空を見上げて
トップページ » 美術、工芸
美術、工芸

おうちの中から〜v(^0^)/

IMG_0

 
おはようございま〜す。


暑くって外に出る気になれませんねぇ〜

もう1回おうちの中から〜


土佐派の絵です。
歌仙図を切った物らしいです。
紫式部なんですが、歌仙図の他の部分はどこに居るのでしょう〜
十六歌仙だとすると、あと十五人は何処やら。


IMG_0

ウラジオストクのロシア大使館に有った油絵。

満州時代にお爺ちゃんが持ち帰りました。
そのあたりまで攻め込んでたみたいですね。
戦利品でっす。

IMG_0

うちの遠縁の画家「山東光風」さん。
院展の初入選作です。


今日もみなさまにとって楽しい1日になりますように〜

IMG_0



haru3343haru3343  at 07:30コメント(12) この記事をクリップ! 

床の間とお爺ちゃんの思い出〜v(^0^)/

IMG_0

こんばんは〜


写真撮る暇なかったので〜

床の間で〜す。


当時、関西では珍しい関東風の造りになっています。

関東ぶしんって言うのかな?

当時では、ちょっと文人風の洒落た造りだったらしい〜


黒い材木は節の無い無垢の黒檀で〜す。
他の材木は天竜の御用林から切り出された正目の栂の木。

今では手に入らないちょっと珍しい建材ですよね。
当時、貨車を貸し切って運ばれたと伝え聞きます。



IMG_0

壺なんかは備前の山本陶秀さんの息子さんの矢部篤朗さんやその他〜

IMG_0

古い香炉は鹿児島薩摩焼の沈寿官さん。

IMG_0

お爺ちゃんが満州時代に持って帰ってきちゃった饕餮文様の鼎らしきもの〜

殷の饕餮文だとすごいけど〜
たぶん偽物だと思うけど、真贋は不明で〜す。


お爺ちゃんは〜

当時のお爺ちゃんは満州に渡り、産金会社を経営。
いつも仕込み杖を持ち、100人の私兵を雇い、守られていたそうです。
現地の族の間では、確か当時のお金で10万円だったかな?
途方もない金額の賞金首のお爺ちゃんでしたぁ〜
ハルピンにも住んでいたらしいです。

その後、台湾に渡り、今度はジルコニウムだったかな、採掘会社やったり〜
で、敗戦とともに現地の社員に見送られて引き上げてきました。
台湾の高雄の土地の権利書なんちゅーもんが(確か1万坪ぐらい)今でも残っていますが。
今では紙切れでっす。

その後は農地改正で世帯主は戦時中海外でしたので、三反だけ残してほとんど持ってかれぇ〜

地元の収入役をしていました。

で、私が10か月ぐらいの時に病死いたしました。
ほんの10か月ぐらいでしたが、すごく可愛がってくれたらしいです。

思えばそれがharuさんのお貧乏の始まりで〜す。



明日もみなさまにとって楽しい1日になりますように〜


IMG_0



haru3343haru3343  at 19:00コメント(4) この記事をクリップ! 

haruさんち初潜入大公開〜お掃除どうしましょう〜v(^0^)/

IMG_9624

こんにちは〜

初めて潜入〜
夏に勢いで買ってしまったharuさんち大公開〜

玄関を入ると左手には和室。

IMG_9609

正面にも和室〜

IMG_9611

欄間が綺麗〜

IMG_9612

ほんでぇ〜
もう1個和室〜

掘り炬燵が嬉しいですねぇ〜

IMG_9613

奥のダイニングキッチン〜

IMG_9614

キッチンの食器棚〜

IMG_9615

お部屋っぽいけどぅ〜

IMG_9617

昔のピアノ教室のお部屋〜

IMG_9618

ここにもお部屋〜

IMG_9619

本来の北口正面玄関で〜す。

IMG_9620

またまた和室〜

IMG_9621

ついでにもう1個和室〜
畳がまだ青いんですよぅ〜

IMG_9622

なかなかの和風ですねぇ〜

IMG_9623

お外の蔵〜

IMG_9625

本来の北口玄関〜

IMG_9626

え〜っとう〜
キッチンの天井。

IMG_9635

廊下の照明〜

IMG_9636

応接間もありましたぁ〜

これ+衣装部屋が1つとトイレとお風呂み〜っけ。
いったいいくつお部屋が有ったのでしょうか?
後でゆっくり数えちゃおう〜

haruさん、旅館でもやっちゃおうかなぁ〜笑

ここどうしましょう〜
名案募集中〜笑

IMG_9610


haru3343haru3343  at 12:47コメント(12)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

