タムラカイさんの著書である「ラクガキノート術 実践編」を手に入れました!ラクガキノート術は今回で2冊目。前回の「ラクガキノート術」と違って、ラクガキを使ってアイデアを生むための方法が満載となっています!

この本の良さをお伝えすることで、 ラクガキの素晴らしさを知ってもらい、少しでも実践してもらえたら、嬉しいです。

スポンサーリンク
 

前回と今回のラクガキノート術を比較!


イラスト豊富なページばかり!

前回のラクガキノート術はA5サイズなのに対し、今回のラクガキノート術はB5サイズ。大きくなったぶん、どのページにもイラストがあって、読みやすい工夫がされてあります。

前回のラクガキノート術にもイラストは挿入されてありますが、文章のほうが多く、カラーは数ページのみ。しかし、今回は、どのページもカラーなんですよ!

読まなくても、見るだけで楽しい本ですね、これは!


ページの構成にも、私は感動しました!タイトルがあって、その下にまずイラストがあります。イラストは4コマ漫画だったり、図だったり、様々ですが、内容を補足してくれています。その後に、詳しく文章で説明され、最後にそのページのPOINTまで丁寧に書かれてあるんです!このPOINT部分が私の心をわしづかみですよ(笑)

文章を読むのが苦手な人は、タイトル読んで、イラスト見て、最後のPOINTを読むだけでも、大まかな内容を掴むことができます。なんて、やさしい本なんでしょー(*^^*)


アイデアを生み出すには、ラクガキがいいよっていう内容!

前回のラクガキノート術では、主にラクガキの技術的なことやラクガキって誰でも簡単に楽しくできるよってことが解説されてあります。

詳しくは、「ラクガキノート術」レビュー。絵を描く楽しさを改めて教えてくれた本です!にもまとめていますので、ぜひ、ご覧ください。

今回のラクガキノート術では、 アイデアや企画を考えるときに役立つ考え方やラクガキを使ってアイデアを生み出す方法などについて書かれています。 

第1章「ラクガキがあなたの創造性を引き出す」

第2章「仕事に使えるラクガキテクニック」

第3章「ラクガキでよく見る」

第4章「本質がわかるたくさん考える」

第5章「とにかくやってみると新しい価値が生まれる」

第6章「ラクガキ力をチームに生かす」

といった感じで、進んでいきます。ラクガキテクニックは、前回のラクガキノート術に書いてあることを踏まえながら、新たなテクニックも紹介されてありました。

アイデアを生むラクガキはいくつかあって、私が以前描いた「スパイラルマップ」もその1つです。



とにかくやってみるラクガキとして、紹介されています。スパイラルマップは、「なりたい未来までの道筋・ストーリーを視覚化して、目標達成の道しるべがわかりやすくなります。」と説明されてある通り、私も実際に描いてみると、目標に向かって何をすべきか整理することができました。

他にも、アイデアが生まれそうなラクガキ方法が紹介されていますので、参考になりますよ!


ラクガキとアイデアの関係性!

アイデアを生み出すのに、どうしてラクガキがいいかと言うと…ラクガキは楽しくアウトプットする手段、アウトプットすることで、自分の中のクリエイティブな力を引き出したり、言葉で表現できないイメージを相手に伝えたりすることができるというもの!

ラクガキとアイデアはそうやって結びついているんです。


ラクガキはビジネスに使うことができるということも書いてありました。ビジネスに活かす3つの手順は、ちょっと視点を変えて見る、いつもより考える、とりあえず行動してみる。普段の生活の中で、私も「やってみよう」と思えるものばかりです。

この本を読まなかったら、気づけなかったことなので、アイデアを生み出すため、これらのことを意識していこうと思いました!

まとめ

「ラクガキノート術  実践編」を読んで、いろんな気づきがありました。今回は絵を描く技術だけでなく、ビジネスや生活に結びつけてあるので、参考になることが多かったです!

絵を描くのが好きな人、そうでもない人だけでなく、ビジネスで新たなことに取り組みたい人、アイデアを生み出したい人にもオススメしたい一冊です(*^^*)

タムラカイさんの「ラクガキノート術 実践編」はAmazonで購入できます。気になる方はこちらからどうぞ。


前回の「ラクガキノート術」も気になる方は、こちらをクリック。