2015年10月07日

(9月30日)北海道ドライブ旅行(4日目)-網走監獄、北見、石北峠、流星の滝

小清水温泉ふれあいセンター 6時から温泉入浴、6:30カーナビ設定、7:00から朝食、8時まえ出発。
小清水原生花園、涛沸湖を左に、右に網走本線を見ながら進む。網走駅を過ぎ、網走監獄に到着。小雨、備え付けの傘が準備されていました。
鏡橋を渡る。
DSCF6575

入口 入場券を購入し入場
DSCF6577w

正門で記念撮影
DSCF6579mz

庁舎に入る。典型的な明治期の官庁建物、和洋折衷が特徴、総瓦葺き、霧妻造り
DSCF6580

典獄は語る。監獄の歴史を語る。
DSCF6581

展示コーナーがある。囚人の過酷な労働を知らさせている。
DSCF6582w

(宮下さん撮影)
NKX_0433監獄

休泊所 仮の宿舎 道路開削時に使われた。
DSCF6584

農場
DSCF6585w

雑居房、ストーブは2個だけ
DSCF6587

教誨(きょうかい)堂
DSCF6588

教誨堂内
DSCF6589

風呂場を見た後、物産館でお土産を買って、監獄を後にする。
網走湖を経て、北見街道 玉ねぎの収穫が終わっていました。青く見えのは玉ねぎの入ったケースにブルーシートが掛けられている。
DSCF6590w

北見市中心部 ホテルがある。
DSCF6591

讃岐富士に似た山が正面に見える。北見富士
DSCF6592w

北見市内でガソリンを給油し、トイレ休憩する。
道の駅「おんねゆ温泉」に到着する。
DSCF6601w

食事処で昼食
DSCF6600w

正午から世界最大級のハト時計の演奏始まる。
DSCF6593

全景
DSCF6595

5人の人形による演奏 大きなハトは、12時05分頃現れる。
山の水族館へ立ち寄る。 

DSCF6597


石北峠 12:55 峠は寒かった。売店ある。念のため、トイレは反対側の丘の上。
DSCF6603

110キロの旅路へようこそ 北見市
DSCF6602

長い流星トンネルを過ぎると、左折(急カーブのため、ゆっくり進む。)すると、すぐ、流星・銀河の滝への駐車場へ到着する。小雨

銀河の滝
DSCF6607


トイレなど付属建物があり、川沿いに遊歩道がある。川へ流入するせせらぎなど見て歩く。
DSCF6611

流星の滝 滝の景色は、平成8年(19年前)の訪れてた時と変わらない美しさです。
DSCF6613

雨の中、層雲峡・黒岳ロープウエー乗り場へ到着、今日は風強く、ロープウエーは休止、観光客が運行開始を待っていました。

ロープウエー乗り場から、ホテルへの道を迷いましたが、再度ロープウエー乗り場から川を渡って坂を上がり今日のホテル、層雲峡朝陽亭へ到着。小雨のため入口を撮影 14:07 
DSCF6615bk

エントランスを入ると、浮舞台に大太鼓が展示されたいました。
DSCF6616

チエックインにまだ早いので、ロビーで休憩。
15:00チェックイン、6階にある素敵な「和洋スタンダード部屋」に入る。
部屋から見える大雪山の冠雪。向かいにもホテルがある。
DSCF6617

7階にある大浴場の温泉に入る。事前に聞いていたが、外人観光客が多い。冠雪で白銀に輝く大雪山が素晴らしく、美しく見えます。
夕食は、1階でバイキング料理、夕食の後は、ビンゴゲーム(500円)に参加、賞品をゲットする。賞品が当たらなかった人は、200円の買い物券が贈呈される。
有志の友人は、カラオケバーを楽しんだ。
1階、スロープを下りていくと、おみやげ処があり、旅の思い出に層雲峡のお土産を買い求める。層雲峡朝陽亭泊 9月30日

行程地図(網走経由で観光しました。)




監獄秘話「囚人が開いた土地」
道央とオホーツク沿岸を結ぶ道路の開削工事が、千人を超える囚人により昼夜兼行で強行されました。逃亡を防ぐため囚人は二人ずつ鉄の鎖でつながれながら(連鎖という)の重労働でした。「博物館 網走監獄」ご参照ください。

キタキツネ牧場は、今回は見学しなかったが、1996.8バスツアーで訪れたとき入場した。
この柵の中には、小鹿がいました。
kitakitsune


harry101 at 21:31│Comments(0)TrackBack(0)国内旅行 | 旅行

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字