ブログネタ
【ゲームブック】プレイ日記 に参加中!

NAME:デニー・エンヴィー
JOB:太古の大魔法使いの6番弟子
TP:11 HP:18 LP:9 MP:12
(魔法)
妖怪うつし、千里眼、火炎、愚者の黄金、目くらまし、浮遊、開運、防御、技術回復、体力増強、怪力、骨抜き
(性格)
出世欲、名誉欲が強い。更には狡猾な性格。基本的に楽をしようとする。


先陣を切った5人の失敗を尻目にデニーは不敵な笑みを浮かべる。
(情報は大体出揃った・・・)
(そろそろ俺の出番か)
(俺は一介の魔法使いなんかで終わるつもりはない)
(バルサスを討ち一旗あげてやる)
デニーは剣を強く握り締め、要塞へ向けて足を踏み出した。
強き欲望とそれに見合うだけの才能を併せ持つ男。
果たして彼の野望はバルサスの野望を上回ることができるであろうか・・・


>>冒険の始まり

兄弟子達の記憶を忠実に辿り、門番、火を囲む四人、風の女怪、合言葉の衛兵を易々と攻略していく。できるだけ戦いを避けたい、それがデニーの信条であった。
聖霊レプレコーンとは難なく和解し、いつもの魔法の剣、銀の鏡を頂戴する。
黒エルフからはワインを試飲させてもらい、力が漲る。
ゴーレムは無視。

颯爽と広い部屋にたどり着く。階段を上ろうとすると、突如階段が崩れ落ちる。罠の存在を忘れていたのだ。転がり落ちたデニーは部屋の端まで転がり壁に叩きつけられた。
別の階段からバルコニーに上がると、扉が三つ現れた。適当に扉を開けると、中にはガーゴイルの像が目に入った。像に近づくと、あたりまえのごとくガーゴイルが動き出す。とりあえず銀の鏡を使ってみるが、ガーゴイルの爪にはじかれ床に落ち粉々となる。
(いつになったらこの鏡は役に立つんだ・・・)
当然のごとくガーゴイルを無視し、別の扉に入ることにする。

銅の扉は前回妖精の女が居た部屋だ。対策も無いし銅のカギも無い。諦めて残りの扉を開けることにする。
中に入ると緑色をした怪物の子供が無邪気に遊んでいる。
(子供といえども怪物は怪物・・・この場でたたっきる!)
などとヒロイズムに浸ったりなどはしないデニー。こいつらもとにかく無視!
先を急ぐ。

螺旋階段を上り広い踊り場にたどり着くと、目の前にはぽっかりと穴があいている。壁際を歩いていけば反対側の扉にたどり着けるのだが、穴の真中は島のようになっており、そこには宝箱がフェロモンを漂わせているかのように鎮座しているではないか!
しかも、足元にはなぜか都合よくロープが置いてある。

(明らかに罠だ!)

しかし、罠にしてはあからさま過ぎる。
実は罠じゃ無いんだろ?デニーはそう才知をめぐらす。
ロープの先で輪を作り、それを投げて宝箱に引っ掛けた。そして思いっきり引いてみたところ・・・

やっぱり罠だった。

異常なまでに重い宝箱に引きずられ、衝撃でデニーも穴へ落ちていく。
なんていうイージーなトラップだ・・・
暗く深き穴の中へ吸い込まれていく。このまま終わるかに思えたが、幸運にも浮遊の魔法が残っており、舞い戻ることができた。
(ふ〜危ない危ない。あのまま任務失敗してたら末代までの恥だったな・・・)

先へ進むと、また螺旋階段があり黒き塔を登る事になった。
恐る恐る昇って行くと暗き部屋にたどり着く・・・
生物的本能がデニーに身の危険を感じさせる。全身から脂汗が吹き出す。
そしてどこからとも無く聞えてくる声。
「愚かな冒険者よ、ガンジーの住処へようこそ」
低く嘲笑じみた声が暗闇の中に響き渡る。
「お前が目にする最後の部屋だ」
そう言うとしばらく哄笑が続き、ふいにやむ。そして暫時静寂がデニーを襲う。
(駄目だ、このまま待っていたら気がふれてしまいそうだ。)
もてる唯一の手段、火炎の魔法を使用する。
刹那部屋が明るくなるが、すぐにまた暗闇があたりを支配した。ガンジーが魔法の力を吸収しているため、やはり効果が無いようだ。向こうの端に扉を確認できただけだった。

(もはや手段は無い・・・)

デニーはおびえる手で腰の魔法の剣を引き抜く。
やるしかない。いったいどこから来るんだ。
もはや恐怖と焦燥に支配された状態で、デニーはなんとか戦闘態勢を構えている。よもや立っているのがやっとと言ってもおかしくは無かった。
突如、耳元にこの世のものならぬ気配を察知した。うっすらと顔が浮かんでいる。
恐慌でゆがんだ顔だった。どこへ向けられているのか見当も付かぬ目。絶叫が耳元で響いた。現世のありとあらゆる断末魔を超えたように思われる叫びだった。
デニーは全身総毛立ち、正気を失った。
暗闇を闇雲に走り扉へ向かった。
それは兄弟子テリアスが墜落した扉・・・。デニーはそのことを知ってはいたが、現状では足を止めることはままならなかった。
今現在における恐怖から逃げ出すことで精一杯だった。

猪突の勢いでデニーは扉から飛び出し
美しく塔から落下していったのであった・・・

地面に叩きつけられ、倒れたからだのそばにはテリアスの死体が悲しげにこちらを見ていた。
死の直前に正気を取り戻したデニーは、太古の禁呪で遠く離れた弟子達に冒険の記憶を送った・・・


挑戦6人目 デニー・エンヴィー 1戦も交えず墜落
最終データ
TP:9 HP:11 LP:8 GOLD:0
装備:魔法の剣、革の鎧
(魔法)
妖怪うつし、千里眼、火炎、愚者の黄金、目くらまし、開運、防御、技術回復、体力増強、骨抜き
スポンサードリンク