地侍監督日記

監督コラム

予定が多すぎ!!

手帳俺ってわがままだなと思う。
暇なときは、何か忙しさを求め、忙しくなるとほっといてくれみたいな。
次から次へと、予定が入ってくる。
手帳を持たない俺の頭の中はパンク寸前。

明日は、何だっけ?
明後日は、あれだっけ?
あれはいつだったかな?
何か忘れてないか?


上記のようなフレーズが頭の中を飛び交っている。
渋滞寸前の頭の中。

交通整理がなかなか出来なくて困ってしまいます。

ドタキャンはしてないと思うけど、メール・電話・約束など
返信してない人いたらごめんなさい。(ーー;)

じゃー手帳を持てって?
持ってもさ、予定書くの面倒だし、たぶん見ないし、すぐなくすんだよね。

どうしようもないな俺(ーー;)

とりあえず、草野球やろうぜ!!

桑田がねぇ

桑田が巨人を退団ですかぁ。
なんだか寂しいですねぇ。

少年時代からの憧れの選手の一人でしたからね。
そして、最後の一人ともいうべきか・・。

緒方・川相・クロマティ・原・岡崎・吉村・村田などなど
今でも忘れないG戦士

そんな最後のG戦士桑田はなにやらスペインリーグに行くらしいね

何か、日本の野球がヨーロッパに渡る素敵なことですね。

プリンスが政界へ

プリンス新庄が政界からオファーを受けたらしい。

マジかよ。

やるね新庄。

野球界に革命を起こそうとしてる新庄なら日本をよくしてくれるはず。

てことで清き1票を。

青いハンカチ

いやーなんて話題の豊富な投手なことでしょう。

クールな豪腕
ハンカチ王子
50年に一人の逸材
王・荒木大輔を超えた投手
プロ大注目の高校生投手
実は怪物は斉藤だった。
ベッカムカプセルを使って甲子園制覇
早稲田とプロをまたにかけてしまうくらいの文武両道な高校生。
などなど、あげればきりないくらいネタが出てきますね。
ここ数日で彼の記事はネット上でどれくらい出たことでしょう。
それくらい人々の心に感動を与えてくれた。

でも、ひとつ気になるのが田中投手。斉藤投手が現れなければきっと彼がこうなるはずだったのに。
でも、たぶん彼はここまでは騒がれなかったろうけど。完全に引き立て役になってるのがかわいそうだ。
負けたんだから、仕方ないという考えもあるがね。

まっとりあえず斉藤投手を家に帰してあげて。
ジャニーズじゃなくて、一般の高校生だから。

こういうファンはどうなんだろう。
プラスに考えれば、野球界が盛り上がっていいんだけど、バレーを見ずにジャニーズ見に来るサポーターにみたいにならなければいいが・・。


田中対斉藤、今後もプロ野球で見たいですね。
希望としては、斉藤はジャイアンツに入って欲しい。
てか、絶対とってそして育ててくれ。
入って欲しくない球団は、中日・阪神・ヤクルト・ソフトバンクかな。
田中は、阪神がいいかな。
そして、巨人対阪神で田中と斉藤の対決みたいな。
そしたらきっと球界は息を吹き返すのさ。

草野球の代表の仕事を忘れかけてる!?

最近、人が集まらないせいか、草野球の会長としての仕事を果たしてないような気がするのさ。
やっと肩が治ったと思ったのに、こないだちょっとだけ痛みが・・。

いやただの筋肉痛だと信じたい。
そうだろ俺の肩よ!

・・・・・・はい。

近々病院に行って来ます。←でもお金がない(笑)

前回の草野球チーム地侍の練習!

メンバー随時募集中。。。

明日また少年野球へいってきます。

かわいい子供たちに会いにいくのだ!

でも手首が痛くて微妙なところだけど。

それでも野球が好きだから、やっぱいくでしょう!

そして、その次の週久々の練習がある。

早くこないかな夏の野球!

そして、自分の母校もいよいよ甲子園へ向けて出発です。

楽しみな夏!ですね。

 

 

プロでもアマでも野球っていいね!

古田ヤクルトはなんだか楽しそうな感じだね。

シーズン中に、プロでもバーベキューとかやるんだぁ!

なんかいいね。

地侍も野球だけでなくこういうのもやらんとね!

いろいろ勉強になりますな。

7月17日に久々の練習予定ー草野球するぞ

さぁどんな練習をしようかねぇ。

人が少ないだろうからやることも限られてくるんだろうけど・・。

でも、久々に監督として中身の濃い練習を計画中!

うまくいくのか・・わからんががんばります。

 

 

草野球チーム地侍メンバー募集中

 

 

 

 

最近少年野球にはまっちゃってる!?

草野球チーム地侍の監督のはずが、なぜか少年野球の臨時コーチになってます(笑)

子供はすげーかわいいんだけど、いうこと聞かないと怒っちゃうぞってね!!

でも、好きな野球が出来るのだから感謝です。

さて我がチームといえば、まぁいつ活動してんのってくらい寂しいのさ。

てなわけでメンバー募集中!

野球がしたい

もー何ヶ月くらいボールを握ってないのだろう!!

えっ二ヶ月かい!?

そうかいそうかい!

また来月人が来るといいな!

