2022年11月01日

懐かしの「第15回港よこはまツーデーマーチ 第2日目 横浜港・公園巡り」2022/11/1再編集

2013/10/13 ホテルを出て、野毛ちかみちから桜木駅前へ。大勢の参加者が、駅前の信号を渡っていきます。左手に、帆船日本丸が浮かんでいる。
DSCF3765
汽車道を通って会場へ向かう。
DSCF3769
出発式において 関東甲信越リーグやセブンハーバー港リーグの完歩者に表彰式が授与さてました。
港リーグ表彰では、讃岐歩こう会のItoseさんをはじめ3名が受賞しました。
DSCF3779
体操・檄の後スタートし、昨日通った「開港の道」を山下公園へ進み、氷川丸付近で右折し、中華街へ入る。

DSCF3786

横浜公園(横浜スタジアム)では、露天の店が出ていました。
DSCF3788

関内駅付近を通過し、伊勢崎町へ入る。青江三奈の伊勢佐木町ブルースの歌碑前を通る。
DSCF3797
ここで記念撮影。

緩やかな坂を上がり、野毛山公園へ、
DSCF3800
ここで休憩中の参加者。
DSCF3802

大きい木のところで、10km/20kmコースが分かれる。案内のスタッフが案内していました。
10kmコースは右折し、坂を下りる。
次に、掃部(かもん)山公園でチエックポイント。トイレ休憩。井伊直弼の記念碑がある。
DSCF3805

横浜開港に貢献した井伊直弼の記念碑を建てる際に、井伊家の所有になりましたが、大正3年に市に寄付され掃部山公園となりました。桜に囲まれた広場の奥では、現在も井伊直弼の銅像が横浜の港を見下ろしています。(この項は、横浜市のホームページより)

坂を下って、JR高架下を通り、みなとみらい4丁目へ入る。
DSCF3808
高層ビルが林立している。
DSCF3810
1丁目を経て、赤レンガパークへの海岸線を進む。12:01ゴール。
DSCF3814
ゴールすると、ヘルシアウオーターを1本のおもてなしを頂く。

今日の参加者は、33km 299名、20km 614名、10km 286名、5km28名 役員他115名 計1,342名
完歩証を頂きIVVシールやオールジャパン・港リーグ・KKリーグのスタンプを頂く。預けた荷物も受け取る。
濡れたシャツなどを着替えて、Itoseさんと桜木町駅へ向かう。赤レンガパークの内部では、ライブが行われており、大勢集まって食事やビールを楽しんでいました。

クロスゲートというビル5階のファミマで缶ビールを買って、汽車通りの公園まで戻り木陰で昼食。
食後記念撮影。
DSCF3818
日本丸前からランドマークタワーへ。途中から動く歩道に乗ってタワー内へ。
内部は、商店街になっており、ライブが行われていました。
DSCF3823

DSCF3822
クロスゲート前や桜木町駅前でもライブが行われていました。

予定より早い電車14:01で、新横浜へ出る。
新幹線ホームのキオスクで「横浜レンガ通り」と「ミニ月餅」をお土産に買い、予定通り14:52新幹線ひかり517(指定席)で新大阪へ。
7号車乗車場所でいると、岡山のKisimotoさんと逢いました。「自由席ですので」と言って、カートを引いて、同じ新幹線の自由席がある後方へ行かれました。

帰りも、富士山は雲の中でした。
新大阪からは、20番線へ移動し、各駅停車のこだま755(指定席)に乗り変え、岡山→坂出へと帰路に就く。
今日のこだまの指定車両を増やしていますが、満席です。
西村京太郎の小説の残りを読んだり、車窓の景色を楽しみながら帰路に就く。晴れ、10kmコース続きを読む

harry101 at 14:41|PermalinkComments(0) オールジャパンウオーキング | ウオーキング

2022年10月26日

懐かしの「第15回港よこはまツーデーマーチ 第1日目 海と港と街めぐり」 開催2013-10-12 再編集2022-1-26

(2022-10-26再編集)2013/10/12  昨日、桜木町から電車で八景島シーパラダイスへ行きました。園内の水族館などを見て回りました。昨夜は、桜木町のベイホテルで宿泊し、朝食は、14階で頂きました。横浜のベイサイトを見ながらバイキング朝食です。
会場の赤レンガパークへ向かう。
ホテルから「馬車通り」経由で向かうため、大岡川に差しかかると、急ぎ足の一団に会う。
(駅から会場へ行く参加者ではないかと思い)100m位 この団体についていく。皆さんは、すでにゼッケンを付けており、40kmコースの一団とわかる。
地元の方に道を尋ね、「馬車通り」駅付近のローソンの角を曲がり、赤レンガパークへ向かう。

