HARRY THE MOVIE ♪HAPPY HARRYの映画三昧♪ - livedoor Blog(ブログ)

December 31, 2009

♪こんにちはHARRYです♪

harrythemovie

\(*´▽`*)/いらっしゃい♪

ここでは、わたしが映画について好き勝手語っています。

みなさまの参考になるかどうかはわかりませんが、同じ作品についてのご意見感想など、話し合えると楽しいかなって思いますので、よろしかったらリンクフリーで仲良くしてください。

過去の映画ログ、HARRYの日常などはこちら↓にもありますので、合わせてヨロシクお願いいたします。
!!!HAPPY HARRY HAPPY!!!


では♪\(*´▽`*)/

February 23, 2009

BUG 4

えらいもん観てしもた・・・・・(-_-#)
これは愛し合う二人にしか見えない虫が絆になった狂気のラヴストーリーだ


ネタバレ有りですが・・・・

収録時間:142分
レンタル開始日:2009-01-23

Story
『エクソシスト』のウィリアム・フリードキン監督によるサスペンス。息子を失い傷心のアグネスは、元夫の暴力から逃れるためにモーテルにひとり身を潜めていた。そんなある日、彼女は辛い過去を背負うピーターと出会い心を通わせ始めるのだが…。R-15(詳細こちら



私ってぇちょっと変なんだよね〜
なんていってる不思議チャンに限ってまともだったりする。

ヒトの精神が正常か異常かというのは、最終的には客観的に判断されるもので、自分自身では迷いながらそれを無意識に自問しながら生きているんだと思う。

しかし、大きな喪失感で生きる希望や目標が見えないまま過ごす人間にはそのボーダーラインがとてつもなく危うい状態に陥る。

そんな状態で、本物の精神疾患者と結び付いてしまった恐怖を描いている。


アグネスは、息子が行方不明になるという大きな喪失感を抱き、暴力亭主の仮出所から逃れる為に、寂れたモーテルで一人暮らしていた。
そこに現れたピーター・・・彼もまた、恐ろしい過去から逃れようとしていた。
 
その過去とは、軍の人体実験によって身体に虫を埋め込まれ、逃げ出してきたという。驚くアグネスもしだいに彼を必要に感じて一緒に暮らし始める。
しかし彼に埋め込まれた虫は身体から出てきて、噛み付く。それがいつしかアグネスにも感染していき、二人は体内にうごめく虫や、部屋中飛び交う虫と格闘しながらも外には出られない。
身体中で動きまわる虫を探す為に、自らの歯を抜いたり身体中を傷つけていくピーター。部屋中にアルミホイルを覆い虫よけライトで格闘していく。
bug
…しかし
この恐ろしい虫が見えるのは二人だけ。

ピーターは、あの訪れた男が言うように、妄想症で精神病院から逃げ出してきたの異常者なのか、それともそれはピーターがいうように軍の陰謀なのか…
アグネスにかかってきた無言電話と行方不明の息子には関係があるのか…

でもそんな事は、出会うべくして出会った二人を引き離す理由にはならないし、そこを追求することは隣の家庭を覗き見るようなゲスささえ感じてくる。
それほどまでに強く結ばれてしまった二人なのだ。



ホラーとかサスペンスを観る時って、気合入れてワクワク感を膨らませて、いつくるか?どうくるか?って感じなのに・・・
前半一時間ほど、一体どうしたっての??っていう変わらない展開にイライラしてきたところから、実は本作の真の恐怖が始まっていた!
そして緊迫感あるクライマックスからエンディング・・・そして今でも、あのざらついたような、いやな感覚は抜けることはない。
例えるならば、冷えたビーフシチューを口にした後に残る固まった脂分の不快感みたいな感じが、今も続いてる・・・・・・・

狭いモーテルの一室という設定で舞台作品の延長って雰囲気ながら、最初ッから最後まで、凝った演出やカメラワークで魅せてくれて、さすが巨匠ウィリアム・フリードキン!
でもこの危うい作品、好き嫌いがはっきりしてるだろな・・・・
はまって心底評価してしまう自分のボーダーラインが心配なので★4つ!

bug2

May 23, 2008

AKEELAH and the BEE 5

ムービーマーク2008・5・22 レンタル/自宅で鑑賞

純粋でまっすぐな気持ちが一番強いんやね♪
あのローレンスフィッシュバーンと「TINA」のアンジェラ・バセットが共演??配給会社がライオンズゲートにスターバックス??素晴らしいサントラに舞台はL・Aサウスセントラルなのに白人監督??

