2015年08月05日

診察に行ってきました~再手術から約2か月。あと一息!~

昨日、診察に行ってきました。
再手術が6月8日だったので、かれこれ約2か月経ちます。

診察の話の前に、、、
前回の記事に書いた謎の穴ですが、その後、毎日チェックしていましたが、とりあえず大丈夫そうです。
よ~~く見れば、「穴が開いていたのはここね」という跡らしきものは見えますが(オットも見たらわかるという)、
その穴跡が何か悪いものに変化するような兆しは見えません。
皮膚と一体化していると思います。

しかし、残念なことに、
ずっと快調だった排便だったのですが、
診察に行く前日の朝、いつものようにウォシュレット前にペーパーを当てると、
少量の出血がありましたΣ(´д`;)

前回の診察(2週間前)辺りは何日かに一回かの割合で少量の出血がありましたが、
その後は出血もなく、快腸だったと思ってたのに(´;ω;`)

謎な穴を見つけて以来、ナーバスになっているワタシ・・・
どこが出血しているのか、鏡でよく見てみようと思いましたが、
まず、謎な穴(跡)は何の変化もなく、ここではなさそう。
で、もっと奥の方から出血しているっぽいです。

手術跡からの出血だと思うけど、、、別件の切れ痔か???
自分では判断はつきません。


そして、診察当日、
朝の排便後、出血はありませんでした(´- `*)ホ
でも、ナーバスモードなワタシ、その後下痢をしてしまいました(T_T)
が、出血はなし。

さらに、今までずーーっとなかったのに軽い痛みを何故か、朝から何度か感じました。
ピリッというか、なんというか、ホント微妙な痛みなんだけれど、今まで無痛だったぶん、ちょっと怖い・・・( p_q)


で、いつもの病院へ。
で、いつものように名前を呼ばれるのを待っていたら、結構すぐに呼ばれた・・・
のはいいけれど、診察室ではなく、奥の、手術や内視鏡検査をした時に行ったストレッチャーが並ぶ部屋へと誘導されました。
・・・Σ('◇'*)エェッ!?もう何度も何度も通ってますが、こんなことは初めてです。
看護師さんは平然と「今日は消毒ですね。」
と言うので、
「・・・今日はここなんですか!?」
と聞くと、
「はい^^」
と、これまた平然と答えられました。

ま、まぁ、別にいいけど。

で、さらにその部屋の一番奥まで案内されると、そこには、前回と同じ色黒の先生がいました。

看護師さんに、ストレッチャーにシムス体位で寝る様に言われました。
今回は服を脱ぐ間、カーテンを閉めてくれました。
検査後の休憩などをする場所でもあるので、薄暗いこの部屋・・・オシリを診るのに大丈夫かな?と思いましたが、たぶん、先生はペンライトで診てくれたのだと思います(勝手に推測)。

昨日の朝、少量の出血があったこと、針の穴くらいの穴を見つけたけれどふさがったこと、今まで痛くなかったのに、今朝から少し痛むことを伝え、オシリを診てもらうと、看護師さんにまたカーテンを閉められ、服を着る様に促され、
「このあと先生から説明があります。」
とのこと、

先生と向かい合って話せるなんて!
オシリを出しながら話すのと、全然心の持ちようが違います(^∀^)

前回もこの先生は(オシリを出しながらだったけれど;)しっかり話をしてくれて、いいなって思っていたので、今回もなんとなく安心して色々聞けました。

傷口は、前回はまだ外の方にも少し残っていたのが、今回はもう外側は皮膚が出来て治っているそうです。
だけど、昨日出血したのは、手術の傷が中の方まであるので、そこが便でこすれて出血しちゃったのかな、
とのこと。
「便が緩くなかったですか?」
と聞かれたのですが、まさに、そうでした。
固い便ではなく、緩い便で切れちゃったみたいです。
切れ痔ではないですか?と聞いてみたけれど、
たぶん、切れ痔ではなく手術跡であろうとのこと。

痛みがあることについては、
まぁ、出血もあったことだし、痛みが出ることもあるでしょう。
とのこと。

色々図にまで書いて説明してくれて、ほんと今までの診察と全然違います(*゚▽゚*)
どういうシステムで、この先生だけ違うのかは、謎だけれど、嬉しい事です。

「本当なら今日でおしまいって言ってもいいんだけど、出血があったっていう事だから、もう一回2週間後に診せに来てもらって、それで良くなっていたら終りにしましょう。」

う~ん、オシカッタ!!
けど、初めて先が見える言葉をもらいました(・∀・)!

普通、1ヶ月半くらいで完治宣言がもらえるらしいのが、2カ月経っても治らないのが不安だったのですが、
それを言ってみると、

「大丈夫ですよ。治り方は個人差がありますから。おかしい事はありません。」
とのことで・・・ホ。

他のストレッチャーで休憩中の患者さんに、もしかしたら会話が全部聞かれていたかもしれません(^_^;)
が、カーテンで仕切られて顔も見えないし、なんかもうそういう恥的な部分はこの長い治療で私、どこかに置いてきてしまったようなので、聞かれてたとしても、ま、いっかと思っちゃいました(笑)
一応小声で話しましたけどね。


最後の診察もこの先生がいいなぁって思ったけれど、
受付で聞いてみた所、
「患者様の症状次第で、先生から、次回もこの患者さんを続けて診たいという場合は、ドクター指名という形を取ることはありますが、患者さんからの指名は受けられないんです。」
とのこと。残念。
ただ、同じ曜日だと同じ先生の確率は高いとのことで、
2週間後の同じ曜日同じ時間で予約を取りました。


その後、昨日一日、何故か朝からの軽い痛みが頻発し、ちょっと心配になりましたが、
今日はほとんど痛くありません。

ホント軽い痛みなので、普通なら心配しない程度だと思うんですけど、
痔ろうの再発を経験している身としては、こういう痛みがちょっとでもあると怖いんです(´;ω;`)
だけど、肛門周囲膿瘍の初期の時や、再発時にたまに感じたズーンというイヤな痛みとは性質が違い、ホント軽いピリッとした感じなので、大丈夫!!と自分に言い聞かせております。



とりあえず、
ここまでやって来ました。

完治まであと一息です!!


・・・無事に2週間後を迎えられますように!!!


haruharu

押していただけると励みになります!!!
↓↓↓↓↓

にほんブログ村


haruharuggg at 16:41│Comments(2)再手術後 

この記事へのコメント

1. Posted by みゆ   2015年08月06日 22:14
こんばんは。
一安心ですね。

私も5日受診日でした。
生理3日目で、先生に「整理整頓中だから診なくて良い」と言われちゃいました。
いつも同じ先生という安心感はあります。
先生と趣味の釣りの話もするので、私を女性だとは意識していないようです。

恥ずかしい気持ちもあるけれど、今、どんな状態か診て欲しい気持ちの方が大きいです。
お互い頑張りましょうね。
2. Posted by haruharu   2015年08月07日 16:30
みゆさん、こんにちは^^

みゆさんもまだ通院を続けているのですね。
生理中は診察されない先生なんですね。
確かに、それより今どんな状態か診て欲しいですよね。。

私も本当は、毎回の通院で、恥ずかしい気持ちよりも、触診もしてしっかりと診て欲しいのです。
けれど、院長以外はただ見るだけの診察で、外の状態しか見せていないので、若干の不安がいつも残ったままです。

でも、あんまり見えない所の心配ばかりしていると心が疲れてしまうので、変な症状が出ていなければ大丈夫!と、出来るだけ大きな気持ちでいようと、努めています。

お互い完治を目指し、頑張りましょうね(*^_^*)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字