燃えに燃えた2012年ロンドンオリンピックも幕を下ろした。
本当に熱かった。メダルの数が物語っているように、金こそアテネよりは少なかったものの所々の見所が多く、熱い場面(炎属性)、震えるシーン(氷属性)、痺れる戦い(雷属性)だらけで過去に経験が無いほど盛り上がった。普段TVを見ない自分だが、一年分くらいTVを見てたんじゃないかと思う。それにしても日本時間の早朝に見逃せない種目が訪れるロンドンとの微妙な時差については、苦しめられた社会人も多いのではないだろうかw

個人的に一押しの女性、三宅宏実ちゃん(持ち上げられたい女性ベスト1)の父越え銀から始まった日本のメダルラッシュ。困惑の銀となった男子体操団体からの内村による個人総合金への流れ。男子柔道が脆くも崩れ去っていく中、女子柔道で牙をむいた松本の金。水泳女子メドレー初のメダルに続き男子は衝撃の銀。アーチェリー男子個人のメダルをかけた一本勝負。バドミントン初メダル。など、など数え上げればきりが無いが、個人的に一番の感動はこの人。

小原日登美
【小原日登美】女子レスリング金メダルキタ━━(゚∀゚)━━!!!!!!!!! 逸話が感動的過ぎて涙が止まらないwwwww:暇つぶしニュース
小原日登美 - Wikipedia

沢山の感動を与えてくれたオリンピック。
とりあえず自分も何か運動を始めることにする。
スポンサードリンク