アメノチハレ

白いの黒いのと元保護犬ランとリンの日常

最近買ったものと買おうとしているもの


最近、コレ買いました。
何だかわかります?


IMG_1384
めちゃメタリック

実はコレ、


IMG_1381
おなじみの。

泡だて器。こんなんなってる。超メカニカル風。
もっとファンシーなイメージだったが。。。

でも形も機能もほぼ一緒。こんなにツルピカな必要あんのか?笑笑
生クリームの泡立て(手作業)からの解放。でもまだ使ってないけど。。。



MCTオイル。

IMG_1376
噂?のMCTオイル

歳をとると良質なオイルの摂取が必要とのうわさを聞き、早速iHerbで購入。
今ってすごく買いやすくなってるんですね!昔(とおーーーい)とは大違い。
普通の通販の感覚で購入出来ました。

これね、犬のごはんにもかけるんですが、びゅっっ!! と出るんですよ!
何回やっても、びゅっっ!! と出る。そんでその辺油まみれになる(´;ω;`)ウッ…


ついでにシリアルバーも。

IMG_1377

チョコとナッツとチェリー。旨くないわけがないっって思ったんですが。。。

IMG_1378
めちゃおいしそう~

見た目はね。
でもなんか、なんか違う。
うん、私はもう買わないかな。アメリカンな味なのかな。。。。。


また別の日、用事先からテクテク歩いて行ってきたのは。。。

20293020_937915366357191_2061662924054372985_n
都会っ!!都会の風っ!!!

そう大阪市内の!!!!!

20293084_937915329690528_8837303921904547233_n
オサレ~

キャノンプラザ。
京阪中之島線っていうのが出来てたよ。。。。驚愕の事実。
渡辺橋駅なんて皆さんご存知なのでしょうか。

ここで検討。そう、カメラの。

お教室に通って続けられるようなら買い替えようと思ってたカメラ。
いよいよ!いよいよ買い替えますっ!!!!

カメラの先生お勧めのカメラを見に行きました。
すっげえ!!ハイテク!!マジ??と感動の嵐。

優しい話しやすいおじさんが色々教えてくれました。カメラを買うときは絶対行くべき。
素人には何を検討すべきかすらわからないから本当に助かりました。

20376203_937915453023849_2533451406354026813_n
パンフレットに感動。


20476470_937915499690511_688932619225290989_n
こんなん撮れんの?という勘違いを起こさせる(笑)コレ撮ってんのプロだよね。

さてどれを買おうか。。。
今はCanon EOS7DMarkⅡが第一候補。
追尾機能は充実。(そんなん使ったことないけどすごいらしい)
でもAPSサイズなんだって。
迷うっ!迷うなあ~



ランとリンは元保護犬です。
家族を待ってる犬達がたくさんいます。
dogs-smile02-1
 ↑ 保護犬のお問合せはこちらまで

そのままを受け入れるって。。。。


「そのままを、ありのままを受け入れる」

って一見、すごく素敵な度量のひろーーい人のように見えますが。。。。

それ、どの部分?って思っちゃうんですよね。



本来は持ってる気質だったり、個性だったりそういう部分に使うべき言葉だと思います。

それなら分かる。それは本当にその通り。


だけど、

育てる義務を放棄した人が綺麗ごとに使うことが多いように感じます。

義務や努力を放棄するときに使う美辞麗句。


でも本人はそんな気がないから困ったもんです。

「この子の悪いところも全部受けいれるんですっ」

あくまで「良い人」のスタンスです。

現状のままなら良いですよ。
でもそんなこと言ってる間にどんどん手に負えなくなるんですよ。
首輪もつけれない、トリミングにも出せない、獣医にもかかれない。

そのうち管理することも不可能になって、今度はその対象に逆ギレのパターンも。

あんなに愛情をもって接してやったのに!

って。


本当の愛情ってなんでしょうかね。

本質をみつめることを放棄した人、
美辞麗句を積み重ねて自己防衛する人は、
誰かを何かを最終的には苦しめることになるんですよ。

それは弱き立場のものであることが多いから、本当に切ないと思います。

切ないなーと思って、
でも、ふと当たりを見回せば
それでも丁寧に、
温かみや思いやりをもってあくまで穏やかに理解してもらおうと努力している人がいたりします。

素晴らしいなあと思います。心から尊敬できるなあ、と。

怒ったり、憤ったり、責めたりすることなく
丁寧に対話することが最終的に問題を解決していくことを知っている人たちがいます。
たとえ自分が疲弊することになっても。

怒りは活動の原動力になるかもしれない。

でも怒ってる人は何かを解決していくことは出来ないんですよね。

「怒り」をちゃんと「温かみ」に変えて継続して活動されている方には本当に頭が下がります。

そもそもイライラしている人たちに近寄りたくはないですもんね(笑)