野球してぇーよ

 

 

野球をやるために生まれ、野球をやるために生きて、そんな人生

今何かと話題の新庄選手!あのパフォーマンスは大変うらやましいが、実力と人気を兼ね備えたものだけに与えられる特権である。プロ野球選手に求められるものが、完全にかわったのではないかと思う。打率1割でもあれだけ観客を呼べるのだからチームにとっては貴重な存在だと思う。大げさな話、「打率5割りのバッターでお客さんを1人しか呼べない人」と「打率1割で球場を満員にする人」、球団としては、球場を満員にしてくれる方がうれしいのではないかな。お客さん来なかったらただの草野球だし。

清原にしてもそうだ。あれだけ巨人で打てなかったのに、人気がすごい。いつの年だったか忘れたが、清原とペタジーニが併用されていた時代に、球場に足を運んだのだが、代打清原をコールされたときの、お客さんの雰囲気ときたらものすごい。ヤクルトのあの石井弘寿、完全に雰囲気に呑まれ押し出しファーボール。これはすごいなと思ったよ。

彼らを見てると、昔の少年時代の私を思い出す。といっても、そんなに上手いプレーヤーではないが、心の底から野球を楽しんでいたな。普段は普通なんだけど、野球をやってるときは何かと目立ちたがり屋で、「いかに人が考えつかないプレーをするか」そんなことばっかを考えて野球をやってたな。

でも中学に入って、そんな自分がひっそり影をひそめ、ただ当時の野球部の監督にビビリ過ぎて、持ち味の発想豊かなプレーが出来なかった。何かしようとするとすごい勢いで怒られそうで・・。当時まるで、鳥かごの中にいるみたいで監視されていたな。早く野球をやめたいと何度も思ったし。

高校でやらずに、野球を辞めてから夏が来るたびに、野球を辞めたことを後悔すると同時に、鬼監督が夢にまで出てくる。

周囲の人に密かに期待されていた自分は未だに罪悪感にかられているんだ。まるで犯罪者にでもなったかのように・・。だから、俺は大学で野球チームを作り、少しでもその許されざる罪から逃れたいと思うように・・。

そうだから俺は、いつか自分なりのナンバーワンチームを作り上げたい。

そして、来週は久々に9人揃う。新生地侍のホントの幕開けにしたいもんだ。

-------------------------------------------------------------------

草野球チーム地侍ってこんなチームです。

メンバー求む。

 

 

学生時代リゾートバイトにあこがれて2

久々の投稿です。
学生時代に、やり残したことってきっと多々あるんだろうな!
その中でも最近思い出したのが、リゾートバイト
これは面接までいったんだけど、急に相棒がドタキャン!
せっかくいけると思ったのにとてもざんねんだった!
えっ一人で行けって、そんな度胸は持っていませんでした。
でも今思えばいけばよかったなんて後悔しつつ・・。

とりあえず、週末の野球が楽しみです。
↑一応野球のブログなので・・。一言だけ!

いつでもメンバー募集中

 

 

 

 

 

 

助っ人はいいもんだ3

先日、草野球チーム地侍を始めて初の助っ人にいって見た。

人のチームということで我がチームでは味わうことのできない、緊張感。しかし、他チームというのはとても勉強になる。雰囲気つくりから試合運びなどなど我がチームには、足りないものが全部揃っていた気がする。その上、とても野球の上手いチームでした。

今回の初助っ人経験を得て、地侍をよりいっそう盛り上げていきたいと心から思った一日だった。

 

 

 

 

 

 

3月19日試合を終えて

5c7c2cad.jpg
久々の試合だった。私は打順・守備は今まで事前に必ず考えるようにしていたのだが、今回に限って何にもまとまっていない。
とりあえず、上位は経験者で固めようあるいは全員好きな打順でやろうなど漠然と考えていた。しかし、実際試合時間が近づいてくるとシートノックだ〜キャッチボールだ〜ととてもじゃないけど余裕がない。
結局上位打線を経験者で固めてしまった。
しかし、4番だけは実はもともと決めていた。うちにうるさいのが一人いて、試合がある度に”僕4番”と連呼する。最後だし願いを聞いてやるかと思い、思い切って4番にしてやった。
そしたら、試合では全然あたらず、試合後に言った言い訳が”事前に言ってくんないと、緊張して打てない・・。”
まー試合自体4番だけでなくほとんどみんな打てなかった。練習はやっぱり大切だなと感じた試合であった。
4月以降また新しいメンツを揃えてニュー地侍の指揮をとっていきたいと強く感じた。

結成3年半を振り返って

チームを設立して約3年半、思えばいつもぎりぎりだった。試合予定日の直前でやっと場所なり相手なりが決まっていたような気がする。少なくとも、1ヶ月前にすんなり決まったのは初めてだ。これは俺のオーナーとしての力がついたのか、またはみんなのプレッシャーに負けないだけの、心に余裕が出来たのだろうか。どちらにしろこのチームが俺を成長させてくれたことには間違いない。
今後はよりパワーアップしたチームをつくりたいな。

3月19日試合に向けて

久々にキャッチボールをした。体が動かなくて大変だった。しかし、8分くらいでボールを放ったのは2年ぶり・・。
今までは山なりボールしか投げていなかったのだ。
これでいいのか監督とみんなの冷たい視線に耐えながら、我慢・我慢でここまで肩を温存してきた。
頼む俺の肩よ!3月19日の試合までもってくれぃ!
livedoor プロフィール
livedoor画像検索ランキング
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