2006年04月21日

引越し通知忘れてましたm(_ _)m2

長らくご無沙汰しておりましたが、現在ブログの引越し通知を忘れていました。

今はこちらで、日記&メディカルアロマテラピーブログしてます。

はまぞうブログ→『アルモニのメディカルアロマテラピーをひろめた〜い日記』

最後に以前このブログで精油の消費期限のことを取り上げましたがよくよく見ると

訳が分からん文章でしたので訂正しま〜す!

ここから訂正で〜すm(_ _)m

今回は精油のパッケージやビンに記載される使用期限について書こうと思います。

だいたいどのブランドも使用期限が記載されますが、これだといつ抽出されたのかが
わかりません。
ここで精油が抽出された後どのように保管されるのかをかんたんに説明します。
(信頼あるブランドであればです)
抽出後精油は大きなかめに入れられて窒素注入されます。
もちろん温度や湿度も管理されます。
この保管技術は高くかなり長い年月成分劣化なく持つと言われます。ちなみにだいたい、どのブランドもこれを採用しています。
フィトサンアロームではここで一度成分分析され、この分析された日の日付が成分分析表に記載されます。

ここで月日が流れ(精油によっては年月)

そして各国からの注文を受けた後ビン詰めされ、フランスのフィトサンアローム社に
送られます。
フィトサンアロームではここでもう一度成分分析されます。
これは注文をだした精油とビン詰めされた精油が同じものかを確認するためと、
抽出後の大きなかめにいれた後ビン詰めされるまでの成分の変化がないかの確認の意味があります。

じつは他ブランドのほとんどがこのビン詰めされた日付けを記載しているのです。
これは重要なことで、抽出された日ではなくそれからどの位の月日、年月が経ったのかが分からない日付が記載されているのです。

これでいいの?

正直にビン詰めの日を記載しているとHP上で言っているブランドもあるようですが、
やはり世界のアロマテラピー消費者のため正確にこの1本の精油の情報を記載すべきだと思います。


これからははまぞうブログでお待ちしてま〜す!!!
harmonieblog at 10:47│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