誰が為の警鐘【Blog】

━━ the Cruel World ━━

銀英伝

銀河英雄伝説10 落日篇 (田中芳樹)

銀河英雄伝説(10(落日篇))
銀河英雄伝説(10(落日篇))

長かった銀河英雄伝説もとうとう最終巻を残すのみとなった。偉大な歴史の中で多くの偉大な人物が消えていった。キルヒアイスが逝き、ヤンが逝き、ロイエンタールがヴァルハラへ旅だった。そしてまたひとつ巨星が落ちようとしている・・・。

思えばこの作品は気の遠くなるような銀河の歴史の中のたかだか数年の物語でしかない。その中でかも壮大な潮流が引き起こされていたかと思うと感慨深いものがある。畢竟、人が輝く瞬間も惑星が輝く瞬間も、一瞬でしかないのかもしれない。人は言う、ラインハルトは全てを燃やし尽くし崩御したのだと。

無粋ではあるが、もしキルヒアイスが生きていたら・・・歴史におけるIFの個人的見解を述べたいと思う。戦争、政治に関して完璧だったラインハルトに対し、それを唯一諌めることが可能で同等の指揮能力と至らないまでも端正な容姿のキルヒアイス。なんといっても唯一無二の友人という間柄である。二人が健在なら銀河の歴史はもっと血塗られてはいない平和な統一を達成したであろう。無論ヤンも死なずに済んだのではないかと思われる。
一方で、過激なラインハルトに辟易し国民の支持がキルヒアイスに偏り出すということは十二分に考えられる。人智を超えてしまった皇帝よりも親近感を持てる人物に指示したくなるのもあながち否定はできないだろう。ラインハルトを皇帝に置きつつも、権力はキルヒアイスのほうが膨らむと想像できる。そして何よりもアンネローゼの存在が大きい。キルヒアイスが健在ならばアンネローゼと結ばれることは既定路線。こうなるとラインハルトとキルヒアイスの摩擦は更に加速するだろう。これにロイエンタールが加わってくると、もはや火の目を見らずにはいられない。キルヒアイスが健在だと秘書も必要なくなるので、もちろんヒルダと結ばれることもない。
まとめると、キルヒアイスが死ななければもっと歴史は平和に進んだが、一方でラインハルトはより不幸な人生を歩むことになったであろう。と、これが自分の見解である。

結論:オーベルシュタインは偉大だった・・・

数十年経っても全く色あせることのない名作。このような作品に出会えたことにプロージット(乾杯)

宇宙暦マイナス790年10月22日

銀河英雄伝説9 回天篇 (田中芳樹)

銀河英雄伝説(9(回天篇))
銀河英雄伝説(9(回天篇))

我々の愛したヤンは死んだ。
銀河系に佇むブラックホールのように。銀河の歴史にもポッカリと穴が開いてしまった。ラインハルトは銀河を手中にするも空虚感を感じ得ずにはいられない。それは読者も同じ。物語は一気に寂しさを纏い始める。

そんな中、一筋の明るい話も紡がれる。ラインハルトとフロイラインマリーンドルフことヒルダのスキャンダ・・・いや恋愛話。恋愛?あれを恋愛というのはいささか違和感があるか。聡明な頭脳を持つ二人であるが、恋愛にかけては不器用なことこの上なし。そのギャップが非常に良く、寒冷期に差し掛かった銀河の歴史に、ほんわかとした暖かさを与えてくれている。

そして、寒々とした歴史の流れを更に温めようとしてくれたのか、炎を投じる事件が起こる。そう、ロイエンタールの叛逆。我々の愛したロイエンタールも死んだ。ついでに我々の愛した?トリューニヒトも死んだ。数多くの役者が次々と退場になり、いよいよ物語は終幕へと向かい始める。

しかし、あのふたり、うまくやれたのだろうか・・・・・・

銀河英雄伝説8 乱離篇 (田中芳樹)

銀河英雄伝説(8(乱離篇))
銀河英雄伝説(8(乱離篇))

輝かしき銀英伝の歴史の中で、数少ない陰りのある期間。
本編の事件は「ヤン死亡」これに尽きる。ヤンとラインハルトが壮絶にして高尚な戦闘を繰り広げている裏で、どす黒い陰謀が動く。戦いに疲れたヤンとラインハルトを待っていたのは、卑劣を極まる暗殺の罠だった。その人選がまた憎い。残念な天才フォーク・・・。彼は図らずも望んだ通り歴史に名を残す事となった。

魔術師、還らず

ごめん、フレデリカ。ごめん、ユリアン。ごめん、みんな・・・

銀河英雄伝説7 怒涛篇 (田中芳樹)

