2017年04月27日

【お知らせ】今後の予定 WS、ライブ、セッションなど

4月27日

行ってきました〜。
アート、やっぱりライブが楽しいですね。

ootomo

さあ、黄金週間ですね。
肌寒さはありますが・・
楽しい時間が待ってますね〜!

これからの予定をお知らせします。

ワークショップは「今さら誰にも訊けない・・」シリーズ。

明るいキャラクターが魅力の市場美恵子さんを
ボーカルの先生にお迎えして、
私はピアノ担当&音楽の約束事をレクチャーします。
『ボーカリストのためのWS』はジャズスタンダードを歌う会。
毎回テーマ曲を決めて、一回完結形式なので
いつでも参加できます。

もうひとつは『リズム幼稚園』も。
こちらは私中村尚子が音楽するのに大切な
基礎の基礎、リズムを体を動かしながら親しむものです。

リピーターがとても多くて嬉しいです。
よろしければ、ぜひ。

ライブも、仲良くしてもらっている方との繋がりが
続いていて嬉しくって楽しみ!
広島りこちゃん、パリ在住のケンタロー、梶川さん、
りこちゃん、市場ちゃん・・・。

お世話になっている小岩のバックインタイムでは
月に2回ジャムセッションのホストやっています。

それぞれの詳細はリンクからどうぞ。

TC.AcademyのWS

5/7(日)
今さら誰にも訊けない・・ボーカリストのためのWS
課題曲は” 'S WONDERFUL”

5/9(火)
今さら誰にも訊けない・・・リズム幼稚園

5/22(月)
今さら誰にも訊けない・・ボーカリストのためのWS
課題曲は” You And The Night And The Music”

5/27(土)
今さら誰にも訊けない・・ボーカリストのためのWS〜第一回発表会 〜
「IDK Jazz Vocal Live Vol.1」

ライブ
5/21(土)
広島から「風楼」と「春犬でゅお」@BIT
☆広島のりこちゃん、久々にジョイントライブやります。
「風楼」河野せいじgt.りこp.ゲスト野中つたえvo.
「春犬でゅお」中村尚子p.梶川朋希gt.

6/30(金)
市場美恵子&中村尚子@新宿ミノトール2
☆市場ちゃんとの初ライブ、ベースは多田さんです。

7/7(金)
春犬バンドwithRIQUO@BIT
☆パリからケンタロー、声の参加りこちゃん。

ジャムセッション
4/28(金)
春犬ジャムvol.41@BIT
13:30−16:30
参加費1000円


5/19(金)
ののさんのジャズ研@BIT
昼の部14:30−17:30
夜の部19:30−22:30
セッションホスト
野々口毅b.中村尚子p.
参加費1800円(昼夜通しで500円割引)

いろいろやりたいことあって、
「今さら誰にも訊けない」シリーズを充実したいんです。
今、付属「リズム幼稚園」というふざけた名前をつけてますが、
これがいいんです!
いつでも「初心者に返る」という姿勢で、
今こそ本気で学んでしまおう〜〜。

ぜひ協力をお願いすることがあると思います。
力を貸していただけると嬉しいです!

では、WS、ライブ、セッションでお目にかかれますように! 

haruinu at 18:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 お知らせ | TC.Academy

2017年04月26日

練習メモ

4月26日

IMG_3614

昨日のメモ・・

憧れているピアニストの演奏に触れたら
影響されてしまう。

子供の頃はアルトゥール・ルビンシュタインという
おじいちゃんピアニストの弾くショパンが好きだったので、
いつの間にか独特の間を真似して弾いていて、
教わっている先生に
「何を(誰)聴いてきたの?」
と、ちょっと困り顔されたっけ。

バッハはグレン・グールドにはまって、
やはり
「誰の聴いてきたの?」
「まったくもお〜〜」
って叱られた。

また名手の 演奏っていうのは
結構テンポが速かったりするので・・
それにも影響されてしまって。

ちゃんと弾けもしないというのに
あの格好いい演奏みたいに、
という思いが走ってしまう。

ジャズの演奏もしかり。

上手い人の演奏って、影響されないほうがおかしい。 
感動している証拠でもあるし。

自分でしっかり勉強しているつもりでも、
誰かの影響が時間とともに蓄積している。
すべてを自分の求めているように
演奏しようと思っていたはずが、
ふと誰かのあの演奏、が 
本当の自分の演奏することを邪魔してる。
それって、
ちゃんと自分の音を聞けていないということでもある。
格好いい人を真似したくて、実に格好悪い。

