koba1こんな結末がまっていたとは・・・
混戦のチャンピオン争い、ハミルトンの3連勝でチャンピオンに一気!といきたいところ。予選もパーフェクトで1位ハミルトン、2位コバライネンでフロントローはマクラーレンが独占した。
しかし、楽勝と思われたスタート。マッサーがロケットスタート、コバライネンに加えハミルトンまでマッサに抜かれる。凄いぞマッサ!バトルに弱いなんて言って悪かった。マッサーは早々に2位以下に差をつけ得意の一人旅モードに入りつつあった。
一方当ての外れた?ハミルトンはタイヤバーストで後退。まあ仕方ないか、ここでチャンピオンシップ独走しちゃうとつまんなくなるからなどと強がりを言いつつがっくり。しかし・・・
koba2しかし、本当のドラマは残り2周にやってきた。
トップを独走したマッサのマシンのエンジンが突然白炎をあげた。何とそのままマッサはリタイア。チャンピオンシップのトップに立つことはついえたし、ここで10点を失うのはチャンピオンを狙うマッサにとってはまことに痛いリタイヤだ。マッサもレース後のインタビューで「エンジンブローに納得してない」と語った。
で、優勝したのはマクラーレンのコバライネン!初優勝である。マクラーレンのドライバーだからもう少し優勝は早くてもいいのではないかと思ったが、マッサとは対照的に本人は大喜びだった。ハミルトンは5位に入賞して何とかポイントリーダーは守った。大健闘は、2位に入ったトヨタのグロック。眠れる獅子トヨタが富士に向けてようやく目覚めたようだ。ここのところ存在感が薄かったライコネンも3位で久々表彰台に上がった。
それにしても今年のF1、またしても劇的なレースであった。


関係ブログ

ハミルトン連勝!!<ドイツGP>2008年07月21日
ハミルトン雨の母国GP制す!<F1イギリスGP>2008年07月08日
コバライネン表彰台逃す!<F1フランスGP>2008年06月23日
おお神よ!!2008年06月09日
ハミルトン波乱のモナコ制す!2008年05月27日
無事で良かったコバライネン2008年04月28日
マクラーレンいいとこなし<F1バーレーンGP>2008年04月07日
ライコネン今季初勝利!<F1マレーシアGP>2008年03月24日
ハミルトン初戦を制す!F1オーストラリアGP2008年03月17日