2007年08月05日

さあ帰国4

自室窓からの眺め






自室の窓から見える景色は9ヶ月前と何ら変わっていない。変わった事と言えばバーガーキングがこの街エレリーに出店していたことくらいかな(@_@)

バーガーキング




今トルコはプチバブル状態で、物価がどんどん上がっている。日本円換算で一例を出すと、たとえばタバコ(マルボロ)が450円、ガソリン1リットル250円なんて感じ。商社の現地駐在員によれば日本よりも格差社会になっているらしい。ガソリンはイギリスの今の価格と一緒だからビックリする。産油国がすぐ隣にあるのにね。

あっという間に滞在期間が過ぎて4日出発で帰国となった。次は18日日本出発の予定。自室を朝7時に出発。まずはイスタンブルまで車で4時間の旅。高速道路の中間地点でいつものSAで休憩。今回の足はシトロエンC5、写真の左側の黒い車だ。相変わらずたっぷりとしたシートでフランス車独特の包み込むような感じだけど、腰に全く負担がかからない。ドイツ車の固めのサポートとはアプローチが違うけど、長距離を車で移動する文化で培われているんだね。個人的にはフランス車のこの感じが好きだ。

高速道路SAで休憩






さて休憩もそこそこに一路イスタンブルへ。今日は途中で航空券を受け取る都合があるのでボスポラス海峡沿いを通って空港へ向かった。ここだけじゃないけど、何気なく街の中に遺跡がぽろっとあったりする。この壁もそうだ。

IST海沿い







順調に移動、チェックインしトルコ航空のラウンジでしばしくつろぐ。もちろんここにも近代トルコの立役者、ケマル・アタチュルクの肖像画が掲げてある。

トルコ航空ラウンジ






ということでオランダ・アムステルダムまではトルコ航空で移動だ。


TK機材






快適なフライトを過ごしあっという間にアムステルダムだ。やっぱり水だらけ?^^; 空から見ると運河が多いよなぁ〜

アムス着陸前






乗り継ぎで4時間弱の時間がある。流石と言うか当たり前だがKLMの機材だらけ。

KLM機材






一方成田へ向かうJAL機は勿論隅っこに(^^) 
さぁ帰ろう、とりあえず。


JL機材



harryyb at 23:59│Comments(0)TrackBack(0)clip!移動 | 色んな場所

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
訪問者数