日本じゃ公開もされてないらしいのに、とにかく最高な感動作でした!
\(*´▽`*)/



akeelah3


2006 LIONS GATE FILMS INC. AND 2929 PRODUCTIONS LLC. ALL RIGHTS RESERVED

【STAFF】
監督・脚本:ダニー・アチソン
製作:ダニー・リュウェリン
マイケル・ロマーサ
ローレンス・フィッシュバーン
シド・ギャニス
ナンシー・フルト・ギャニス
音楽:アーロン・ジグマン

公開年 2006
国 アメリカ
カラー/B&W カラー
ジャンル ドラマ,ファミリー
時間 113分


【STORY】
幼い頃に父親を亡くした11歳のアキーラは、家族とギリギリの生活を送る毎日。そんな暮らしの中、唯一の楽しみが英単語のスペルをマスターすること。ある日、アキーラのスペル力の高さを見抜いた元UCLAの英語学科長ララビー博士が、全国スペル大会でアキーラを入賞させるべく、コーチとして名乗りを上げた!何度も優勝しているライバルが現れたり、家族に大会出場を反対されたりしながらも、アキーラは大会に向け、スペルの暗記に励む。果たして、アキーラは、夢に見る優勝を手にできるのか・・>



akeelah2最初はディープカヴァーマトリックスシリーズでお馴染・・・ってか、クールでコワイ親父ナンバーワンのローレンスフィッシシュバーンのヒューマンドラマっていうことしか知らずに観だした作品だったんだけど・・・・・・

・・(´;ω;`)ウッ…

まあ、あか抜けない・・・・ってか、どちらかというと第一印象は(・_・)エッ......?って感じのごくフツーの11歳のアキーラ(KEKE PALMER)が主演。
舞台はあのボーイズ’ン・ザ・フッドと同じL・Aのサウスセントラルって、ギャングだのなんだのそりゃあ治安の宜しくない黒人の街。
ここに普通に中学校に通うアキーラ。彼女の趣味がスペルを覚えること。
幼くして亡くした父親とスペルゲームをした記憶からだけど、11歳にして飛び級するほどの秀才ぶりなのに、周りからガリベンだと思われたくなくてジレンマも抱えちゃってる。
・・・・・で、そんなアキーラの才能を伸ばすことが学校の発展にも繋がると、スペル大会っていう、日本でいうところの漢字検定+英語のヒヤリング大会みたいな(?)コンテストに出場させることになるわけだけど。。。。
(´;ω;`)ウッ…




AKEELAH1もっともっと勉強したい・・けど、どうすれば?

母親の反対や、コーチの心の傷、友達との事・・・・いろんな事があるけど、揺るがないのはアキーラの一途な大会への気持ち。
その熱意と情熱が、家族に、身近な人に伝わり、地区大会、州大会に進出。最後には最年少で学校初の全国大会にまで出場することになる。

そうなると同時に、アキーラの努力が家族や学校の友人や、街の誇りとかわっていく。単語帳のスペルもまともに読めないような街の住人達や、ギャングまでもが、アキーラを手伝って、全国大会を応援していくのだ。

もうこのあたりがたまらない・・・・。・゚・(ノД`)・゚・。


「希望」を見出せず、無駄に命をなくしてしまったり、人生を無駄に過ごしたり・・・この街の舞台となるサウスセントラルというところでは、ハードな黒人のTHUG LIFEみたいなものを描いた作品が多かったけど、本作に描かれてるのはとても真っ直ぐで、温かい。
どんな人間でも、自分の内にある力を信じて進めば必ず希望が見える。
諦めず進んでいくことだ。