銀河英雄伝説(7(怒涛篇))
銀河英雄伝説(7(怒涛篇))

およそ一年ぶりに銀英伝。
ここのところローマと紋次郎が楽しすぎて、なかなか銀英伝に手をつけることが出来なかった。

ハイネセンを命からがら逃げ出したヤンは、一旦独立宣言したエルファシルへ赴き今後の行動方針を考えることにする。そして白羽の矢がたったのは、そう、イゼルローン要塞。
この巻の見どころはなんといっても「イゼルローン要塞奪還作戦」に尽きる。その用意周到な作戦と、ヤンの恐るべき予測に震えること間違いない。また、この頃からぼちぼちとロイエンタールに心の陰りが見え始める。この辺の伏線も見落としてはいけない。


健康と美容のために、食後に一杯の紅茶


〜外部参照〜
この巻の参考動画:ぎねい

銀河英雄伝説6 飛翔篇 (田中芳樹)

銀河英雄伝説(6(飛翔篇))
銀河英雄伝説(6(飛翔篇))

銀英伝もいよいよ後半に突入。同盟は表向き滅び、ヤンは軍を退役。フレデリカとささやかな新婚生活を営んでいる一方で、オーディンではキュンメル事件が発生。また辺境の惑星である地球でもユリアンが地球教に侵入と舞台がかなり散らばっている期間だった。メルカッツ提督も遠いところで身を隠していらっしゃるし…。

レンネンカンプさんが暴走していざこざが起こり、ヤンが捕えられ果てには殺されそうになる辺りがなかなか盛り上がる。間一髪で救出に来たフレデリカが愛しい。そしてその後のランドカーでのヤンとフレデリカのやりとりが微笑ましい。

あってんぼろー「こいつはピクニックだったのか」
しぇーんこっぷ「いやピクニックってやつは、もっとまじめにやるものだ」

銀河英雄5 風雲篇 (田中芳樹)

銀河英雄伝説(5(風雲篇))
銀河英雄伝説(5(風雲篇))

おそらく銀河英雄伝説の中で最も山場となる期間の話であると思う。ラグナロック作戦開始、フェザーン占領、イゼルローン要塞の放棄、ヤンとラインハルトの正面戦争、そして自由惑星同盟の終焉まで。ヤンのプロポーズ、ヤンとラインハルトの初対面と見所が多すぎて興奮を冷ます暇がなかった。

ヤンのフレデリカへのプロポーズのシーンは実に印象的であるのだが、これは是非ともアニメ版を見てもらいたいと思う。アニメでのこのシーンの声優の演技力が素晴らしい。また表情も心情の機微が見事に表現されており名シーンと言うほかない。

あと、本書では著者のあとがきにて「キルヒアイスを殺してしまった事への後悔」について触れられていた。キルヒアイスを早々に退場させてしまったことを結構後悔していたようだ。これは難しいところだろうなぁ。

イエスですわ、閣下!

銀河英雄4 策謀篇 (田中芳樹)

通勤ラッシュの読書にも幾許か慣れてきた。ひたすら銀英伝を堪能中。本書は幼帝の誘拐からラグナロック作戦開始辺りまで。

ドンパチの少ない期間。どちらかと言うとタイトル通り策謀が蠢く展開だったり政治的な話がメインに進む。

ここではロイエンタールに注目したい。後のロイエンタールの行動はアニメだけ見てると結構唐突にも感じたりするが、小説を読んでいると3巻あたりから4巻にかけて十分に伏線が張られているように感じる。

あとはヘボ詩人ことランズベルクが躍動する期間でもある。彼の描写を見るとそれほど愚劣な人間でもないし、悪人でも無いよなぁ。良いように利用された善人という印象。アニメでの扱いほど無様な人間でも無いような印象を受けた。しっかしエルウィン・ヨーゼフ二世はひどいなw
ついでに紹介された銀河帝国の夏桀殷紂な話は面白かった。

銀河帝国ゴールデンバウム王朝歴代皇帝
ブクログ
Twitter
Archives
Weather


-天気予報コム- -FC2-
Profile

こしあん

Author: Seiyo Age: 30
Sex: Male♂ Address: 東京
Job: 永遠の学生
日々ダンジョンに潜り
ホークスを応援しつつ
時にはヴァナディールに身をよせ
通学中の読書の為に会社へ行く

TBP FFXI
TBP FFXIV
TBP SoftbankHawks
Banner
スポンサードリンク
Blog内検索

powered by Google
amazon
Vana'naVi
FinalFantasyXI
DARTSLIVE
VS PHOENIX
  • ライブドアブログ