2017年03月23日

さて、ランチに土日祝に大変おいしいランチコースの頂けるフレンチビストロ
DSCF8917
「横濱たぁとばん BistroTastevin」さんへ
こちらへはつい先日のランチにも伺い「コック・オー・ヴァン(鶏の赤ワイン煮)」を頂いたばかりでの再訪となりますか

さて、この日もまたお天気が良く、吹く風も暖かみのある春風になりまして、やはりこういう気分の良いお天気ですとイセザキモールは賑わい明るい雰囲気になりますねぇ
お店に着きまして、階下に出されている
DSCF8918
お品書きを拝見
んー今回は何を頂きましょうかねぇ…と思案しつつ階段を上がりお店へ

お店に入りますと、この日はお一人様のお客さんよりグループのお客さんの方が多く奥のテーブル席はかなりにぎわっていましたねぇ
とりあえずは席についてお品書きを拝見
DSCF8871
DSCF8872
今回の週替わりなお魚料理は「タラのナージュ」、お肉料理の方は「コック・オー・ヴァン(鶏の赤ワイン煮)」となっております。
んー・・・週替わりなお魚料理「タラのナージュ」も美味しそうですがレギュラーランチメニューな「そばこのクレープ」や「ごぼうと筍のグラタン」にも惹かれるところでありますね。。。
少し迷ったのですが、やはり週替わりメニューの方は此方はレパートリー豊かなお店だけに機会を逃すと次はいつ登場するか分りませんので今回は週替わりなお魚料理「タラのナージュ 970円(税込)」をお願いする事に

注文を終えますと
DSCF8919
前菜が到着
今回の前菜は
DSCF8920
スパニッシュオムレツ
DSCF8921
洋風南瓜豆腐
DSCF8922
DSCF8923
ガレットロール
DSCF8924
大根ときゅうりのピクルス
と言った内容でありまして、迷ってあきらめた「そばこのクレープ」が少し形を変えて前菜で登場しているのは嬉しいですねぇ
もっちりした食感で中にはレタスとハム、チーズがまかれたさっぱりロールになっています

続いて
DSCF8925
スープに
DSCF8930
ライスが到着
今回のスープは
DSCF8926
DSCF8927
具沢山なミネストローネスープでありますねぇ
トマトの淡い酸味と甘みにセロリの独特の香りと苦い、玉ねぎの甘みなどが合わさってえらく美味しい熱々スープであります
ライスは
DSCF8931
DSCF8933
高菜としらすのご飯でありますねぇ
これがまた旨い

スープに続き
DSCF8929
DSCF8934
メインに
DSCF8935
サラダも到着
メインはと言いますと
DSCF8937
DSCF8938
DSCF8939
DSCF8940
DSCF8941
こんな感じであります

スープ仕立てになっていまして
DSCF8948
如何にも具材の旨みが溶け込んでいそうなお色のスープがたっぷり張られ、その中には
DSCF8942
DSCF8943
DSCF8949
DSCF8950
大根、キャベツ、ニンジン、椎茸,じゃが芋等のお野菜に、浅蜊も入っていたようです
そしてメイン具材な
DSCF8945
DSCF8947
DSCF8946
タラがどーんと入っていまして、こちらは
DSCF8959
DSCF8951
DSCF8952
こんな感じに程よく香ばしさの出たきつね色に揚げられています

さっそく
DSCF8961
DSCF8962
DSCF8963
DSCF8964
頂いてみますと、いやぁまずこのスープが旨い
スープの中にはお野菜の甘みや風味旨みにタラのフリットから滲み出た揚げ油の風味と香ばしさ、旨みが溶け込んで混然一体となっていますよねぇ。
タラは衣が良い感じにスープを吸ってぷりちゅるな舌触りになり、しっかり上げられた購買差とタラの淡い甘みを含んだ旨みがかなりいけます。
お野菜もたっぷりでお味もボリュームも満点でありますねぇ。
特にスープ料理ですと大根とキャベツ、椎茸の存在感と旨みは最高でありますよね。

最後に
DSCF8965
DSCF8966
デザートに
DSCF8967
コーヒーが到着
今回のデザートは
DSCF8969
DSCF8970
DSCF8971
水羊羹にバニラアイス ソースはカスタード&キャラメル&チョコでありますね
この日はやや気温上がり目でしたから、最後の涼やかなデザートは嬉しいですねぇ

まぁやはり此方のお魚料理は美味しく頂けます。
何よりお野菜たっぷりと言うのが良いですよね。
意外とスープ料理の頂けるお店と言うのも多くはないですし、こちらは都度にスープ料理でも素材やお味に変化が有って楽しめるのが嬉しいですよね。
こちらほどの内容とお味のランチコースはちょっと思い当たりませんねぇ。
此方はお薦めのお店であります。
もしご興味がありましたら、ぜひ一度お試しを
大変おいしい鱈のナージュでありました

店名 ワインと酒と料理の店 横浜タートバン Bistro tastevin
住所 横浜市中区伊勢佐木町4-121 ストーク伊勢佐木5番館205
電話 045-231-7720
営業 平日 17:00~翌02:00 
    土日祝 12:00~14:45(L.O) 17:00~翌02:00
定休 第3月曜
お店サイト


玖珠harikiwi at 19:37│コメント(0)トラックバック(0)横浜タートバン | 洋食

2017年03月21日

さて、ランチにイセザキモール沿い 交番の角を入ってすぐ左手のビル2Fにあるフレンチビストロ
DSCF8869
「横濱たぁとばん BistroTastevin」さんへ
こちらへはつい先日にもランチで伺い「サワラのムニエル」を頂いたばかりでの再訪となりますねぇ

