2015年06月11日

さて、帰り掛け・・・曙町バス通り沿いを関内方面に向かって歩いていますと通り掛かったのは、もつ煮込み丼と牛盛丼なお店
DSCF1718
「にこみや」さん
通り掛かりにちょうどご主人が出てこられて、先週伺ったのを覚えていて下さったようで「こんにちは」とお声を掛けてくださいました。
こちらへは、
先週2015年 6月の3日に伺い「もつ煮込み丼 500円」を大盛り+100円で頂いたばかりだったのですが、その時メニューで見掛けていた「牛盛丼 480円」と言うメニューも気になっていましたので、近いうちに寄らせて頂こうと思っていたのですよね。

そんなタイミングでしたので、ご主人がちょうどお声をかけて下さったこの機会に寄らせて頂く事に。
さて、お店に入りますと時間がかなり中途半端だったこともあって3人掛けテーブル席が3卓の店内には先客はゼロでしたが、後からもお客さんがお見えになりやはり持ち帰りもできるお手軽価格且つ美味しい丼物が主力なお店ですから利用される方には使い勝手も良い事もあってすでに根付き始めているご様子。
とりあえず、席に着いてお品書きを拝見・・・
壁には
DSCF1944
こんなお品書きがありまして
カウンター上には
DSCF1716
今日の本命「牛盛丼 480円」のお品書きがあります。
この牛盛丼…何が面白いって「ワサビテリ」「ネギポンズ」「テリマヨ」「チーズチリ」と、他処ではあまり見掛けない面白そうなソース4種類の中から選ぶことができるのですよね。
やはり今回はこちらで…と言う事で「牛盛丼 480円」を大盛り+100円でお願いする事に致しまして、ソースはどれも美味しそうで少し迷ったのですが一番上に書かれた「ワサビテリ(ピリッと辛い大人の味)」でお願いすることに。

さて、こちらの牛盛丼は煮込み系ではなく焼き肉系でして厨房の方からジュウジュウと言う食欲を掻き立ててくれるような如何にもおいしそうな調理音と香ばしい香りが漂ってきまして期待感が増しますよねぇ。
その期待感が増し切った辺りで
DSCF1945
到着
DSCF1946
DSCF1947
DSCF1948
お~これは意外なスタイルであります
店頭の写真などを拝見していましたので、スタンダードなどんぶり盛での登場かと思っていたのですが、小洒落た舟形皿での登場でありました。
そして一緒に
DSCF1949
こんなボトルが2本
ご主人から提供の際に「こちらのボトルはワサビテリソースになります。お好みに合わせて調節しておかけください」との言が添えられました。
なるほど
確かにこの手のどんぶりスタイルのメニューですとソースどっぷりな汁だくを好む方もいれば、ソースや汁は程々に素材のお味で楽しみたいという方もいらっしゃいますから、こうやって自分の好みで調節できるのはありがたいですよね。
DSCF1972
こちらは昆布の佃煮でして、これも良い箸休めですねぇ。

さて、メインの牛盛丼ですが
DSCF1950
DSCF1951
DSCF1952
DSCF1953
一回り致しますとこんな感じでして、ボリューム満点
レタスが盛り付けられているのも嬉しいですよね。
メインの牛焼肉は
DSCF1955
DSCF1954
DSCF1969
DSCF1970
DSCF1971
これがまた如何にもおいしそうなちょっと端っこが焦げるくらいの焼き加減が見た目にも最高であります。
まずはお肉だけで・・・
DSCF1961
DSCF1963
おおぉ~旨っ
このぎゅむっざっくりとした歯触り歯切れがたまりませんねぇ。
柔らかすぎずぎゅむっとした噛み応えですが、決して筋張ってゴムのようなくちゃったお肉ではありませんで、表面が良い感じに焼き上げられたお焦げの層がありますのでそのままさっくりとした歯切れで噛み切れます。
食感としてはハラミに近い印象でしょうか。
噛み締めますと意外にもしっかりした肉の旨みが香ばしさとともに口に広がりますねぇ。
これはこのまま頂いても十分美味しいと思えるものなのですが、そこはそれ。。。

やはりソースを回し掛け
DSCF1966
DSCF1967
DSCF1965
頂いてみますと、ワサビの鼻に抜ける刺激感とテリソースの甘みが渾然一体になりこれがかなり美味しい。
とりあえず1ボトルだけかけてみたのですが、お肉のお味を楽しみつつソースの風変わりな風味も楽しむにはちょうど良いバランスでしたねぇ。
レタスの清涼感を時をりはさみますと大盛のボリュームでもくどすぎる感じもなく最後まで美味しくいただけました。
上に振ってあるフライドエシャロット?の香ばしさと甘みも一味足してよい感じですねぇ。
美味しいと言うより旨いと表現したくなるお味でありますね。