今日は、そのことに気づいた。
長いこと曖昧にしていたのだなあ・・。
今度こそ自分の発見と美を表現したい。

そう思えただけで、全く楽譜の景色が違って見えた。
この長いこと演奏し続けてきた曲が、
隅から隅まで新鮮さにあふれてる。

あ、ここの内声の流れに気づけていなかった・・
ベースのメロディがこんなに美しかったとは!
明確な意思をもって新鮮に演奏ができるのなら、
もっともっとゆっくり弾いても音楽は途切れないということ。

 丁寧に時間をとらえ続けよう。
 

haruinu at 12:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 本日のできごと | レッスン

2017年04月15日

ひとも変化する季節なのかも

4月15日

image

この数週間で、
一気に電気物が壊れてしまい・・
電話、PCが新しくなりました。

いやあ、首が凝るって感じ、これなんだ。
わかりますね。
最近まで、そんな感覚あったことすら忘れてました。

道具に自分を合わせなくちゃならないって
ホントに不自然な事なんだと思います。

なので、必要に迫られて使うのは仕方ないけど、
体調に関わるので本当に気をつけなくてはと。

そして、私も少しずつ変化していっている。

自分が元気だから、
元気な人と軽口をたたくみたいな感覚で
出した言葉が
とても繊細なひとにとっては
言葉の刃だった、
ということがあったんだそうです。

直にではなかったのですが、
人づてに耳に入ってきました。

人を傷つける気なんて、全く無かったのに・・
あのときの冗談みたいな言葉が、
えええ〜?
って思うくらい、気づけなかった。
でもそうなんだなあ。

反省、ごめんなさい。

未熟者です、私。
間違いも多々やってしまいます。

自分の状態がすべての人とバランス取れるはずありません。
ちょっと気をつけてあげたかったなあ。

でも、起こってしまったことは仕方ありません。
許してもらえないかもしれないけど、
その方に、良い出会いがあって、
人の間違いをお互い想像できるようになって
許してもいい、という時期が来たら嬉しいです。

そうしたら、また会えたらいいなあ 、と思いました。

こんな未熟な私ですが、
音楽のWSで自分がお役に立てるなら、
と思いながら開催しています。

よろしければ、
歌ってご機嫌な自分をみつけてもらい、
リズムの遊びで心地よさと出会ってほしいです。

決して自分の今の音楽、リズム、ピアノ、理解、
が最高だと思っているわけではなく、
いつも「もっと」と思いながら
悔しさを噛みしめて、あがいているのです。

だから私にできることもあるのかも?
と思いつつ、春が来て「もっと」やっていきます。


5/7(日)「今さら誰にも訊けないボーカリストのためのWS」

5/9(火)「今さら誰にも訊けない・・・リズム幼稚園」




 

haruinu at 10:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 つぶやき | TC.Academy

2017年03月14日

ピアノを運んだ〜ヒモトレと関係ありのような、そうでないような・・

3月14日

ヒモトレと関係あるのかないのか?
よくわからないヒモのお話。

昨日、友人が引っ越すにあたり
次の住まいに持って行けなくなった電子ピアノを
手放すことになったというので
私たちが譲り受けることになり、
引き取りに行きました。

メインの鍵盤の部分、支える両サイドの板、
ペダルのところ、3つに分解してから
運ぶことにします。
BlogPaint

鍵盤のところだけでもかなりの重量と長さがあり、
後で調べたところ53kgだったそうでした。

行ってみたらマンションにはエレベーターが無くて、
台車で運ぶつもりだったのに、え〜ってなった。
4階から急勾配の階段を二人で下ろすことになりました。

大きな重たい羊羹みたいなピアノの鍵盤部分、
カトマネが下、私が上、みたいに階段を下りようとしたのですが・・
重いピアノを支えながら斜め下に降りようなんて、
めちゃくちゃ危険なことだと、
一段下りようとしたその一瞬でわかりました。

鍵盤は滑り落ちるだろう、
そして壊れるでしょう、
支えてるカトマネは支えきれないだろう、
後ろ向きに転げ落ちるでしょう、
私は顔から落ちるだろう・・・

ピ、ピ、ピンチ

だって、いま手は離せないんだよ。


ホントに怖い〜〜。

BlogPaint

なんて馬鹿なコトしているのだろうと笑えてきます。

ちょっと待った、
焦りを覚えながらも
冷静になろう、
と階段の踊り場で考え直す。

横のまま運んだら危ない、ということは
縦にすることにしよう。

鍵盤を縦にして、
運ぶ二人もなるべく鍵盤と一体化して、
下ろすにはどうするか?