特典映像でダニー・アチソン監督自らがこれを強く感じたからこそ、この作品が生まれて、この作品に関わった全ての人々の心を動かし、私にまで低予算作品とは思えない大きな感動を与えてくれたんだと思う。






本当に劇中の曲の使い方が粋で、最後までキュンキュン吸い込まれてしまいましたよ。


ええ作品でした♪(人´∀`).☆.。.:*・゚


・・・・・しかし・・・・
邦題が「ドリームズ・カム・トゥルー」ってどうなんやろか・・・・・?
吉田美和の顔が浮かんでしまうし・・・・他になかったのかなあ・・・・・?(-_-#)


 □■□■□■□■□ □■□■□■□■□ □■□■□■□■□ □■□■□■□■□


HARRYのその他映画レビューは!!!HAPPY HARRY HAPPY!!!でお楽しみください♪







May 11, 2008

グリーンマイル 5

ムービーマーク2008・5・10 TV「土曜プレミアム」自宅にて鑑賞

実はテレビで放映されるたびに見ましたが、いつも途中のジョンコーフィが奇跡を起こしだすシーンから・・・・・

昨日初めて!最初から最後まで観ました。スッキリ!そして爽やかな感動です♪
\(*´▽`*)/



カテゴリ ドラマ
製作年 1999年
製作国 アメリカ
原題 THE GREEN MILE
時間 188分
公開日 2000-03-25〜

収録時間:188分
レンタル開始日:1999-01-01

Story
大恐慌時代の1935年。ポールはジョージア州にある刑務所の、死刑囚舎房の看守主任。同僚と共に”グリーンマイル”と呼ばれる通路に続く電気椅子で、受刑者を心安らかに死なせてやるのが最大の勤めだった。ある日、双子の少女を惨殺した罪で、大男の黒人コーフィーが送られてきた。それ以来、不思議な出来事が次々と起こり始め、彼の同僚と他の囚人達は、やがてコーフィーは無実だと確信するのだが…。

アカデミー賞作品賞他4部門にノミネート。「ショーシャンクの空に」の監督フランク・ダラボン、原作スティーブン・キング、アカデミー賞俳優トム・ハンクス主演で贈る話題作!!ある刑務所看守が出会った、1人の死刑囚との不思議な体験を描いたドラマ。(詳細こちら



続きはここからデス(b´∀`)♪

May 07, 2008

ナンバー23 4

ムービーマーク2008・5・7 レンタル/自宅にて鑑賞

ジムキャリーの新境地?
でもやっぱやってくれますね♪この作品、私は深い愛に包まれてると思いました。
           \(*´▽`*)/

23a
2007年:アメリカ R-15

収録時間:101分


the number 23/オフィシャルHP



【STORY】
動物管理局に勤めるウォルター(ジム・キャリー)は、自分の誕生日に1匹の犬の捕獲に手こずり腕をかまれてしまう。同じ日に、妻(ヴァージニア・マドセン)から“ナンバー23”という本をプレゼントされる。読み進むうちにウォルター自らの生い立ちに酷似した内容と「23」の数字に取り憑かれたは23という数字に取りつかれ始め……。(詳細こちら



23b【HARRY'S】

「23」という数字にまつわる様々な偶然・・・・・
名前のアルファベットを足すと「23」になる!ォオー!!(゚д゚屮)屮
・・・・とか、人の染色体の数の半分は「23」だΣ(゚∀゚ノ)ノキャー
・・・・とか、色の番号を足したり引いたりすると「23」(;´Д`)ノオオオ
だとか・・・・

はい。もう、言い出すときりがないくらいこじつけで、ココにピンとこない人間にはこの数字にとりつかれて一喜一憂、おかしくなっていく登場人物に対して「・・・・で、だからどうしたのさ??」っていうくらいついていけず、一緒に観てたOTTOもコックリ居眠りしてしまうほど・・・・・

しかし、なんでそこまで「こじつけ」に執着するのか?
これまでのジムキャリーでは見れなかった、ダークな世界観や表情に、濃厚でエキサイティング(?)なラヴシーンと、心優しい夫・父親役を演じこなす彼は、私を飽きさせることはなく、「なんで?なんで?」って最後まで楽しめました。

この恐ろしい「the number 23」を書いた作者は何の為にこれを書いたのか?
そして最終章、第23章の結末はどうなるのか???



