思っていた。
・面倒くさいから。
などがよく聴く理由です。

②と③の警察や保険会社には必然的に連絡します。

でも①は上記の理由で治療を受けないのです。

忙しくない人はそんなに居ません。
仕事はとても大事ですが、休業補償が受けられ、
ある一定期間は治療に専念できるように
補償を受けられます。

軽重ありますが、仮に後遺症が残ったとしても
会社や勤め先は将来何の補償もしてくれません。

また交通事故によるダメージは
見た目では無傷のように見えますが、
深刻で重い衝撃を体内、
特に体の芯に残存させます


これが厄介でして、なかなか取れません。
ですから頻繁に、毎日のように
治療を受けるとこで、月単位で徐々に改善してきます。

(→これが肝です。毎日受けられるのです。)

あるあるとしては、
そのダメージを軽くみたり、仕事を理由に
十分な治療を受けないことで
補償期間が過ぎても日常生活に支障をきたす
後遺症に悩まされる患者さんが多い
ということです。

次回の交通事故あるあるとしては
事前に確認しておくことを述べますね。



hariichirohariichiro at 17:59│コメント(0)

2017年08月17日

お早うございます。院長のいちろうです^^

8月に入ってから、梅雨に戻ったように雨模様。
7月の夏の熱さから6月の梅雨に戻ってしまったのよう。
景気も心配ですが、身体も調節機能も心配です。


僕は8月13日~15日までお盆休みを頂き、
ここ数年恒例の「千葉市高原千葉村」に
なんちゃってキャンプしてきました。

BBQしたり、薪で飯盒炊飯でご飯を
カレーを創って、おなじみのカレーライス!

昼は流しそうめんをしたりと
朝の採れたて野菜を美味しく頂いたり、
たくさん食べました。

子供達も川遊びに、テニスをしたり、散歩したり、
かけっこしたり、花火をしたり、
トランプしたりと楽しかったです。

今回は3家族で子供6人、大人6人の
12人ですから賑やかでした。
しかも、小学校からの幼馴染の家族で^^

夜は大人だけで、屋外で、
あーでもないこーでもないと
語り合いながら一杯。
これが楽しみに一つでもあります。

また来年も行きたいと約束しつつ、
手間がかかるキャンプに情熱が
少し薄れたお盆休み明けでした^^



hariichirohariichiro at 07:00│コメント(0)