2015年10月06日

(9月29日)北海道ドライブ旅行(3日目)--霧多布、知床峠、オシンコシンの滝

朝、厚岸駅前を散策 ホテル五味
DSCF6500w

厚岸駅 駅前で記念撮影(宮下さん撮影)
NKX_0253
 釧路行き通勤・通学列車 高校生の姿がありました。
DSCF6503w

駅舎周辺 駅の裏に根釧国道が走っています。
DSCF6505

朝食、朝食後カーナビを設定、8時出発 厚岸大橋通りを進み、厚岸大橋を渡る。(写真は、宮下さん撮影)
NKX_0261
を渡り、
なぎさドライブウェーを進む。琵琶瀬展望台で休憩 
DSCF6507w
 
="0" alt="DSCF6510w" hspace="5" class="pict" />

霧多布灯台のある風景 霧多布方面展望(霧多布湿原)
DSCF6508w

霧多布大橋を渡る。(写真は、宮下さん撮影)
NKX_0293

霧多布駐車場へ到着 厚岸道立自然公園の表示
DSCF6511

記念撮影
DSCF6512

霧多布展望台
DSCF6515

展望台から霧多布灯台を望む。
DSCF6517w

風蓮湖付近を走行中、突然、野生のシカが、車の左前方に現れる。ちょっとブレーキを踏むと、鹿は、車をちらっと見て、前方を駈けて行った。助手席から撮影(宮下さん撮影9/29 9:46)
NKX_0303

別海北方展望塔  叫びの像
DSCF6518

3階 展望室 北方領土が良く見える。
DSCF6521

2階展示室
DSCF6522

1階売店でソフトクリームを頂く。
ホッポーロードを進み、右折して、野付半島に下りていく。休憩所と駐車場からの眺め 途中、野鳥が沢山飛来して休んでいました。
DSCF6528

DSCF6526

標津町内に入り、左折する。サーモンパークに到着(標津サーモン科学館)
DSCF6531

水族館
DSCF6540

DSCF6543

DSCF6544

展望塔より標津川を望む。
DSCF6546

橋の上から、標津川を遡上するサーモンを観察できる。群れになって遡上してくるが、撮影は難しい。11:58
DSCF6548

道の駅「知床・らうす」で昼食(写真は、「駅知床・らうす - Wikipedia」よりシエアしました。)
mitinoeki らうすStation,_Hokkaido

大勢の来客が訪れていました。駐車場の残が少なくなっていた。国後島の峰々、西に羅臼岳が良く見える。2階食堂で昼食、1階はお土産が沢山
DSCF6553

知床峠 上り坂 ホテルが沢山見られる。カーブの坂が続く。
DSCF6555

峠が近い 木々が低くなる。
DSCF6561

知床峠は、風強く、大変寒い。14:13
DSCF6562

北方領土方向を観る。
DSCF6566

北方領土方向指示板
DSCF6565

急な坂を下って、右折し、しばらく走ってから、知床五湖へ到着。係員の案内に従って有料駐車場へ駐車、正面の建物の案内所で資料を頂き、見学方法を知る
木道を一湖へ(木道上を歩き、一湖までは無料。)
知床五湖 案内板(宮下さん撮影)
NKX_0412

DSCF6569

DSCF6572

F1000305

ウトロの海岸風景 根室半島が地震活動で出来たことを証明しています。溶岩がまだ冷えない内に海に沈んだため、柔らかい岩になっています。(2016.11 ブラタモリより)
F1000306w

オシンコシンの滝 16:10 双美の滝ともいう。突然の雨、売店へ駈けこむ。自転車で北海道旅行の方も売店の軒下で雨宿りをしていました。
F1000307

F1000308

今日のホテル、小清水温泉ふれあいセンタ−へ向かう。途中、雨が止んで、正面から夕陽が運転席・助手席に差し込んで来る。

小清水の町をカーナビに従って、ふれあいセンターへ到着。厳選100%のかけ流しの湯、歩行湯・ジャグジー・寝湯など浴槽も豊富でサウナも完備の温泉に入り疲れをいやす。夕食は1階食堂で頂く。お土産もフロントで「北見のハッカ飴」を買う。9月29日
行程地図
DSCF6735


今日のヒヤリハット
今日のホテル、小清水温泉ふれあいセンタ−へ向かう。途中、雨が止んで、正面から夕陽が運転席・助手席に差し込んで運転が難しい。
見にくい前方を注視していると、逆光の中、黒い服を着た人影が、右方から突然横断してきた。
キューブレーキで徐行する中、御婦人は、急ぎ足で道路を横断して行った。


別海北方展望塔
北方展望塔は、別海町内のオホーツク海に面した海岸線に建つ展望施設です。総理府(当時)と北海道は、昭和53年に「北方領土を目で見る運動」を提唱し、国民の一人でも多くが北方領土問題に直面する現地に行って北方領土を目にしてもらうよう関係機関・各団体と連携してこの運動を進めることとなりました。

これを受け、北方領土対策協会により昭和57年、国庫補助により国後島の雄大な姿を目の前に見ることができる別海町尾岱沼の「白鳥台」に、北方展望塔が建設されました。
展望塔からは、野付半島やオホーツク海に浮かぶ北方領土の国後島が一望できます。
「叫びの像」が建立されております。これは、山形市の実業家故鈴木傳六氏が北方領土返還要求運動のために昭和57年建立し寄贈されたもので、「島を返せ」と叫び続ける国民の総意を、老女とその孫に託した様子が力強く表現されております。
また、野付半島から国後島までの距離は16kmであり、この距離にちなみ、「四島」に見立てた四本の柱と、叫びの像の間が16mになっています。(北方四島ホームぺージ) ご参照ください。
hoppou-tenboutou


オシンコシンの滝
名前の由来はアイヌ語で「川下にエゾマツが群生するところ」を意味する「オ・シュンク・ウシ」から転じた。
駐車場から滝の中ほどまで階段で登ることができ、岩盤の節理面に大きく2つに広がって流れる滝を正面から間近で見ることができる。知床八景の一つに数えられる。(ウイキペディア)ご参照ください。

知床遊覧船
知床遊覧船は、ウトロ地方が強風のため、昨日、今日と運休していました。

harry101 at 14:10│Comments(0)TrackBack(0)国内旅行 | 旅行

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字