ふと、ヒモトレで股関節周りが使えるようになる
ヒモパンというのを使ってみようとひらめく。
鍵盤はひとではないけれど、八の字にしたヒモの上に
羊羹みたいな鍵盤部を縦にのせて、
輪になったところを持ち、片方の手は鍵盤ちゃんの腰に
手を回す、を二人で一緒にやってみました。

BlogPaint

すると、重かった(実際重いのですが)鍵盤ちゃんが
自分の身体と密着して案外動かしやすくなったのです。

もちろん重さは変わっていないけど、
自分の身体をどう使えばいいのか
一段一段下りながら理解が深まっていきます。

BlogPaint


一歩一歩、この重たい固い大きな羊羹ちゃんとの
つき合いかたが分かっていきます。
密着させて自分の身体に近い存在になればなるほど
物(相手)とのつきあいかたが上手くなる。

手強い作業だったのですが、
いろいろ実験できたりしてなんだか楽しくなっちゃって、
とても良い経験ができました。

直後にたまたま小関勲さんと電話で話せたのですが、
この出来事を報告したら一緒に面白がって頂けました。

ずっと学んでいることや自分が行ってきたことが
やっぱり繋がっているなあ〜、
私の体は案外使えるのだなって、
思えた出来事でした。

以上、ピアノにヒモしたら、という話でした。

後で、ひともヒモしたらもっと楽だったんじゃないの?
という意見が(笑)


私にバランスのことや韓氏意拳を伝えてくれた
小関勲さんからは出合ってからずっと、
良い影響を受け続けています。


そんな小関さんの講習会を東京でやってみようと
思ってお手伝いしてから結構な年月経ちましたが、
いよいよ「ヒモトレ」が大きな注目をあびるようになりましたね。
アンアン、クロワッサン、オレンジページ、etc・・・ですよ!
森高千里さんにヒモトレですって、ねえ。

私たちTC.Academyでは小関勲さんの講習会を
定期的に行っています。
よかったら直接教わりにいらしてください。
私はスタッフで会場におります。

最後にお知らせです。



3/19、3/20
TC.Academyで小関勲さんの「ヒモトレ」講習会あります。

3/19
TC.Academyで小関勲さんの「韓氏意拳」講習会もあります。
 

TC.Academyが運営をお手伝いすることになっている
4/1、4/2
ヒモトレ祭り@東京 「ヒモトレから観る身体の可能性」もあります。 


haruinu at 11:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 本日のできごと | TC.Academy

2017年03月10日

ある日の私のレッスン

3月10日

昨日は自宅での個人レッスンでした。

ちょっとですが内容をレポートしますね。

体格に恵まれた、私などからみたら
彼女の大きな手が羨ましい、
170位あるモデルみたいな子。 

長年レッスンしているので
相当きちんと弾けるテクニックは身についています。
ただ不思議なのは音楽を聴いてそれを歌ったり
ピアノで弾いてみるとかを全くしないのです。
ずいぶんいろいろ考えながら揺さぶってきたんですが、
あまり動かないみたいで、課題曲しかみない。
彼女のレパートリーは私が「やって」と
言ったものしかない。
それもたまに弾いてくれたらいいのに、
それを勉強するのをやめたら終わり、記憶に残らない。
また常に目で楽譜を追いながら演奏するので
自分が苦手意識を持っている箇所(臨時記号、加線された音符・・)
がくると止まっちゃう。

想像するに、頭の中に「音」が鳴っていないんだろうなあ・・
と思われます。だから目に頼っちゃうのでしょうね。

ただ本当にピアノ弾くのは好きなんでしょう。
ずうっと通ってくれている。

私は幼い頃から聴いたものは何でも弾いちゃう、歌っちゃう。
ついでに踊りまくる。
みたいな子だったので、
(音楽で)指示待ちなひとの気持ちが想像できない(笑)

