20120708-873419-1-L

“九州のダル”武田が初登板初勝利!鷹の高卒新人31年ぶり…ソフトバンク:プロ野球:野球:スポーツ報知大阪版

ホークス2011年ドラフト1位武田翔太がプロ初登板初勝利を飾った。
高卒ルーキーとしてはチームでは寺原以来だろうか。高卒ルーキー初登板初勝利はなんと31年ぶりの快挙らしい。ひと通り試合の投球を見せてもらったが、なるほど九州のダルビッシュと呼ばれていたのも頷ける。190近い身長から投げ下ろす角度のあるボール。150kmを超えるストレートを持ちつつも緩い球を上手く使いながら組み立てていく投球内容。人と食ったような変化球で打ちとっている姿は高卒ルーキーとは思えない貫禄を感じた。

期待の星に喜ぶ一方、高卒ルーキーを使わなければいけなくなったチーム状況は決して喜ばしいものではない。先発が足りない、借金が減らない、Aクラスが遠い。とは言え、武田の勝利に隠れているが柳田のタイムリー、今宮の好守とルーキー達の活躍が光っている。この三人は間違いなく今後のホークスを支えていくメンバーとなるだろう。チームはボロボロになりつつも、そのおかげでルーキーの成長を見れるというのは、それはそれで楽しいことであるかな。
スポンサードリンク