2005年11月29日

植物の学名

精油には必ず学名の表記がなければ信頼ある、品質の良い精油とは言えない

というのはこのブログを見ていただいている方にはご承知の通りですが、
アルモニでは精油の学名に二名法を用いています。

例えばビターオレンジの場合は

ビターオレンジ(Citrus aurantium L.var.amara)
といいます。

どこの精油もCitrus aurantium までの表記がありますが(学名の表記がない精油は問題外です。)

アルモニではCitrus aurantium L.var.amaraまで表記しています。

Citrus  →属名
aurantium→種名
L.→命名者(植物学者)
var.amara→変種

本来は属名と種名はイタリック体を用い属名の頭文字は大文字とするらしいのですが
ネットショップの精油名は字体の変更が効かないためイタリック体にはしてません。

またビターオレンジの命名者はL.と短縮されてますが(短縮されてかわいそう(。-ω-)ノ
たとえば
イランイランの場合はCananga odorata Hook&Thom.ssp.genuinaなので
Hook&ThomつまりHookさんとThomさんが命名者となります。

みなさんおなじみの真正ラベンダーは実は2種類ありまして
Lavandula officinalis Chaix( Lavandula angustifolia Mill.)
つまりofficinalisのほうはChaixさんの命名
angustifoliaはMillさんの命名ですね!!
覚えやすいように統一してほしいのですが(+¬д¬)
真正ラベンダーは変種名がないということは変種ではないということですね〜

う〜ん日本人には難しいな〜(+_+)
harmonieblog at 02:00│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