「話がずれている」
最近、脱線事故の報道を見て思うのは私ばかりではないはずである。
ボーリングや懇親会、温泉旅行に行った話など興味も無いし、それに行かなかったら事故が防げたのだろうか?マスコミの方々は、事故を起こしたJR西日本の体質を明らかにするためとかもっともらしく言うのだろうが、当のマスコミが人のこと言えるほどそんなご立派な体質とも思えない。ただ、報道しやすいから、叩きやすいからやっているだけのようだ。
知りたいのは、どうしてこのような事故が起こり、今後、どうすべきかということである。要するにあの日、あの時、どうすれば7両編成の207系はあの300Rのカーブを曲がりきれたのかが知りたいのである。そこで折角なのでブログで考えてみることにした。
その前に、事故の背景として良く言われる定時運転の順守ということを論じたい。
事故後の朝日新聞に、バスのように数分の遅れが許容される各国の鉄道事情が乗り、さも定時運転をしている日本が特殊であるという記事が載った。朝日的には、日本の数分(あるいは数秒単位)の遅れを許さない日本の特殊な鉄道事情が、乗務員に余計なプレッシャーを与え事故を引き起こした。そして、その背景には、数分の遅れでも文句を言う客がいて、もっといえば時間通りにせわしなく動く日本社会の異常さがあるということになるらしい。

私は、はっきりいって、この筑紫哲也的な、結局、日本の社会がこの事故を引き起こし乗客を殺した的に問題を抽象化することが大嫌いである。世の中で起こったことは全て、世の中全体に原因があるのは当たり前で、それを高い所からもっともらしく言ったとしても何の解決にもならない。このような大事故には、必ず具体的な(複数の)原因があり、何らかの不運なプロセスを経て結果に繋がったはずである。それを詳細に分析し、今後の事故防止にどう役立てるかという議論が必要なはずである。

さて話を定時運転に戻そう。
定時運転確保に対する強い意識が、今回の事故を起こした遠因になっていることは否定できない。だが、だからと行って、鉄道はバスや欧米のように無理して定時運転を行うべきでないという考え方には賛成できない。
なぜなら、定時運転は安全上必要だからである。
確かに、高密度運転していれば、利用者から見れば時刻表通り運転しなくても少々遅れてもバスのように順番に来てくれればいいという風に思うだろう。ただ、これは例えば山手線のように他線と乗り入れもない閉鎖された線区では出来るだろうが(事実、山手線は、混雑の平準化のために頻繁に時間調整をしている)、他線と乗り入れている線区ではかえって危険である。
例えばA方面とB方面異なった方向から電車がやって来てC駅に到着するとし、それぞれの方面から来た電車、速い方が先に行くということになると、C駅には電車ごとに電車の後、先が変わってしまうのである。電車の進路の方向を変える転轍機の切り替え一つとっても、その列車ごとに進路を切り替えざるを得ず、その場、その場で駅員や機械なりが判断せざるを得ず、ちょっとしたミスが大事故に繋がってしまう。ましてや大都市ではご存知のように過密運転である。時間通り事前に入念に作り上げた運行計画つまりダイヤがないと不可能であるし、それに基づいた正確な運行を行っていかなければならない。

鉄道のダイヤというのはある程度、1時間単位で15分とか30分のサイクルで動かすのが望ましい。お客さんが覚えやすいだけでなくこうする方が乗務員も駅員も全ての作業が単純化されるので安全面からも望ましいのである。
で、あるからある程度計画的なダイヤを作成し、乗務員や駅員などがこれを良く理解して、これに沿ってなるべく定時に運転するのが安全面からも望ましいのである。それが数分遅れでもかまわない、あるいは、バスのように勝手気ままに走らせるのでは、乗務員や駅員はその場、その場で的確な判断を要求されかえって事故の元である。
ただ、今回の事故は、余裕時間を無くした現実的に実現不可能なダイヤを作成し、乗務員に過大な負担をかけたのであって。その原因を定時運転に向けるのは筋違いである。ある程度ダイヤに余裕を持たせ、なるべく無理せず定時運転が出来るように対策すべきなのである。

これまでの、日本の鉄道の秒単位の正確な定時運行が、鉄道の基本的な安全を支えている面を否定して、この事故の原因を一面的に捉え、定時運行の順守は必要ないと考えることはかえって危険である。ましてや時間に正確な日本社会の体質にまで問題を広げるのはナンセンスである。(そう思うならテレビ局で時間管理をルーズにして放送してとみるといい。放送事故の続出で放送どころではなくなる。鉄道の時間の感覚もこれに近いのである。)

とはいえ、このような定時運転の確保という安全上基本的な原則さえ否定されかねない事態を作り出したのは前述したとおり、実現不可能なダイヤである。次回はなぜこのような無茶なダイヤが作られたのかを論じたい。


関係ブログ

稀にみる大惨事<JR福知山線脱線事故> 4月25日