妊活の あなたの夢が 叶うまで

ママになるための応援ブログです

不妊カウンセラー・鍼灸師が 不妊に悩むあなたを サポートします


妊活を、みなさん、頑張っています。

でも頑張らなくて、いいのです。

頑張るとは無理をすること。だから、結局つづかないからなんです。

ほとんどの未妊さん、焦っておられる。だから、急に頑張る。

実際にあった例をあげましょう。

Oさんは、ネットで縄跳びが良いと知りました。
いきなり30分も頑張ってしまった。お腹が痛くなって、やめました。

頑張る→妊活は痛いもの→妊活は大変だ→できればもうやりたくない。

このマイナスの意識が脳に残る。これがよくないのです。前にも書いたように、有効な妊活ができない最大の敵なのですから。

「ああ。妊活って辛いわ。赤ちゃんがいる人は羨ましいな。苦労しないでママになれて」となって、ますます落ち込んでいく。その原因が「頑張ること」に発しているのです。

 

頑張らなくても、休まなければ、できるようになるのです。
以下は縄跳びでも、床掃除でも、身体をつかう妊活に共通して言えることです。

たとえば、いきなり30分ではなく、1分からはじめる。これを1週間つづけます。

次の週には2分にしてみる。身体に負担がなければ1週間つづける。

これを繰り返していけば、だんだん増えていきます。

 

身体って、急変化には弱いけど、ゆっくり増やすと、すごいことができるようになります。

その例を明日に。

 

迂闊にみていたサザエさんです

フネさんがおばあさんみたいなのに、9歳のワカメちゃんのお母さん

おや、と思って調べると、フネさんは28でサザエさんを、
41でカツオ君を、43でワカメちゃんを産んでいました

初産と最終出産が15年ありますね~~

僕がいつも意識し、お手本にするのが100年前のお母さん
でもフネさんは、戦後間もないころの日本
ほほ60~70年くらい前でしょうか

それなのに、40代で自然妊娠できて、それが不自然ではなかった
(まあ、サザエさんの家族構成は、やや不自然ですがね)
すくなくとも、ありえない設定ではなかったのですね

とすれば、若くして不妊に悩む方々が増えたのは、そんなに昔ではないようですね

皆さん、フネさんを目指しましょう!!!

暑いですね~~!

朝も直ぐに暑くなり、夜になっても熱気が残っていて
まったく、イヤになりますね

こんなとき、どうしても外出しなければならないとき
35度でも30度くらいに感じるコツがあります

ふつうの服装の上に
木綿のTシャツのようなものを、濡らしてから着るのです

おでかけの前に、Tシャツのようなものを一度水に漬けて、絞ります
洗濯機の脱水にかけると、水分が少なすぎかもしれません(好みですが)

sentaku_mother


それを上から着るのです。
そして外出。風が熱を奪ってくれるので、涼しいことこの上ないのです
暑い日ほど、効果が出ます

ある方は、「これで、生涯、夏の暑さから解放されました!」と感嘆されました
あなたも、ぜひ、お試しくださいね。



↑このページのトップヘ