haruちん作、握りっぺ竹根風 備前焼の箸置き〜v(^0^)/

-IMG_0

こんにちは〜

このお休みの間ず〜っとお掃除してたら出てきましたぁ〜

以前に備前焼の窯元さんに遊びに行った時に作らせてもらったのね。
備前の大饗さんありがとうねぇ〜

竹根風箸置き〜(竹の根っ子みたいでしょう〜

作り方〜
 0 粘土をギュギュッと握りますぅ〜
 0 そのまんま50センチから1メートルぐらいの高さから作業している板や床めがけて〜
 0 えいや〜っと投げつけますぅ〜
 0 ぶつかった所が平らになってぇ〜

でっきあがり〜

裏に自分の印を入れて焼きます〜

何で尚かって言いますとぅ〜
ご先祖さまから受け継いだ印ですぅ。
バッテン印じゃあ無いんですよぅ〜
これを二本〜と見てぇ〜
日本と読みますぅ〜

日本の00さんの意味ですね。
誰も真似しないからご先祖さまは上手く考えたものですぅ〜

ちなみにうちのお墓にも尚が付いてるんですよぅ〜笑

握ってペッと投げつけるだけぇ〜

握りっ屁(ぺッ)〜竹根風箸置き〜笑

世界に一つだけの自分の指紋付き〜笑
自分だけの物って作るの面白いですよぅ〜

-IMG_0


haru3343haru3343  at 12:47コメント(12)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

健康に良いお抹茶でちょっと一休み〜v(^0^)/

-IMG_0

こんにちは〜

ず〜っとお片づけしてるので、みなさますみません〜
明日からまたみなさまの所にお邪魔しますねぇ〜

んでぇ〜
疲れちゃったのでちょっと一休み〜

お正月の残り物の黒豆を水溶き片栗粉で固めて冷やしたの。
お茶菓子にしてお抹茶飲んでま〜す。

お茶碗は私が大学時代に使っていたお抹茶茶碗ですぅ〜

IMG_0

お皿は元々は鮎の塩焼きを入れるのに作られた鮎皿です。

暖房もせずに片づけしてたら冷えちゃったぁ〜

IMG_0


haru3343haru3343  at 16:04コメント(10)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

余った黒豆で大福とお煎茶〜v(^0^)/

IMG_0

こんにちは〜

今日は探し物をしてたのですがぁ〜
どうしても見つからないのよねぇ〜

意地になって探していたら疲れちゃったぁ〜
また今度のお休みに探そうっと。

疲れ過ぎちゃったのでお茶の時間で〜す。

久しぶりにお煎茶などぅ〜

お気にいりの茶器を探してたのですがぁ〜
全然みつからないのよねぇ。
何処かに入りこんじゃってるみたいです。

黒豆がいっぱい余っちゃったのでモチ粉で大福餅作っちゃった。

いっただきま〜す。

煎茶器は萩焼の坂倉新兵衛さん〜
お皿は備前焼人間国宝の伊勢崎淳さん〜

貴重品だと思うでしょう〜
窯元さんお友達だからねぇ〜
ニコニコ笑顔で貰っちゃうぅ〜えへへ〜笑

IMG_0


haru3343haru3343  at 16:26コメント(14)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

門外不出〜未公開美術品特別展示会〜v(^0^)/

-IMG_0

こんにちは〜

整理整頓もようやく落ち着きましてぇ〜
改めてお座敷からぁ〜

新年明けましておめでとう御座いま〜す。

え〜っと。
古ちいオンボロおうちの方の座敷ですぅ〜

黒い木はぜ〜んぶ総黒檀〜
他の木は正目の栂の木で〜すぅ〜

古い掛け軸です。
西大母図だね。

-IMG_0

見てると落ち着きますねぇ〜

-IMG_0

古い物も大事にしたい物ですねぇ〜

-IMG_0

ちょっとボロボロ〜笑

-IMG_0

ロウバイと、赤黄色の千両〜
花器は備前焼の中でも備前六姓の名前をくむ大饗さんの先々代の作品です。

-IMG_0

でっかい壺はぁ〜
同じく備前焼の人間国宝山本陶秀さんの息子さん。
矢部篤郎さんの作品〜

-IMG_0

さっきの絵のハンコ〜
古くって分かりにくいね。

-IMG_0

端っこの香合はぁ〜
薩摩焼の沈壽官さんの作品〜

現在は15代目だけど、この作品は12か13代目さんの作品で〜す。

大事にしとかなきゃあねぇ〜

-IMG_0


haru3343haru3343  at 15:49コメント(8)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