ですが、そういう自分の持っていないものだらけの
ひとに接する機会が与えられている。
むしろ私が教え方を教えてもらっているのだなあと感じます。
最近、とてもありがたいことなのだと思えます。

昔は、それこそ感情に訴えてみたりしたんですよね、
まるで逆効果、私が自己嫌悪になっていました。

今は、アイディアの源になってくれてありがとう!って感じ。

ということで、彼女に対しての策を考えながらのレッスンしています。

楽譜を使わずに演奏にだけ集中するようにしてみる。
バッハのインベンション、楽譜をみながらひとフレーズずつ弾いては
落とし込み、みないでも弾けるようにしながら、進んで行く。

実力よりやさしい曲をどんどん与えて弾いてもらう。
音楽にはいろいろなタイプの曲があることを知る、
自分は結構上手く弾けるんだ、初見もできるんだ、
という自信につながっていって欲しい。

自分が音楽の知識を持っていることの確認をする。
昨日はバッハのプレリュードを弾きながら、
1小節ずつコードネームを自分で言いながら弾いてもらいました。
そのために前もって、ノートに自分でアナライズしてきてもらう。
これ、彼女はちゃんとやってきたんですよね〜〜。

それも名付け方が分からない3個くらいのコード以外はパーフェクト!
演奏しながらコードネームを言うのも、スムーズで
音楽がちゃんと動いている。

なにより楽しそうだったのです。

何となく、こういう方針が彼女に合っているような気がします。

今後が楽しみです。

レッスンメモ






 

haruinu at 12:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 つぶやき | レッスン

2017年03月09日

ますます好きになる、ということの

3月9日

はじめてあったときから今もずっと好き。

はじめは?だったけど気になりながら
だんだん好きになった自分に気づく。 

はじめ好きだったはずなのに、
こんなに気持ちが冷めている、というのもある。

であったころから時間と共に
関係は変化し続けていくなあ。

昨日、ふと
あの人と知り合ってからずいぶん経つのに、
好きにならないのはなぜだろう?と思った。

むしろ積極的に会いたいと思えない。

見ないようにして良いひと然と、
平静を装っていたはずが、
ずうっと私がそういう気持ちを持っていたことに
今さらながら驚く。

人づきあいは大切なのだから
波風たてる必要は無いけど。

でもその気持ちはずっとそこにある。
無かった事にはしないできちんとみてみようと思った。

好きになっていく、
また会いたい、
一緒に居ると楽しい、
気分が良くなる。

自分はそういうひとに恵まれていると感じる。


いつか嫌だと思う自分は変わっているだろうか?

音楽も好きでずっと来て、
未だに好きが止まらずにいる。

武術にであって、
こいういうことにも整理がつきやすくなってきた感じ。

自分のこと、メモでした。




 

haruinu at 22:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 つぶやき 

2017年02月04日

毎日充実しているのですが・・

2月4日

BlogPaint

今日から春ですね!
子供の頃、節分の日は
成田山新勝寺に学校をさぼってまで母と
行ったりしいました。
光が春らしくなる今頃は
ふわふわとしていたような気がします。 

一月というのは私にとっては、
年が明けて嬉しいようでいて、
故人との思い出が多く甦ってくる月で、
心が大きく振れる感じなのです。

今年は、そこに知人の訃報が・・。
哀しい、言葉にできないです。

毎日が大切だと思いながら生きていきましょう。

1月2日には昨年末「音で聴く 宮澤賢治」が
無事に終わったことを報告しに
賢治と妹としさんが納鎮されているという
国柱会に行きお経と線香をあげてきました。
なんとなく、ひとくぎり。

そしてTCアカデミーの講習会が10本位あって、
その中では市場さんのWSもはじまり、
私のリズム幼稚園も、
小関さんのバランス&ヒモトレ、ほか
結構忙しくしていました。

空手も毎日稽古してます(笑)
これが楽しい楽しい〜〜。

今年も第三金曜「ののさんのジャズ研」、
最終金曜は春犬ジャムも始まりました。

音楽の個人レッスンもやっています。
歌の人に音楽の基本を教えたりもやっています。
目指せ弾き語り!できたら格好いいですよ。
もしご興味ありましたら気軽にご相談下さい!



