天王寺動物園

2011年12月25日

天王寺動物園

この日は昼から訪れました。
名前の看板が出来てました。
1225-01
Q's MALLからの寄贈なのでロゴが入っています。
この横にでも顔写真を入れておいてくれたら嬉しいなあ、と思いつつ。
検討はしていただけるということでしたが、叶わないかなあ……。

今日はエサを置いていて、良くいる定位置にいました。
でも2匹しか見えません。
1225-02

もう1匹は岩場の隙間からひょっこり出て来ました。
1225-03

3匹並んだところです。
1225-04
1225-05

ここにエサが置かれていますので、この位置を一応定位置と呼んでいます。
1225-06

1匹ずつアップ。
3匹で並んでいた時の一番左のコです。
最初に2匹並んでいた時も左にいたコ。
1225-07
1225-08

真ん中のコ。
このコだけは正面顔が撮れませんでした。
1225-09
そして、このコはあくびをしたら必ず口を閉じた時に舌がちょろっと見えます。
1225-10
1225-11

最初に岩場の隙間にいたコで、3匹並んでいた時は右端にいました。
これはペレットを食べているところです。
1225-12
このコだけはあちこち動き回っていました。
1225-13
シャッタースピードを遅くしていたので飛んでいる残像です。
1225-14

この日はペレットと干し草が置いてありました。
1225-15


haropinkharo at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年12月17日

天王寺動物園

2010年6月に1匹、9月に残った1匹が亡くなって以来、天王寺動物園にはケープハイラックスがいませんでした。
入れる予定だけど時期は未定だと言われていましたが、ついに再開です。

Q's MALLでは「みんなのポイントで天王寺動物園にケープハイラックスを呼ぼう!」プロジェクトが行われていまして、ついに3匹プレゼントされることになったのです。
プレゼントされたのは、オス(そら)メス(ゆめ・ひかり)で約1歳ぐらい(輸入種なので誕生日とかは判りません)です。
Q's MALLで11月に名前を公募していたのですが、全く知らなかったので応募できませんでした……。
12月15日にお披露目&命名式が行われました。
それには参加出来ませんでしたが、17日に早速会いに行きました。
今回は原稿の最中で時間がなかったので、開園してすぐに行き、30分ぐらいでお別れしました。

どこにいるかな~と思ったら、上に固まっていました。
1217-1

1匹ずつアップで撮っていきました。
1217-2
1217-3
1217-4

葉っぱ付きの木の枝が差してあって、岩場の上には青葉が置いてありました。
1217-6


haropinkharo at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月28日

天王寺動物園

なかなか会えない天王寺動物園のケープハイラックス。
今日は会えるかなあ、と行ったところがこんな張り紙が……。
0928
病気だろうか、もしかして、お星様に?と気になりつつその日は帰り、後日、数日前にお星様になっていたと言うことが判りました。
結局一度しか会えずじまい。
6月にまず1匹が亡くなり、そして9月末にもう1匹も。
バナーとかで使っているケープハイラックスはここの個体なので、余計に哀しいです。


haropinkharo at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月09日

天王寺動物園

京都の後に神戸に寄って大阪に、というこの日の行動。
ここに着いたのは入園締切時間ぎりぎりになりました。
カメラを出していざ撮ろうと思ったら、姿が見えません。
私が来た時に、他の方が見ていた時はいたようなのですが、ほんの数分の差で何処に行ったか判らない状態に。
いつものことなので、仕方なく閉園時間まで粘りましたが、結局この日は出会えずじまい。
仕方ないので、前回は撮ってなかったものを。
0909-07

ついでに、エサの草だけですが。
0909-08


haropinkharo at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月05日

天王寺動物園

7月28日、8月1日と訪れた時には、何処に隠れたか全く判らずに出会えずじまい。
三度目の正直と訪れたら、ついに対面を果たしました。
その前に右側から。
0805-1
左側から。
0805-2
昼過ぎからは日が当たって、ガラス越しの撮影はかなり面倒になります。

ケープハイラックスがゾウの親戚に当たるということを判りやすく進化の過程を説明した図があります。
0805-3
イワダヌキという和名は、岩場に住むタヌキに似た動物、ということらしいですが、最初に見た時は、ウサギ?と思いました。

大阪の暑い夏の日、伸びている姿を3枚。
0805-4
0805-5
0805-6

他の方のブログを見たら、ここには2匹いると書かれていたのですが、1匹しかいません。
後に調べたら、6月頃にお星様になっていたようです。
会えなくて残念です。

後ろ姿もご披露。
0805-7
水を飲んでいるところです。
その後に上に登っての一枚。
顎のところが水に濡れているのが判りますか?
ちょっと判りにくですね。
0805-10

同じような写真になりますが、顔のアップ。
これは水を飲むより前です。
0805-8
違う角度で顔のアップ。
0805-9

そんなに広くないのに、時折姿が消えてしまいます。
ガラスが反射して見えにくいところもありますが、それだけが原因ではなく、本当に隠れるのが上手いみたいです。
ちなみに、下の写真にケープハイラックスがいるのですが、どこにいるか判るでしょうか?
0805-11
金網より手前は掃除道具などを入れている小部屋になっていて、その金網のすぐ側にいます。
この場所にいるとちょうどガラスの反射で死角になってしまい、全く見えなくなってしまうのです。
この写真は小部屋の上の隙間から適当に撮ったもので、まさか、そこに写っているとは思わなかったですね。


haropinkharo at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)