2013.05.12 H5-2L 吉村、殊勲の決勝3ラン、ソフトバンクが逆転勝ち 埼玉西武は4連敗 - YouTube

交流戦までの日程が終了した。
色々と振り返りたいことは沢山あるが、ひとまず勝利で締めくくれたことを喜びたい。特に今日の勝利は大きい。本当に大きい。いかに今日の勝利が大きいかということを説明したい。

1.連勝で締めくくれたこと
 思い返して欲しい。去年の交流戦の凋落を。あれは交流戦直前ロッテに三連敗したことが始まりだろうと考えている。今回も5連敗していただけに、最後に連勝という良い形でもっていけたことは交流戦の結果を大きく左右することになるだろうと思われる。

2.ベストオーダで点がとれていること
 現状のベストオーダだと思われる。これで点がとれなければもはや地力不足。そういうわけでしっかり点がとれていることが実に良い。しかも絶好調の菊池からだ。もう少し主軸が機能してくれるようになれば交流戦は楽に戦っていけるだろう。

3.バントに頼り過ぎない
 相手投手の調子を考えてかも知れないが、今日はいつもなら明らかにバントだろうというシーンでバントがなかった。最近バントの有効性が疑問視されているだけに良い兆候だと思う。特に内川が不調なだけにバントバントはやめて貰いたい。

4.ファルケン問題なし
 この前の試合がアレでアレでアレだっただけに問題なく今日投げれたことは実に大きい。前回を引きずるようではストッパーは任せられない。

5.千賀プロ初勝利
 中継ぎとはいえ初勝利は嬉しいだろう。本人にとって何かしらの収穫となってもらえれば嬉しい限り。ファンももちろん嬉しい。ただあまり無茶な起用はやめてくださいませ秋山監督。

6.吉村ホカホカ鷹の主砲へ待ったなし
 当ブログが全力で応援している選手だけに彼の活躍はもうたまらない。
 思えば開幕当初はスタメンにおらず今年見れるのか心配したほどである。それが今や鷹の主砲へとなりつつある。これほどに嬉しいことがあるだろうか。是非とも交流戦での活躍を期待する。

要するにどういうことか。
飲まずにはいられないということである。
スポンサードリンク