Days of Cycle & Trout

弄ったり走ったり釣ったり食べたり何か作ったり 主に自転車

雨が続きますね。でもそろそろ梅雨明けかな?暑くなりそうです。

雨だからと言って自転車に乗らない訳にも行かないので
走行距離はさほど伸びませんがまぁまぁ走ってます。

となると色んなとこが錆びやすくなったりジャリジャリになったりするので
チェーンの注油やメンテの回数がどうしても増えてしまいますよね。

先日は前後ブレーキキャリパーの分解・清掃・注油をしました。

2019-07-07 15-46-22_0002

2019-07-07 15-48-24_0003
分解には6角レンチではなくトルクスレンチが必要でした

2019-07-07 15-50-58_0009
BR6800と比べると動きが渋くなるのを感じにくいのですが
それでもそこそこジャリジャリになっててグリスも幾分流れてました。

2019-07-07 21-35-05_0003
OH終わり。雨天時に乗るかどうかでかなり変わりますが
3,000㎞毎くらいにはOHした方が良さそうです。
雨の日走るとシューゴムの減りもはやいですしね


2019-07-17 15-16-01_0006
出先からの帰り道。雨宿りしながら一休み。




晴れたので何時もの散歩道を走ってきました
70㎞獲得1000m程

今日はやたら暑かったので

何時も行く「ひだまり」で

2019-07-06 11-06-15_0007
2019-07-06 10-54-14_0005
自家製アイスキャラメルソースがけ

ファミマで
2019-07-06 13-10-44_0014
筋肉補修して
2019-07-06 13-11-53_0015
やっぱりアイス

2019-07-06 13-39-13_0016
そして黒ゴマとバニラのコンビソフト

アイス喰ってばっかでしたw

帰りに宝八幡神社にアジサイを見に
2019-07-06 14-11-00_0018
2019-07-06 14-12-59_0021

うん、新しいメットは快適でした♪













最初に買ったヘルメットが幾分くたびれてきたので。
ヘルメットを新調しました。


2019-07-01 18-17-23_0003
OGKカブトのFLAIR OGK最軽量の自転車用ヘルメット
直接頭にかぶるものなので、僕からすれば随分高級品でしたが奮発しました;

2019-07-02 18-42-32_0001

今まで使ってたのがOGKカブトのエントリーモデルFIGO
FIGOは実測で266g、FLAIRが182g。数字にしてみると僅か80gですが
手に持ってみても頭に被ってみてもその差は大きいです。
ベンチレーションもフィット感も全然違いますね

見た目もFIGOと比べると一回りに小さく感じますしスリムなので
キノコ感が少なく良いですね。
色は今回も好みとかではなく、ドライバーからの認識されやすさで白を選びました
本当は黒とかガンメタとかグレーとかの方が好きなんですけどね。
基本的に何でも交通安全重視で選んでます。
車道走ることも多いし、歩道を走るにしても認識されやすさは大事ですね
そうそう、赤い車って陽が落ちてきた夕方とかに、状況によっては黒に見えたりする事ありますよね

ではでは





なんとなくシンプルで使いやすそうだったのと、見ていたとこがライブドアに移転したとこが多かったのでライブドアに引っ越してきました。

FメカRメカをR8000にしたとき。偶々なのか左STIの調子が悪くなって、インナーからアウターに変速しずらくなりました。
最初はFメカのせい?と思ったのですが。それまで使ってた68アルテのFメカに換えても症状は同じだったので原因はSTIだと判断。ブランケットユニットを換えました。


2019-05-21 18-56-32_0003

何処かが破損したのか?と思ってメカユニットを取り出してみたりしたのですが。何処かが破損した形跡は無かったです。現行11速用STIのメカユニットはターニーとかのメカと違って各部鉸めてあってばらせないようになってました(デュラはわからない)。
今思うと、おそらくですがST-R8000とST-R7000のブランケットユニットの違いは
、ブランケットの素材だけな気がしてメカユニットは同じだったかもしれません。ならR7000のブランケットユニットを買ってメカだけ入れ替えれば良かったのかも?

ちなみに、今まで使ってたと新しく買ったブランケットユニットを比べても何処が悪くなったのか解りませんでした。ブルホーンSTIで使ってたからドロハンで使うよりも軸にガタが出やすくなってそれで調子が悪くなったのかも?



2019-04-28 18-38-43_0008
R8000のFメカ。無駄に?凝った機構になってますね。

そうそう、もう流通してるのかな?グラベルロード用コンポのGRXはギアの構成がいいですね。とくにクランクセット。10速、11速に30-46t、11速に31-48tがあってFメカのキャパが17t。もしかするとR8000noFメカでもギリ17t引けるのかも?
ただブレーキは当然油圧ディスクオンリーだし。スプロケは僕にはワイドすぎ。

油圧ディスクやdi2も使ってみたいと思いはするものの、やっぱりどちらもインストールが面倒そう。僕の使い方から言っても、まだまだケーブル引きで必要十分かなぁ。今使ってるサイドプルのブレーキキャリパーもそうそう壊れる気配無いし。

ではでは、これからはライブドアでよろしくです。


移行ツールが6月4日から使えるようになるみたいですね。
そろそろ何処に移るか考えないとですね。

ドッペルのフロント、アウターチェーンリングを換えました。

イメージ 1
シマノのグレード外FC-RS500の46t。シマノ製で5アーム11速用アウターはこれしか無いんですよね。歯数はFメカのキャパ内と言う事で46tを選びました。

ラ・クランクもそうなのですが、サードパーティー製アウターチェーンリングって10速11速兼用、つまりシマノ製でも10速用が11sチェーンが使えるって事になります。

でも10s用だとクランクを逆回しした時とかにチェーン落ちしやすかったりするんですよね。10s/11s兼用のラ・クランクでもそうでした。なので11s専用のシマノ製のアウターチェーンリングにしたかったんですよ。

届いたのを見てみると予想よりも薄かったです。現行(R7000~R9100)や前世代(5800~9000)の11s、4アームクランク用アウターと比べると華奢なアウターでした。

でも、交換して使ってみると剛性がラ・クランクよりもだいぶ上がってるせいか期待した通り変速レスポンスが格段に上がりました。
さすがギア屋シマノってとこでしょうか?余所も冷間鍛造で作れるのですが精度を出すために切削がだったりします。シマノは冷間鍛造だけで切削無しで精度出せるので強度・耐久性上げられて尚且つコストも下げられる。
大トヨタでさえ1台しか持ってない1000トンプレスをシマノは3台持っとるそうです。

イメージ 2
アウターがさらに小さくなったので、スプロケも12-25tから11-25tに換えました。

あとはブルホーンSTIなので痛みが早いシフトケーブル換えてバーテープも新しいものに。
それ以外にも調子が悪くなった左STIのブランケットユニットを新しいものに換えたりしたので、なんだかんだでけっこうかかっちゃいました><

イメージ 3
やっぱりアウターが変わると雰囲気変わりますね


でわでわ



↑このページのトップヘ