さて、この日はすっかり春の陽気で外をで歩いていても気分が良いくらいでありましたが、まぁ連休明けにはまた真冬並みの寒さに戻ると言う予報も出ていまして、やはりこの時期は中々気温は安定しませんねぇ。
それにしても、16号線バス通り沿いには胸に花をつけた学生さんの姿が結構ありまして、なるほど、そう言えば卒業式の季節でありますか・・・
今春ご卒業の皆様の前途が明るく暖かな光に満ちた幸せな旅路である事を願っております。

さて、お店に入りますとやはり後からも続々とお見えでして賑わっていますねぇ
まずは席についてお品書きを拝見
DSCF8871
DSCF8872
今回の週替わりなお肉料理は「コック・オー・ヴァン(鶏の赤ワイン煮)」、お魚料理の方は「鱈のナージュ」となっております。
おぅ・・・「タラのナージュ」は以前頂いた事が有りまして、これまたえらく美味しいスープ料理でありましたね。
が、こちらでは比較的牛肉や豚肉の登場頻度が高く、鶏肉料理の登場頻度は低めな印象でして、鶏肉好きな私としてはこの機は逃せません
まぁ鱈のナージュはスープ料理でしたからもう少し気温が低い方が美味しく頂けますし、「鶏の赤ワイン煮」の方は初見なメニューでありますから今回はお肉料理の「コック・オーヴァン(鶏の赤ワイン煮) 970円(税込)」の方をお願いする事に

注文を終えますと
DSCF8873
前菜が到着
DSCF8876
ローストポーク
DSCF8874
豆腐のパテ
DSCF8875
南瓜豆腐
DSCF8877
赤キャベツの酢漬け
と言った内容でして、南瓜豆腐は甘くておいしいですし、ここ最近よく登場する豆腐のパテはかなり好みに合っていて楽しめるのですよねぇ。

続いて
DSCF8878
スープに
DSCF8882
バケットが到着
今回のスープは
DSCF8879
DSCF8880
ミネストローネでして
DSCF8881
トマト、玉ネギ、セロリなどがたっぷりでありますねぇ
私は香りの強いお野菜、特にセロリは苦手なのですがスープで煮込まれると独特の香りと風味が程よく溶け込みよいアクセントになりますよね

スープの後には
DSCF8884
メインに
DSCF8906
サラダが到着
メインはと言いますと
DSCF8886
DSCF8887
DSCF8885
お~これまた良い香りでありますし、見た目もかなり美味しそうでありますねぇ

鶏の赤ワイン煮はと言いますと
DSCF8888
DSCF8892
DSCF8893
DSCF8894
DSCF8891
こんな感じでして、パッと見、え?これ鶏?という印象の見た目は殆ど分厚な牛のステーキのような感じのビジュアルでありますねぇ
付け合わせには
DSCF8889
人参とブロッコリーの温野菜に
DSCF8890 (2)
マッシュポテトが添えられています

さっそくナイフを入れてみますと
DSCF8895
DSCF8896
DSCF8898
DSCF8899
おっ?なるほど…切ってみますと確かに手に伝わる表面のクニっとした皮を切る感触も見た目も鶏肉のそれで有りますね

赤ワイン煮と言う事で
DSCF8897
濃赤茶な良い香りのソースがたっぷり掛けられていますので、
DSCF8890
此方のマッシュポテトと合わせて
DSCF8902
DSCF8903
DSCF8904
DSCF8905
たっぷり塗り付けて頂きます
あ~こりゃ旨いわ・・・ソースの淡い渋みを含んだワイン独特の甘みと風味にマッシュルームの食感と風味に鶏肉の旨みが良い感じに加味しあっていますねぇ
鶏も柔らかでパサつきが無いですし、やはり皮めの脂の甘みは鶏の醍醐味であります。
鶏肉自体は平凡なものですが、このスースがかなりお味の底上げをしていますよね。
それでいながらソースのお味一辺倒にならなず、鶏肉のお味も楽しめる良いバランスであります

今回は赤ワイン煮と言う事で、常ですとライスを付けて頂くのですが、やはりソースが多めのお料理ならそのソースをさ羽後まで楽しみ切りたいと言う事で
DSCF8883
パンの方をお願いして有りまして
DSCF8909
DSCF8907
DSCF8908
まぁやはりこれはもうこの美味しいお料理もソースも最後まできっちり拭い切って楽しみました

最後に
DSCF8910
デザートに
DSCF8916
コーヒーが到着
今回のデザートは
DSCF8911
DSCF8912
DSCF8913
DSCF8915
水羊羹にバニラアイス カスタード&キャラメルソースの組み合わせでありますねぇ
こういうガラス容器に盛り付けられますと見た目も涼やかで、今回のような暖かな陽には良いですよねぇ

んーやはり鶏肉は旨い
此方はソースのお味も美味しいですし、素材とのバランスも絶妙でくど過ぎず濃過ぎず程よい加減で楽しめるのが良いですよねぇ
此方はお薦めのお店であります
もしご興味がありましたら、ぜひ一度お試しを
大変おいしい鶏肉の赤ワイン煮でありました

店名 ワインと酒と料理の店 横浜タートバン Bistro tastevin
住所 横浜市中区伊勢佐木町4-121 ストーク伊勢佐木5番館205
電話 045-231-7720
営業 平日 17:00~翌02:00 
    土日祝 12:00~14:45(L.O) 17:00~翌02:00
定休 第3月曜
お店サイト


玖珠harikiwi at 19:37│コメント(0)トラックバック(0)横浜タートバン | 洋食
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
livedoor プロフィール
QLOOKアクセス解析