おもいっきりネタバレ感想いきますよ♪(σ・∀・)σYO!!


続きはここからデス(b´∀`)♪

May 03, 2008

THE LAST KING OF SCOTLAND 5

ムービーマーク
2008・5・3 自宅にて鑑賞(BY/OTTO COLECTION)

これは歴史的伝記であり、最高のフィクション!サスペンススリラーだ。

★★★★★

カテゴリ スリラー/サスペンス ドラマ
製作年 2006年
製作国 イギリス
原題 THE LAST KING OF SCOTLAND
時間 125分
公式サイト movies.foxjapan.com/lastking/
公開日 2007-03-10〜
監督 ケヴィン・マクドナルド
R-15

収録時間:123分
レンタル開始日:2007-10-05

Story
フォレスト・ウィテカーのアカデミー賞主演男優賞をはじめ、映画賞を総なめにした社会派サスペンス。



     ※HARRYのその他映画レビューは!!!HAPPY HARRY HAPPY!!!でお楽しみください♪(*´∀`)
続きはここからデス(b´∀`)♪

May 01, 2008

黒猫(13 thirteenより) 3

ムービーマーク2008・5・1 レンタル/自宅にて鑑賞

古典作品の決定版!
やっぱ咳するときは、手を当てなきゃいかんよ・・・・・(-_-#)





13・黒猫【原題:The Black Cat】
[R-15指定相当]
【監督:スチュアート・ゴードン】
1947年8月11日生まれ。「ZOMBIO(ゾンバイオ)/死霊のしたたり」('85)、「フォートレス」('92)
原作:エドガー・アラン・ポー 
脚本:デニス・パオリ/スチュアート・ゴードン
出演:ジェフリー・コムズ エリース・レベスク


【STORY】
ポーはなぜ「黒猫」を
書かなければならなかったのか?
元は人気小説家だったエディ。しかし今はスランプに陥り、酒に溺れていた。
さらに献身的で美人の妻が重病を患い、自暴自棄でどん底の生活を送っていた。
ついに満足な治療を受けさせることもできず、妻は死んでしまう。
悲しみに明け暮れたエディは、不幸の何もかもが、飼っている黒猫のせいだと八つ
当たりし、殺してしまう。
その途端信じられないことが起こる・・・。

13 thirteen「マスターズ・オブ・ホラー」第2シーズン
(全米のTV局の企画で、世界各国から“恐怖の達人”が集結し、1話完結のストーリーでその腕を競った一大プロジェクト「マスターズ・オブ・ホラー」。鬼才・三池崇史やトビー・フーパーらを迎えたシーズン1に続く第2弾では、トム・ホランドや「リング0 バースデイ」('00)の鶴田法男らが登場。13人の監督が、独自のスタイルで恐怖を放つ。 )

続きはここからデス(b´∀`)♪

April 30, 2008

男が女を殺すとき(13 thirteenより) 4

ムービーマーク 2008・4・30 レンタル/自宅にて鑑賞



愛する家族が、夫が・・・世の中の男性全てが自分を狙う殺人鬼と化したら??
こういう緊迫感は好感持てます♪・・とはいえ、もし現実ならこの上なく恐ろしい話だ・・・・・・・(´・ω・`)


13・男が女を殺すとき13 thirteen 男が女を殺すとき

製作: 2006年 米
監督: ジョー・ダンテ
出演: ジェイソン・プリーストリー / エリオット・グールド

[原題] The Screwly Solution 
[R-15指定相当
[カラー]  収録時間:60+15min.