17098368_853223641493031_3353597848995545670_n


犬は本当に素直でいいねえ。
語弊を恐れずに言うと、悪い子なんて見たことない。




ランとリンは元保護犬です。
家族を待ってる犬達がたくさんいます。
dogs-smile02-1
 ↑ 保護犬のお問合せはこちらまで



ランリンのパテラ 所見含めて(覚書)

行きつけの獣医さんにパテラですねと言われ、
以前ヘルニアで診断を受けた際もパテラですねと言われ、
飼い主も保護当時から後ろ脚の関節(特にリンの後ろ右足)に違和感を感じていました。

膝蓋骨脱臼ってパテラっていうんですねえ。

詳しい検査等はヘルニアが落ち着いてからがよいでしょうと。
まずはヘルニアのほうの様子をみましょうとのことでした。

ヘルニアと診断されてから運動量を半分以下に落としています。
(どこまで運動量を落とすかは本当~に悩むところです。。。
獣医さんはとりあえず控えましょうとしか言わない、言えないですもんね。)

そしてようやくランリンをパテラの診察に連れて行きました。

2匹の触診。 ドキドキ。

結果、2匹とも手術をする程度ではないとのこと。

ほっ。

良かった。  本当に良かった。 一安心。

ただリンの後ろ右足はとてもとても緩いそう。簡単に出たり入ったり。
それでも手術まではいかないとのことで本当に良かった。

その所見。

関節が外側に外れるパテラでした。
外側に外れるのは内側よりタチが悪い。というのも外側には内側にはない腱があって
膝の関節が外れることによりそれがその外側の腱に干渉して傷つけてしまうらしい。

そしてランリン。
ダックスとトイプードルのミックス犬。
先生は顔をしかめてこう言いました。
ダックスの脚の短さにトイプードルの脚の関節の長さがある。
簡単にいうと腱の長さが余ってしまうということ。
だから溝が浅いというよりも腱が関節に対してピンと張っていない状態らしい。

白いのちゃんもパテラでした。
彼女の場合は溝が浅い。だから関節が溝からすぐに外れてしまうのです。
溝を深く掘り、なおかつ外れないように針金で固定する手術をしました。
今では問題なく走り回っています。

ランリンの場合、もし手術をするとしても上記の工程にプラスして
余った腱を縮める手術が必要とのこと。

ただ今のままいって将来的に手術をする確率は30%くらいかなとおっしゃっておりました。
とりあえず、ほっと安堵。
そして運動に関しては問題ないですよとお墨付きをいただきました。
やったあ!!!
でもそれはパテラに関してですけども。。。。

ミックスであることによる体躯構成のいびつさ。またいろいろと考えさせられました。


話は変わりますが。。。。
白いのちゃんは左後ろ足に針金が入っておりますが、
実は私も左足にボルトが入っておりまする。うふ♪おそろい。

左の脚の腱を若い時に痛めていてずっと違和感があったのですが、
40歳を手前に足首が痛み出し病院にいったところ
腱が使い物になっていないらしく、曲がりすぎる関節が骨を削っているとのこと(´;ω;`)ウゥゥ
レントゲンを見ると骨の角が骨を削ってる( ゚Д゚)ということで急きょ手術をすることに。
それが伸びた腱を縫い縮める、それが無理なら手首の腱を移植するというものでした。
(知ってました?手首には必要のない腱があるんですよ~びっくり)

結局腱がだめになり過ぎていて手首の腱を移植して骨に穴を開けて
4か所ボルトで止めております。すごいですよね。外科手術って。
今では痺れはあるもののしっかり足首の関節をつなぎとめてくれています。

体育会系だった若かりし頃、うさぎ跳びや肩車スクワットが普通に行われていた青春時代。
おそらく10代のころに痛めた古傷がこんな大事になるとは。。。。

体躯構成が脆弱なランリンに対してどの程度の運動量が適正なのか。
見極めるのが非常に難しい。今後の、一生の課題になりそうです。

さて診察のお代は2匹の触診、診察、リンのみレントゲンで9180円でした。


診察が終わった帰り道、気分転換に緑の文化園で軽く散策。

BlogPaint
さわやかに歩く1人と2匹 だけど蒸し暑いっ


しかしっ暑いっ!午前中にもかかわらず暑いっ!!!

IMG_4397 (2)
暑そうリンちゃん 右後ろ足要注意ですよ!!!


IMG_4410
ランちゃん、鼻くそついてるよ(* ´艸`)クスクス


そして思ったより過酷な散歩コース。緑の文化園、イメージとちごた(;^_^A


BlogPaint
急な坂道におぼつかない足取りの飼い主。

小一時間散策して車に帰還したのでした。暑かったーーーー!



ランとリンは元保護犬です。
家族を待ってる犬達がたくさんいます。
dogs-smile02-1
 ↑ 保護犬のお問合せはこちらまで
livedoor プロフィール
最新コメント
  • ライブドアブログ