おーこれ凄く旨いわ。。。と一口頂いて自分の中でかなりのヒットでしたので、他のソースでのお味も試してみたい衝動に駆られご主人にお持ち帰りを一つお願いすることに・・・
ワサビテリソースはかなり美味しかったのですが、さすがにお持ち帰りの分まで同じソースでと言うのもアレなので、やはり少し迷いつつお持ち帰りは「チーズチリ」でお願いすることに。
ご主人にその旨伝えますと「チーズチリは辛さが1~10までの10段階お好みに合わせられますがいかがいたしましょう?」とのお尋ねがあり、最初5くらいで良いかな?と思ったのですが「大体3くらいで注文されるの方が多く、5ですと辛いものがお好きな方向きでしょうか」とのお話がありましたので、あまり辛い物を得手としていない私は思い直して「牛盛丼 持ち帰り480円」を「チーズチリソース 辛さ3」、大盛り+100円でお願いいたしました。

「お持ち帰りは温かい状態でお持ちできるように、食べ終わりのタイミングでお作り致します」とのお気遣いもあり、食べ終わって少ししたところで完成しまして店内飲食と合わせて2食分1160円を支払い受け取りました。
と言う事で、家に持ち帰り頂いてみることに・・・
DSCF1974
DSCF1975
こちらはプラどんぶり仕様ですが「冷めたらこのままレンジで温められます」との事でして、こういう点もお持ち帰りでいちいち器を移し替えずに温め直しができる容器で提供して下さるのは有り難いですよね。

ふたを開けてみますと
DSCF1976
DSCF1977
DSCF1977
DSCF1978
DSCF1979
DSCF1980
DSCF1981
こんな感じでして、こちらは別添えソースではなくチリソースが最初から掛けてあるスタイルのようです。
DSCF1983
DSCF1984
DSCF1985
いやぁこれまたおいしそうな焼き上がりのお肉でして、そのお肉の上にはたっぷりと
DSCF1991
パルメザンチーズが降られています。
チーズチリとの事でしたので
単純にトルティーヤチップなどに使う「ナチョチーズソース」のようなディップソース系を上に回し掛けた如何にもジャンクなもの想像していましたので、これまた意外なスタイルであります。

DSCF1992
DSCF1993
DSCF1995
DSCF1996
んーこの焼き加減、たまりませんよねぇ
さっそく
DSCF2001
DSCF1999
DSCF2002
頂いてみますと、辛さレベルは3でお願いしましたがそれでも結構ピリッとした辛味がありますねぇ。
しかしながらチーズの濃厚な風味がその辛味の角を取り、良い感じに中和してどちらもしっかり旨みとして感じ取れるバランスであります。
んー3でこの辛味ですから、恐らく私にはこのくらいがベストな刺激感で美味しく頂ける感じでありますから、無理に辛さを5でお願いしなくてよかったですねぇ。
お肉もやはり程よく香ばしく焼き上がり、歯触りもお味もかなり良い感じであります

もつ煮込み丼の方は丁寧に下処理や味付けが施されたやや上品なお味と言う印象を受けましたが、牛盛丼の方はまさにジャンク方向に振れたBグル王道的なベクトルのお味になっていますねぇ。
それでいながらお肉は歯触りもお味もしっかりしたもので、Bグルに有りがちなソース頼り一辺倒な感じでは決してありませんで予想以上に楽しめましたねぇ。
ネギポンズがお薦めだそうでして、確かにこのお肉ですとあまりこってりした感じのないソースでも十分に美味しくいただけますでしょうし、暑くなってきますとやはりさっぱり系の方が良さそうですから次回はネギポンズソースを頂いてみると致しましょう。

こちらのお店、価格も良心的ですしお味もかなり良いのでお薦めです。
お店も入りやすい雰囲気ですしお持ち帰りもできますので、ご興味がありましたら是非一度お試しを
大変おいしい牛盛丼2種でありました。

店名 にこみや
住所 横浜市中区曙町3-42-5
電話 0120-182-793
営業 11:00~22:00
お店地図

玖珠harikiwi at 19:37│コメント(0)トラックバック(0)中区 飲食 | どんぶり

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
プロフィール

玖珠

QLOOKアクセス解析