受付風景と20kmコース出発式風景
DSCF3662a
会場から大型客船「Pacific Venus」号が見える。
DSCF3666
神奈川県ウオーキング会会長の歓迎の挨拶
DSCF3668a
横浜市スポーツ振興課のIwasakiさんから健康づくりの話。
ストレッチ体操の後、元気に檄を放ちスタート。
巡視船の前を通過。赤レンガ倉庫の横を通過
DSCF3674 />
赤レンガ倉庫前に早やお客さんが列を作っていました。9:10
ランドマークタワーに向かって、軌道跡の汽車道(高島貨物線跡(横浜臨港線・山下埠頭線))を歩く。
DSCF3677

DSCF3680
桜木町駅方向へ進み、大岡川の桜並木に沿って歩く。
架かっている橋は、昭和3年、4年とか古い。地元よこはまウオーキング協会から参加の方とお話しできました。四国八十八ヶ所の歩きへんろを完歩されたとのお聞きしました。
DSCF3681
久良岐公園に到着。11:15
DSCF3685 
公園の中ほど、S字の坂の手前にあるベンチで昼食を採っていると、讃岐歩こう会から参加のItoseさんが坂を上ってこられた。
昼食を止め、後を追い、チエックポイントの押印箇所で追いつきました。自動販売機の前の空き椅子に座り、ご一緒に昼食を食べました。
今朝、「サンライズ瀬戸」で、来られたが、途中線路に異常個所があり、新幹線に乗り換えて来られたとのことでした。ここで、二人とも最中を食べながらスタート。
沿道の小学校では、運動会が行われていました。八幡橋歩道橋を越え、八幡神社前を通過する。チンドン屋さんが声援を送ってくれました。
DSCF3690
根岸駅を過ぎて、右手に横浜トヨペットが見えてくると、左折し、道なりに坂を上がり森林公園へ。
この坂は、石段がつづら折れに続く。ストックを組み立てて、坂を上ると、バラ園や休憩できるベンチのある場所に出る。
DSCF3692
自動販売機があり、冷たいアイスクリームや最中がよく売れていました。
ここでも最中を頂く。休憩していると、岡山から参加のKishimotoさんが到着する。
DSCF3693
ベンチが一杯になったので、写真を撮ってから、先に出発する。
坂を下り、馬の博物館の庭を通って、前の歩道を左折する。馬の博物館は、有料につき、玄関を入って受け付けに挨拶のみ行う。
DSCF3698

右側の歩道を、3〜4人のウオーカーが、速足で、通り過ぎていく。八景島シーパラダイスの入口のマリリンゲート前まで行って、折り返してこられた40kmコースの参加者たちです。
緩やかに坂を下り、地蔵坂を上る。マップによると、10kmコースと ここで合流する。
日本郵船の山手クラブ、カトリック教会をはじめ、別荘らしい洋館の家が続く。山手教会墓地や外人墓地がある。

DSCF3700

外人墓地は、200円の寄付で墓地内が見学できると宣伝していた。
DSCF3704a

外人墓地の前を、右折すると、港の見える丘に到着。
DSCF3706
ここの信号は、車用が先に青になり、歩行者用は、赤のままです。注意が必要。
DSCF3707
皆さん、ベイブリッジをはじめ横浜のベイサイトの景色を楽しんでいた。
DSCF3709

筆者は、40年位前に、大井電気という通信機メーカーへ工場研修のため、菊名駅前の旅館に1週間滞在した。その時、山下公園や桜木町へ来たことがあります。マリンタワーに上がったが、揺れるようで気持ちが悪かった記憶があります。

コースに従い、階段を下りると林の中に「米軍機の墜落により被災した母と二人の少女の像があった。
DSCF3713
マリンタワーを正面に見て進み、
DSCF3715
人形の家に沿って進み、ガラス越しに人形が見られる。
DSCF3720a
DSCF3721

スタッフの誘導により進み、山下公園へ出る。ここは、特に人出が多い。
DSCF3722
氷川丸の前を通過し、
DSCF3724
銀杏並木の歩道をすすみ、開港の道・山下臨港線プロムナードへの階段を上る。


ゴールが見えてくる。
DSCF3729
象の鼻喫茶店前を通過し、汽車道の橋を渡ると、スタッフが会場方向を手で案内して頂く。右折し受付のあったテントへ進む。
DSCF3732
大勢のスタッフの拍手の中ゴールする。15:00
本日の参加者数が掲示されていた。40kmコース 253名、20kmが一番多く764名、10km 253名、5km 26名 、スタッフ・役員119名、合計1,420名。
IVVシールを頂き、KKリーグの申し込み、500選のスタンプを押していただくなどの用事を済ませて、会場を後にする。
日本郵船へ就職し乗船した級友もいるので、今日は、氷川丸を見学して帰る。
2013-11-12-氷川丸2-乗船見学
汽車道りの橋まで戻ったとき、馬の博物館で別れたItoseさんとKishimotoさんに再会する。明日の再会を約束して別れ、山下公園へ向かう。
2013.10.12(土)快晴 暑い一日でした。

harry101 at 15:58|PermalinkComments(0) オールジャパンウオーキング | ウオーキング