2005年10月11日

最新の超臨界流体抽出法は有効か?

精油を抽出するためには
1、アンフラージュ
2、溶剤抽出法
3、冷圧搾法
4、水蒸気蒸留法
などがあります。ここではこれら4つの抽出法に関しては説明は省きますが、
メディカルアロマテラピーに用いることが出来る抽出法は、
3(冷圧搾法)と4(水蒸気蒸留法)のみとなります。
1,2の抽出法で得られるものはメディカルアロマテラピーには使用しないばかりか、
販売もしません。

この4つの抽出法以外に現在考えられている精油の抽出法の中で最も新しい技術が
超臨界流体抽出法(液化ガス抽出法)と呼ばれています。

この抽出法では、主に炭酸ガスが使用されます。
原料となる植物に圧力と液化したガスを注入して芳香物質を引き出す方法で、
加熱をしないため、熱による成分の特性を変質することなく抽出できるのですが、
この抽出法で精油と同じような成分を期待通りに得られるのか?
炭酸ガスを使用した際の問題などの研究がほとんどなされていないか、
まだその研究の結果があまり世の出てきていません。

そのためメディカルアロマテラピーには使用されません。
上記の研究、安全性、コストなど問題はたくさんあります。

水蒸気蒸留法に勝る抽出法はいまのところないのではないでしょうか。

水蒸気蒸留法の動画はこちら


harmonieblog at 18:58│Comments(2)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 香風花   2005年10月20日 20:09
一昨年前国際蘭展に出ていた蘭の香りというのがおそらくその方法で抽出されたモノでしょうか?最近思うのですが庭で楽しむ香りとアロマテラピーは、似ていて案外違うモノだと…(どちらも良いのですが。)特にアラビアジャスミン(茉莉花)を手にいれてからそう思います。本物を追求するのは、意外難しいですね。
2. Posted by アルモニ渥美   2005年10月21日 16:16
その蘭の香りを嗅いでいませんので、わかりませんが、
欄の精油を自分は聞いたことがありませんので、
人工的なものかもしれませんねぇ(^o^)

庭で楽しむ香りと精油は違うものです。
その香る植物を手でこすり合わせた時の成分と
精油は水蒸気を用いて蒸留するのですが、
その際に初めて発生する成分があるからです。

でも自然の香りは精油でなくてもいいですよね(*^-^*)


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