未発表美術品特別展〜伊藤元帥の書〜v(^0^)/

-IMG_0

未発表の日清、日露当時の元帥になった伊藤元帥の書です。
元々は武士だったらしいですね。

どれだけ偉くなっても政治や権力には全く興味を示さない偉い人だったようです。

-IMG_0


haru3343haru3343  at 12:31コメント(4)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

未発表美術品特別展示〜紫式部さん〜v(^0^)/

-IMG_0

今日はネタが無いなぁ〜
お仕事も忙しいし〜

どうにもネタがないから〜いつも仲良くしてくれてるクミさんちの娘さんが好きそうな絵にしちゃいました。
紫式部さんで〜す。
日本画って言うものでありまするぅ〜

衣装が重そうだねぇ〜
こんな服着てたら動きにくくって大変だろうなぁ〜
きっと夏は暑かったろうなぁ〜なんて考えてしまいますね。

今の時代に生まれて良かったぁ〜



haru3343haru3343  at 11:48コメント(8)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

未発表美術品特別展示会〜山東光風先生作〜ツバキ〜v(^0^)/

-IMG_0

未発表美術品特別展示〜

和歌山を代表する日本画家「山東光風」先生の作品です。
もうお亡くなりになっておられるのですが、作品は残っております。

ツバキのお花ですねぇ〜
綺麗だなぁ〜
大事にしなくっちゃねぇ〜

-IMG_0


haru3343haru3343  at 10:54コメント(10)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

未発表美術品特別展示会~v(^0^)/

-IMG_0

お正月恒例未発表美術品特別展示~
お正月だから~
まずはお習字から~

う~ん、古い~読めない~
最初の一字が秋ってしかわかんないぃ~

今から約500年前~
戦国時代の天皇「後柏原院」(在位1500年~1526年)の書

でも500年経っても名前が残ってるって良いなぁ~

-IMG_0






haru3343haru3343  at 15:39コメント(10)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

現存する水琴窟と手水鉢のお庭から〜と、旬の七草「藤袴」のお花色々〜v(^0^)/

IMG_0

手水鉢ですぅ〜
ちょうど此処に面して茶室が有ったのですが〜
今は有りません。面影だけですねぇ〜

此処で手を洗ったり、雨が降ったりすると〜
下にお水が流れま〜す。

葉っぱが落ちてるけど〜笑
落ち葉をどけると〜

-IMG_0

真ん中に穴〜
排水溝じゃあなくって〜
水琴窟(すいきんくつ)です。
明治時代を中心として作られたものですが、中に壺が埋まっていてね。
お水が滴り落ちるたびに「ポトン〜、ピチョン〜」なんて綺麗な音をたてるんです。
現存するものも少ないですよぅ〜

でもね、お掃除出来ないので今は音が出ないのぅ〜
そのうち何とかお掃除してみようっと。

-IMG_0

この穴の中から詰まった落ち葉なんかを取らなくっちゃ〜ね。
何か住んでそうでちょっと怖いのでしたぁ〜

-IMG_0

昨日仲良くしてくれてる美咲さんが「女郎花」(おみなえし)をアップしてくれてたので〜
私は「藤袴」(ふじばかま)をアップですぅ〜
ともに秋の七草の1つですね〜
美咲さんち結構お勉強になるんだよぅ〜たま〜にHだけどぅ〜笑

藤袴って言うと下の写真の色が普通ですが〜

-IMG_0

白花も有ったりしますぅ〜
秋ならではのお花、旬の時期に楽しみましょうねぇ〜

アブさんも冬に備えてお食事中〜

IMG_0


haru3343haru3343  at 12:37コメント(4)トラックバック(0) この記事をクリップ!