【STORY】
米国で総死者数1000名を超える、暴力事件が続発。被害者は女性で、犯人はすべて男性だった。この怪現象は世界に拡大し、やがて原因が謎のウィルスだと判明。国は男女を隔離すべく女性専用シェルターを建設するが…。

【監督:ジョー・ダンテ】
1946年11月28日生まれ。
「ピラニア」('78)、「グレムリン」('84)、「スモール・ソルジャーズ」('98)
13 thirteen「マスターズ・オブ・ホラー」第2シーズン
(全米のTV局の企画で、世界各国から“恐怖の達人”が集結し、1話完結のストーリーでその腕を競った一大プロジェクト「マスターズ・オブ・ホラー」。鬼才・三池崇史やトビー・フーパーらを迎えたシーズン1に続く第2弾では、トム・ホランドや「リング0 バースデイ」('00)の鶴田法男らが登場。13人の監督が、独自のスタイルで恐怖を放つ。 )





続きはここからデス(b´∀`)♪

April 29, 2008

ドリーム・クルーズ(13 thirteenより) 4

ムービーマーク2008・4・29 レンタル/自宅にて鑑賞

ジャパンホラーの定番となりつつあるこのパターン・・・
ハッキリいって私は苦手・・・ってか、キモイ・・・・ってか、残像残りまくり・・・・
_| ̄|○ il||li

クライマックスから後半は、目隠し指の隙間から早送りで見ました(-_-#)

ドリームクルーズ2ドリーム・クルーズ
DREAM CRUISE
88分
ホラー・スリラー
公開日: 2007/05/12
洋画
メインキャスト: 木村佳乃, ダニエル・ギリス, 石橋凌、蜷川みほ
ドリームクルーズ・オフィシャルHP



【STORY】
資産家の斉藤英治は、若い美人妻の百合、彼の顧問弁護士であるジャックと共に東京湾クルーズに出かけた。ジャックと百合は不倫関係にあり、薄々英治はそのことを感じ取っていた。誰にも邪魔をされない洋上で、彼らそれぞれが思惑を抱いていた。海が夜の闇に支配された時から、英治の言動に奇妙な変化が起きる。誰の助けを呼ぶこともできない隔絶されたクルーザーの中で、やがて海に棲む怨念の存在が明らかになる。それぞれの愛と欲望が渦巻き、夢のクルーズ(ドリーム・クルーズ)が“悪夢のクルーズ”へと一変していく…。

【監督:鶴田法男】
1960年12月30日生まれ。「リング0 バースデイ」('00)、「案山子 KAKASHI」('01)、「予言」('04)

13 thirteen「マスターズ・オブ・ホラー」第2シーズン
(全米のTV局の企画で、世界各国から“恐怖の達人”が集結し、1話完結のストーリーでその腕を競った一大プロジェクト「マスターズ・オブ・ホラー」。鬼才・三池崇史やトビー・フーパーらを迎えたシーズン1に続く第2弾では、トム・ホランドや「リング0 バースデイ」('00)の鶴田法男らが登場。13人の監督が、独自のスタイルで恐怖を放つ。 )


続きはここからデス(b´∀`)♪

April 17, 2008

主人公は僕だった 5

ムービーマーク2008・4・14 自宅で鑑賞

ある日突然、自分の行動を客観的にアナウンスする声が聞こえたら??
なんともいえないこの発想にビックリ!


収録時間:113分
レンタル開始日:2007-12-19

Story
『ネバーランド』のマーク・フォースター監督、『奥さまは魔女』のウィル・フェレル主演によるコメディ。国税庁の会計捜査官として、変わり映えしない生活を送っていたハロルドにある日突然、“女性の声”がどこから(詳細こちら


     ※HARRYのその他映画レビューは!!!HAPPY HARRY HAPPY!!!でお楽しみください♪(*´∀`)



続きはここからデス(b´∀`)♪

livedoor プロフィール
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
最新コメント
QRコード
QRコード
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