2月12日(日)はライブ&カフェ宮内家さんでの
「藍色の空−Aisora−」です。

イベントページはこちら

出演 藍色の空(Aisora)・・・
中村尚子(pf)、土屋祐介(gt)、野々口毅(b)
開場 13:00  開演 14:00
チャージ ¥2700(税込)要1オーダー

336-0018 Saitama-shi
埼玉県さいたま市南区南本町2丁目3-8志賀パレス1F





 

haruinu at 18:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 お知らせ | 藍色の空

2017年01月01日

2017年はじまりました〜!

1月1日

BlogPaint

新しい年を迎えました。
みなさまにとって充実の一年になりますことを!

大晦日はご近所安楽寺で迫力満点な除夜の鐘を聴きながら、
インドレストラン「デリー・ダバ」の野菜スープのふるまいを
ちょっぴりお手伝いしながらの年越しでした。

知人の病気が良くなりますように、と祈願しつつ。

***********

この12月は凝縮していました。

12/26の「音で聴く 宮澤賢治」@南小岩バッハザール
12/29は「藍色の空」@新宿ミノトール2
12/30が「春犬ジャム」vol.37@バックインタイム
 
振れ幅が大きくて、12/31はさすがに疲労感を覚えていました。

TC.Academy関連もたくさんでした。

12/17光岡英稔「英会話」
12/21中村尚子「今さら誰にも訊けないボーカリストの為のWS」番外編「リズム幼稚園」
12/22高橋透「身体は語る」
12/23 北川智久研究会と高橋透「韓氏意拳」

韓氏意拳の世話人としては
12/25駒井雅和教練講習会

お友達との
12/24「昭和歌謡」がテーマの宴会(笑)
私もWSで覚えたスタンダード歌っちゃった! 

12/26の「音で聴く 宮澤賢治」@南小岩バッハザール、
多くの方にお越し頂きました。
ご来場頂いたみなさん、
協賛してくださったFMえどがわ、
花巻のワインメーカー「エーデルワイン」
お手伝い頂いたみなさん、ありがとうございました。 

宮澤賢治の残してくれた作品たち(賢治は自分の子供と言っていた)
のほんの数作品ですが、今回選び、
自分なりに学びました。
図書館で何度も筑摩書房の全集を借り、
インターネットで賢治の詩を研究しているサイトも参考にして、
また、清水正先生の書籍を知り、
こんなにさまざまなメッセージが込められていたんだ、
ということにいまさら触れて、
賢治の宇宙に足を踏み入れるのが怖ろしくて
思わずためらいそうになるほどでした。

私は、ノートに今回やる
「注文の多い料理店」
「やまなし」
「春と修羅」
他短編の詩、を
書いて、諳んじるまで読みました。

朝から晩まで、という位。

「春と修羅」の凝縮感に圧倒され、
ここまでよく削ぎ落とせたものだ、と
気づかされて、そうしたら
完全に諳誦できるようになりました。

そんな時間を過ごしていると、
今回の賢治作品とのコラボの意味も
自分からも理解が深くなっていくのを感じました。

そして、自分が嘘を抱えていると、
賢治の作品と向き合うことが難しい、という現実。

相当覚悟しないと賢治の前に立てないな、
まっすぐにメッセージが飛んでくるんです。
作品を読めば読むほど。

私、毎日空手の型を稽古しているのですが、
何だかそれに似ているなあ、と思います。

先生が、「型は他人です。
だから初めは理解できない。
でも、何度何度も稽古していると、
ある日、型の方から話しかけてくるんです」
「そうなったらしめたもの」

うっすらとですけれど、その感覚と
賢治の作品の諳誦する行為がとても似ているなあ、
と感じました。

私ならこうするけど、と一瞬思っても、
よく読めば、やっぱり賢治のそこに残した言葉の
チョイスの方がすごいんです。

賢治の作品を声に出して読む、
それだけで心身に何かしら影響があるということがわかりました。
賢治からのメッセージをダイレクトに受け止めてみれば、
「私はどうしたらいいのだろう?」と
迷ったりしているときにも有用なのではないかと思います。

幼い頃から賢治の作品が好きだったのですが、
今回の企画をやってみて、
こんなに学ぶことがあるとは、
想像以上で、とても驚いています。

今回一緒に動いて下さった、
川瀬なな子さん、
カトマネ、
共感してくださったみなさん、
本当にありがとうございました。

嬉しいのは、
ライブが終わってから、
みなさんが思いのたけを
伝えようとしてくださっていること。

賢治の作品をやったから、だからこそだと思います。

賢治さんに笑ってもらえたかな〜?

