誰が為の警鐘【Blog】

━━ the Cruel World ━━

カルタゴ

ローマ人の物語(4)―ハンニバル戦記〔中〕― (塩野七生)

ローマ人の物語(4)

前巻に続きハンニバル戦記。いよいよハンニバルの活躍の時期となる。ローマの敵ではあるがハンニバルがとにかくかっこいい。と言ってもどんな顔だかは知らないが、振る舞いと言動がとにかくカッコよくて熱い。ローマがコテンパンにまでやられてしまうがハンニバル相手なら仕方ないと思えてしまう。そして、そのハンニバルにローマはどう対していくのか。それが気になってたまらないため読むのが止まらなかった。ハンニバルとの戦いは5巻に続く。

カルタゴとの戦いを見ていると結構「象」の存在が大きいことに気付く。戦争で象なんてフィクションやゲームの話だろうと思っていたが、現実でも象は戦争で活躍していたようだ。現代で言うところの戦車並みの存在だったらしい。まあ暴れだして自軍を崩壊させることもよくあったみたいだけどw

象相手には矢張り宣教師だね。

ローマ人の物語(3)―ハンニバル戦記〔上〕― (塩野七生)

ローマ人の物語(3)
ローマ人の物語(3)

まだまだ道のり長きローマ人の物語。やっとこさ3巻。
サブタイトルにある通りハンニバル率いるカルタゴとローマの戦いが幕を開ける…と言いたいところだが本巻ではハンニバルの父であるハミルカルとの戦いまで。

3巻まで読んで感じたことは「ローマ人の柔軟さ」。頑なな近隣諸国と違い良いものは何でも取り入れていく古代ローマ人には、日本人としてなんとなく近親感を覚えずにいられない。古代ローマの繁栄は、そういった「柔軟さ」と執拗なまでに軍事や政治に関して「確立したシステム」という「剛と柔」にあるような気がしてきた。そしてそれらを支える素晴らしきインフラ整備。あぁ古代ローマはえぇなぁ。

古代ローマ人は肉を食べない。小麦や野菜が主食でチーズと魚がタンパク源だったらしい。これにはちょっと驚き。現在の欧米人が肉好きなのは彼らがガリア人やゲルマン人の子孫だからとか何とか。
ブクログ
Twitter
Archives
Weather


-天気予報コム- -FC2-
Profile

こしあん

Author: Seiyo Age: 30
Sex: Male♂ Address: 東京
Job: 永遠の学生
日々ダンジョンに潜り
ホークスを応援しつつ
時にはヴァナディールに身をよせ
通学中の読書の為に会社へ行く

TBP FFXI
TBP FFXIV
TBP SoftbankHawks
Banner
スポンサードリンク
Blog内検索

powered by Google
amazon
Vana'naVi
FinalFantasyXI
DARTSLIVE
VS PHOENIX
  • ライブドアブログ