2008年03月20日

SEO対策キーワード選定方法

前回はキーワードアドバイスツールを使った、キーワードの選定の仕方について少し触れました。
さて、キーワードをいくつか調べて、それぞれの検索数がわかりました。
検索数が多いということは、そのキーワードにすればSEO対策は万全なのでしょうか?

残念ですが、それだけでは万全とは言えません。
キーワードの検索数が多いということは、そのキーワードに設定しているライバルサイトも多いということです。
ということは、SEO対策を行なっても上位表示されるのは困難ということです。

検索数が月に1,000,000あるとしましょう。
そのキーワードで3ページ目に表示されたとします。
そして訪問率が0.5%だとします。
すると、月のアクセス数が5,000です。

もう一つのキーワードでは検索数が月に100,000あるとします。
そのキーワードで1位に表示されたとしましょう。
すると月のアクセス数は10,000となります。

ちょっと極端な例かもしれませんが、1位に表示された場合、訪問率は検索数の10%程度です。
つまり、検索数が少なくても1ページ目に表示されれば、検索数の多いキーワードよりも訪問率は高くなるのです。

ではどうやってその選定を見分ければいいのでしょうか?
それはYahoo!カテゴリのアイコン表示で見分けます。
Yahoo!カテゴリというのは、Yahoo!が有料登録を行なっているリンク集のようなもので、これに登録されるだけで上位表示されるようになります。
その効果はYahoo!だけでなく他の検索エンジンにも及びます。

検索結果のページを見た時に、黄色いフォルダのマークが付いているページと付いていないページがありますが、フォルダのマークが付いているのがYahoo!カテゴリに登録されているページです。
もし何を検索してもフォルダのマークが無い場合は、検索設定を確認して下さい。

Yahoo!の検索結果ページの上部に【検索設定】というものがあります。
そこをクリックし、Yahoo!カテゴリリンク情報表示という場所にチェックボックスが付いているかを確認して下さい。
もし付いていなければ、そこにチェックして検索し直せば、フォルダマークが出てくるようになります。

そのフォルダマークが多いキーワード程、上位表示が困難だと判断出来ます。
Yahoo!カテゴリに登録されるという効果はSEO対策として圧倒的な力を持ちます。
それに対抗する為にYahoo!カテゴリに登録したとしても、必ず上位に表示されるとは限りません。
逆にyahoo!カテゴリ登録されていないサイトが多いキーワードならどうでしょう。
そのチャンスは広がります。

あなたのサイトがYahoo!カテゴリ登録されていないとしても、しっかりとSEO対策を行なえば戦えます。
さらにYahoo!カテゴリ登録をすれば、1位に表示される可能性も出てくるのです。
様々な組み合わせでキーワードを試し、上位表示の可能性が高いYahoo!カテゴリ登録の少ないものを探してみましょう。

これにはしっかり行なうとかなりの手間がかかります。
しかし、その効果はかなり大きいということが、後々実感出来るようになるでしょう。

このキーワードの選定はかなり大切です。
ただ漠然とこんなキーワードで検索されたい、と安易に決めてしまう方が多いのですが、それだけでは上位表示される可能性が低くなってしまいます。
キーワードの選定はじっくりと時間をかけて行ないましょうね。

haromaru1975 at 17:22 
SEO対策