DSCN2495







 

haruinu at 15:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 ライブレポート 

2016年12月02日

12月は26日『音で聴く 宮澤賢治〜ユメミル キャンドル ナイト〜』と29日『藍色の空』

12月2日
 
 BlogPaint
 ちょっと前に散歩した築地場外市場にて



今日は12月のライブのお知らせなどをさせて頂きますね!

 
             11/21の「音で聴く宮澤賢治」より 醍醐さん撮影


【ライブ】

12月26日(月)『音で聴く 宮澤賢治』〜ユメミルキャンドル ナイト〜

11/21に小岩バックインタイムで『音で聴く 宮澤賢治』を
ついに、やってしまいました。
今年生誕120年という記念の年でもあり、
「いつやるの?」
「今(年)でしょ」
という自分の心の声と
知り合って長いのに、一緒に何かをしていなかった
アナウンサーの川瀬奈々子さんと9月に
東部図書館で絵本と音楽のイベントができたのを
きっかけに、一歩踏み出したところです。

そして12/26(月)は朗読コンサート第2弾を、
小岩のバッハザールというホールで行います。

演目予定は
やまなし

注文の多い料理店

ざしき童子のはなし

春と修羅 一集 二集 三集 より

即興要素を入れつつ、
賢治の世界に参加致します。

FBのイベントページ

【日時】2016年12月26日(月)
   開場18:30 開演19:00
【場所】南小岩 バッハザール
   江戸川区南小岩6-27-16TheDome南小岩4F

【チケット】4000円(1drink付)    
    http://form1.fc2.com/form/?id=577b6ffb2a76abfd
【出演】川瀬なな子 朗読 (FMえどがわパーソナリティ)
   中村尚子  ピアノ演奏

【予約&問い合わせ】
   HARUINU MUSIC
   070-5576-8798 加藤まで

【協賛】FMえどがわ


12月29日(木)『藍色の空-Aisora-』ライブ@新宿ミノトール2

ランチをとりながらAisoraの音楽で
ゆっくり過ごして下さい。
気持ちは年末でせわしないかもしれませんけど・・
もう、開き直りましょっ(笑)

最近作った私のオリジナルが3曲も演奏予定〜〜。
自分で作っても自分でその曲の全てを把握できていた
わけではないのだな、ののさん、土屋さんという
お二人がそこに参加してくれるおかげで
この曲の良さをもっと理解できたりするのですね。

FBのイベントページ

【日時】12月29日(木)open 12:00 start 13:00
【出演】 藍色の空(Aisora)・・・
    中村尚子(pf)、土屋祐介(gt)、野々口毅(b)
【会場】 新宿ミノトール2
    新宿区新宿5−11−4 龍生堂ビルB1
    TEL:03−3341−2655
【料金】¥3900(税込)
    ミュージックチャージ、特製オードブル盛り合わせ、1ドリンク付

    今回の特製オードブルの内容です
    ・ローストビーフ
    ・スモークサーモン
    ・キッシュ
    ・ブリオシュ
    ・チーズ
    +1drink(ワイン、Beer、etc)

【予約&問い合わせ】
   HARUINU MUSIC
   070-5576-8798 加藤まで


【音楽のワークショップ】

『今さら誰にも訊けないボーカリストの為のWS』
番外編〜リズム幼稚園〜


ボーカリストのためのWSの中でも、もちろんリズムのことは
勉強していますが、一回のWSで1曲仕上げていこうという思うと
全てしっかり勉強するのは大変です。

ですので、今回は歌うのに大切な基本のキ、
リズムに焦点をあてて、そこから音楽のことを学びたいと思います。

かつて子供だった大人のひとも、
童心に還って遊ぶように踊りながら、
リズム感覚を身につけていきましょう。

【日時】 2016年12月21日 
【会場】てぃあら江東 地下「音楽スタジオ」

13:30-15:00 基礎編 ¥5000(税込)
15:45-17:15 応用編 ¥5000(税込)

基礎編+応用編 ¥8000(税込)
今回は「応用編」のみの受講はご遠慮頂いています。

募集 6名程度

【申込みフォーム】こちらから

      TC.Academyのサイトでも詳細を確認ください



【ジャムセッション】

12月23日(金)「ののさんのジャズ研」@BIT
    14:30−17:30&19:30−22:30
12月30日(金)「春犬ジャムvol.38」@BIT 
    13:30−16:30 


【おまけ動画】
わんわん吠えてる猫がご主人にみつかって、あれ?

