haruの脊椎損傷徒然blog

カテゴリ: 書類の申請とか

今日主治医が回診に来たので、以下の点聞いてみました。

・障害者年金を貰う人は皆一年半待つのか?

返答は、ほぼ皆さん1年半待たれて申請されているということ。
それならそうでそうしましょうか、と思っています。

不安しかありませんが…。




ランキングに参加しています。押してもらえると励みになります☆

人気ブログランキングへ

退院に向けての書類、第一陣を準備し始めました。
まずは市役所で入手した書類を医師に記入いただくものです。
(以下、正式名称ではありません)

・車椅子必要の意見書
・歩行器必要の意見書
・褥瘡防止用マットレス必要の意見書

これらを以下の手順で進めます。

病院から入手

市役所に提出

(東京都に提出)※車椅子の書類のみ

(東京都が認定)※車椅子の書類のみ

市役所が認定

市役所から通知があり、取りに行く

NAGEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!

で、並行して見積書の入手等を進め、実際の購入物を決めたりします。
車椅子の書類については役所から役所に飛んでる時点でもうね…。

永遠に待つとします。




ランキングに参加しています。押してもらえると励みになります☆

人気ブログランキングへ

本日、母が障害者手帳を手に年金事務所に相談に行きました。
結論としては、以下の2点で追い返されたようです。

1.通常(←この通常が良く分かりませんが)は、発症から1年6ヵ月経っている事が条件となる。
こちらの方が手続きはスムーズに進む(←主語は誰なんでしょうね)。
2.医師がこれ以上改善の見込みは無いという事で「障害認定日」を出せば、
審査は可能となるが、この審査は極めて難しい(←これも曖昧です)。

2.について、障害者手帳が出てるのだから症状固定しているのでは、
と母が食い下がったそうですが、それとは年金の方の認定は違う、という事だったそうです。
ならばその関係の書類を一応くれれば良さそうなものですが、
結局何も寄越さずに追い払われたようです。

前々職の経験上、役所の窓口は事なかれ主義なので
非常~~~~~~~~~に嘘くさく感じてしまいました
(役所勤務の方、ゴメンナサイ)。
真摯じゃない対応と言うか。
言われるがまま1年6ヵ月待って申請に行ったら、
「ああ、これは○○までに来てないと駄目だから駄目だよ」、
自分で頑張って行ったとしたら
「そんなに体が動くなら申請しても通らないよ」
と言われるところまで想像できてしまいます。

皆さん、本当に1年6ヵ月待ってから申請されているのか?
が物凄く引っかかるので、
病院のソーシャルワーカーに相談してみようと思ってます。

これで皆さん1年6ヵ月待ちならそれはそれで良いんですがね。
この歳で大声など出したくありません。

(ちょっと闘病記っぽくなって参りました!
 飯の感想ブログじゃない所を見せられたかなと思っております)


ランキングに参加しています。押してもらえると励みになります☆

人気ブログランキングへ

今日入手できました。
2級でした。

ウィキ先生によると以下の通りです。

1,2級は、重度(特別障害者)、3級以下は、中度・軽度(一般障害者)に区別される。

重度なんですねやはり…。

しかし、自分の写真と「身体障害者手帳」という言葉が並ぶと何とも言えないものがあります。
今後の手続きの中で何度も思いながら慣れていくのだと思います。

まぁ、これを貰わないと退院できないので前進したことにします。

これからの市役所や年金事務所での手続きを思うと、
代行してもらってる母に申し訳ないです…。


ランキングに参加しています。押してもらえると励みになります☆

人気ブログランキングへ

このページのトップヘ