2012年10月10日09:42【NHKあさイチ!】しみ・しわ・たるみ!改善食材『鮭』にはアスタキサンチン豊富
10月10日 朝8:15  NHKあさイチ!

今日の特集は 『鮭!=シャケ!=さけ!』


その1 <鮭に重大な成分が!>

鮭には実はいろいろ美味しい食べ方があるというお話なんですが、

実は、凄い成分の宝庫なんです!

その凄い成分は、なんと!なんと!

「アスタキサンチン」と呼ばれるもの。

ん?全然聞きなれない成分ですね。


この成分は、鮭の赤色をだしているもの。

そもそも、鮭は白身のお魚なんですって(驚)
そんな白いお魚がなんで赤色になるかというと、

鮭が餌として好物は、甲殻類のオキアミなど小さなエビのようなもの。
外殻に含まれる、赤い色素には カロチノイド系の赤い色のもとが多くふくまれているので、
それを摂取している鮭の身は赤くなるんだそうです。

ちなみに、エビの目玉には、「アスタキサンチン」の宝庫なんだそう!



その2 <アスタキサンチンの効果について!>

その「アスタキサンチン」には抗酸化物質が豊富にふくまれている

アンチエイジングに抗酸化!とはもう切っても切り離せない物質ですね。

それで、この成分のすごい抗酸化力をビタミンCの数値で比較すると

ビタミンCの6000倍もあるんですって!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ビタミンC         1
カロチン(カロテン)  1224
リコピン         3750
アスタキサンチン   6000

※うるおぼえです・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
体にどんな風にいいかというと、

・眼精疲労 ・肩コリ ・肥満 ・免疫力UP ・冷え性 ・記憶力UP
・しわ・しみ・たるみ ・動脈硬化 ・筋肉疲労
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

臨床実験では、アスタキサンチンを毎日6ミリグラム摂取し、6週間続けると!
目尻のしわ・しみがとても改善されているのが番組で紹介されていました。


その6ミリグラム。摂取するにはシャケ1切れでどのくらい含まれているかというと、
1切、2ミリグラムほど。3切れも食べないといけない!!!

毎日なんてちょっと無理かな。食品はバランスよく頂くのが大事なことです。
ただ、全然食卓に登場させてなかった人は、今までより多く登場させるのは、いいことですよね。

では、どのように接摂取するといいかも、紹介していました。

化粧品とサプリメントどっちがいいの???

なんとどっちも摂取するのがいいそうです!外からも中からのいいんだそうです♪


聖子ちゃんとキョンキョンがCMしている、富士フィルムから発売されている「アスタリスト」
あのスキンケアに「アスタキサンチン」が含まれているんです。
ドラッグストアでは1380円で売られていましたが、ネットの本家では1280円でお試しできる。
100円お得!



フジフイルムのスキンケア化粧品『アスタリフト』トライアルキット



今話題のニュージーランド産「黒カシスエキス」100mgとアスタキサンチン6mgを1粒に凝縮



その3 <鮭を美味しく食べる方法>

アスタキサンチンは水に流失しないし、水洗いも茹でても大丈夫なんですって!

缶詰の鮭はアスタキサンチンの宝庫だとか。

生鮭のパック入りの鮭は、料理前に軽く流水でさっと洗うのが美味しく食べるポイント!
(なぜかというと、臭みがついて汚れいているから)

焼くだけじゃない、茹でてもいい♪

茹でて潰して、ポテトサラダに混ぜてもいいし、
クリームチーズと練ってパテみたいにし、フランスパンに塗ってもいい♪
洋風料理にもいいんです。


「紙塩(かみしお)」という伝統的な技も紹介。

直接塩をふると、塩辛くなるが、紙が程よく塩加減よくなる。
しかも、余分な水分を紙が吸い取ってくれるので◎まんです!
一晩冷蔵庫で置き、焼いていただく。

<手順>
・生鮭をかるく水洗い
・リードクッキングペーパーを巻き塩をふる。1晩冷蔵庫に置く。
・焼いて。ワサビをつけていただく。


わたしは、もっぱら、塩麹漬けの焼き鮭をよく食べています。昨日も♪
生鮭のアラを安く買ったり♪
塩麹 生鮭生鮭の塩麹漬け焼き











その4 <鮭(しゃけ)の豆知識>

11尾66種類あり、その中で主に流通している鮭は6種

・シロサケ(白鮭)
・ギンサケ(銀鮭)
・ベニサケ(紅鮭)
・トラウトサーモン(ニジマス)
・キングサーモン(マスノスケ)
・アトランティックサーモン(タイセイヨウサケ、ノルウェーサーモンとも呼ばれる)

さらに呼ばれ方にもいろいろ。

・時鮭(春に採れる鮭 )
・秋鮭(秋にとれる鮭)
・生鮭(生の鮭)
・塩鮭(塩をふっている鮭)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

鮭の選び方!
●より赤い色が強いほうがいい!
(ただし、赤色をだすために、養殖は、わざと、アスタキサンチンを餌に混ぜている場合があります、でも朗報それはまったく害がないし、問題ないことなんです)

●オスとメスどちらが美味しい?
栄養価はどちらも同じなんですが、産卵まえのメスはたまごに栄養がいくため、メスよりオスのほうが美味しいですね。


日本で鮭をとても沢山たべている地域がある、
それは、「新潟県村上市」。 新潟県も肌がきれいな美人が多いですね。

100種類ものお料理方法があります。新潟県村上市と言えば、鮭トバで有名な『きっかわ』!
お酒が好きな人にはおみやげにもとても喜ばれる「鮭の酒びたし」で名店お店。


その、きっ川から、おいしい調理法をちょっこし紹介。
焼きたての鮭を、出汁醤油にジュッとつけ込む。1晩漬ける。
焼くと煮るをMIXした美味しい「鮭の焼き漬け」に。お弁当にもGOOD!


フジフイルムのスキンケア化粧品『アスタリフト』トライアルキット


アスタキサンチンサプリメント通販 500円~6000円くらいまで

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
キャスター:有働由美子アナ・井ノ原快彦(V6)
ゲスト:RICAKOさん他
専門家ゲスト:東京海洋大学 特任教授  矢澤 一良先生

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by q   2017年01月29日 16:20
× うるおぼえ
○ うろおぼえ(うろ覚え)

「ろ」と「る」が混同されやすいため「うる覚え」と書かれる場合もあるが、これはまさにうろ覚えのための誤りであるといえる。Wikipediaより

コメントする

名前
URL
 
  絵文字