ブログネタ
プレイ日記 に参加中!

NAME:アリエル・グリード
JOB:太古の大魔法使いの1番弟子
TP:8
HP:17
LP:8
MP:14
(魔法)
千里眼、火炎、浮遊、開運5、技術回復、体力増強5
(性格)
好奇心旺盛。大勝負を好む危険な性格。


まずはサイコロでステータスを決めたのだが、平均値TP9.5、HP19、LP9.5、MP13と考えると魔法以外は非常に不甲斐ないステータス・・・
とりあえず右も左も分らないので、魔法は回復系を中心に持っていくことにした。そうすればそこそこ長くゲームを楽しめそうだし、次の冒険に繋がるだろうと考えたからだ。

ただ単にゲームをやったんじゃ面白くないので、キャラクターに設定を考えていくことにした。またゲームの方針もキャラクターの性格を反映させていくつもりだ。
今回、初の要塞特攻隊となったのは大魔法使いの1番弟子アリエル・グリード。
弟子の中では一番古株というだけで、才能および技術はそれほど芳しくない。しかしながら、その立場ゆえか弟弟子達の面倒見がよく、大切に思っている。今回も切り込み隊長という危険な役を志願し、要塞の初調査に向かい他の弟子たちへ情報を残そうとしているのである。
ただ、当たって砕けろな性格が玉にキズ・・・消極的な行動を嫌い、いつも好奇心旺盛に積極的なアクションを起こす!


>>冒険の始まり

やっとの思いで要塞にたどり着いてみると、獣二匹が門を塞いでいる。
ここは強気にハッタリをかまし、易々と要塞の中へ進入成功。
少し進むと、小男とノッポの汚らしい二人が短剣の値段をめぐって口論をしていた。
アリエルが値段を決定することになり、3種類の値段から選ぶことにしたのだが、中ぐらいの値段を選ぶような性格ではない、ここはひとつ一番安い値段を選ぶ・・・
案の定ノッポの方が怒り、攻撃を仕掛けてきたがなんとかこれを撃退し、ノッポの金貨を小男と分配することに。短剣の持ち主はコインで決めようということになった。実際にコインを投げろとのこと・・・(おいおい、このゲームはダイスと鉛筆とケシゴムだけでいいって書いてたじゃねえかコラ)
コインが見つからないので、ダイスで決めることにしたが結局短剣は小男のものに・・・残念。
まあ金貨が手に入ったしいいか・・・

しばらく進むと、怪しげな風の妖怪が現れる。
浮遊の魔法を使うか?との選択肢が出たので早速使ってみることに・・・
体が舞い上がり、どこかへ飛んでいった。飛んでいく途中で風の妖怪に向かって挑発していたが、まあなんというか可愛げがあるな。

飛んだ先には扉があった。
ノックをすると、老いぼれゴブリンが自分を客と勘違いしたらしく、中へ招き入れてくれた。そして待合室は右だと扉を指差したのであった。
信じて右へ行くか、怪しいと思い逆の左へ行くか?選択肢だ。
こんなノートルゴブリンが機転の利いた奸智を発揮できるとは思えない。アリエルは右へ向かった。
すると・・・
大型ゴブリンがいるじゃないか。。
千里眼が使えたので使ってみるが、特に意味なし。
なんとか倒して髪ブラシを入手する。使い道は不明・・・

奥へ進むと、ギャンブルをしている集団に出くわす。
ギャンブルに誘われたので、勝負事好きなアリエルはもちろん参加する。
3つのゲームから選ぶことになったのだが
いかにもやばそうな名前の「ナイフ・ナイフ」・・・これを選ぶことにした。
やっぱり危険なゲームだった(笑
本物と偽者のナイフのロシアンルーレットだ!負けると「「即死」」!!!!しかしその分報酬もすごい!!魔法補充orGOLD50or魔法の胸当てだ。魔法の胸当ては敵の攻撃力を下げるらしい。是非ほしい。

しかしまあ・・・見事に負けましたwwwwwwwww


挑戦1人目 アリエル・グリード ギャンブルに溺れて死す
最終データ
TP:8
HP:12
GOLD:16
装備:剣、革の鎧、髪ブラシ
(魔法)
火炎、開運5、技術回復、体力増強3


まあ、はじめはこんなもんだろ。
情報少なすぎるし・・・
でもちょっと暴れすぎたかな。
初回挑戦がギャンブルで死すって、シナリオとしてはできすぎww

息絶えしアリエルは、太古の禁呪で遠く離れた弟子達に冒険の記憶を送った・・・
スポンサードリンク