 

haruinu at 20:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 お知らせ 

2016年12月01日

10月下旬〜11月のまとめ、にしてもほどがある〜〜m(_ _)m

12月1日

  BlogPaint

芸術の秋が私にとっても芸術の秋っぽかったです(笑)
芸術って言葉は大げさな感じが漂いますね〜〜。

前回の更新から1ヶ月以上経っちゃった〜〜。

やったことをざっとまとめます。

音楽関係のこと

10/20(木)『今さら誰にも訊けないボーカリストのためのWS』@オブサンズ森下

  BlogPaint

  おかげさまでリピーターが多いWSで、みなさん確実に伸びています。
  市場美恵子さんのボーカリストとしての視点と楽器奏者の私の視点で
  いろいろアドバイスさせて頂いています。

10/21(金)『ののさんのジャズ研』@BIT 

  BlogPaint

  昼&夜開催なので、一日中バックインタイムにいるんですけど、
  みなさんホント音楽を楽しんでいて良い感じ〜。

10/24(月)『春犬バンドwithRIQUO』@BIT

  BlogPaint

  
  

  DSCN1722

  大好きなRIQUOちゃん(歌)をゲストに迎えての春犬バンドライブでした。
  一年に数回しかできない春犬バンドですが、
  (ケンタロー帰国の間にやれるだけすごい!)
  バンドだなあ〜〜。
  RIQUOちゃんともまた一緒にやらなくては!
  

10/28(金)『春犬ジャムvol.35』@BIT

  DSCN2080


  DSCN2085

  スズキケンタローがコントラバスを担当してくれました。
  少人数の参加ながら、セッションデビューの方あり、
  自分との約束を果たそうと頑張る常連の方、
  遠方より参加のドラムの先生あり、何だか賑やかでした!

11/2(水)『ニコラ・パロン トリオ』@BIT
 
  DSCN2113
  
  スズキケンタローの参加しているバンドのツアーに私も参加させてもらいました。
  ニコラさん(ギター)の作るオリジナル、その世界観を表すバンド、
  素晴らしい時間でした。
  なんというか、金色の砂漠の砂が時と風と共に移ろっていく、
  そんな映像のような、それでいて全く退屈するのではなく、
  むしろ関心が高まっていくような、そんな音楽。
  アルバムを前もって聴かせて貰っていましたが、
  生は本当に良かったなあ〜〜。
  一緒に演奏させてもらえて、感じる所多く、
  今後の自分の音にも影響ありそうです。

11/3(木祝)『今さら誰にも訊けないボーカリストのためのWS』@オブサンズ森下

  BlogPaint


11/11(金)『今さら誰にも訊けないボーカリストのためのWS』@オブサンズ森下

11/18(金)『ののさんのジャズ研』@BIT

  DSCN2258
  昼の女子トリオ

  DSCN2268
  夜は鍵盤の名手の共演



11/21(月)『音で聴く 宮澤賢治』@BIT

  DSCN2283

  FMえどがわのパーソナリティでおなじみの川瀬なな子さんと一緒に
  新しいことに挑戦しています。
  その第1回目でした。
  「やまなし」という作品が大好きでしたので、その世界に自分も参加したかった。
  9月に東部図書館でもやったのですが、
  今回はもっと精度を高めていこうと思い、臨むことができました。
  即興、というのは「その場しのぎ」とは全く違うんですよね。
  準備して臨んだもの、そこまで準備に時間がかけられなかったもの、
  自分の中で大きく違ってしまった。
  12/26バッハザールでの『音で聴く宮澤賢治』では
  必ずそこをクリアして取り組むつもりです。  

11/25(金)『春犬ジャムvol.36』@BIT
 
  DSCN2292

  初めての方が数名、素晴らしい演奏者でした!
  ののさんが来てくれて、ありがたかったなあ。
  

TC.Academyの講習会を開催した日のメモ

10/14(金)『高橋透 身体は語る』

  BlogPaint

  透先生の『身体は語る』、その前に腹ごしらえ(笑)

10/15(土)『小関勲 ヒモトレ&バランス講習会』

  DSCN1571

10/16(日)『小関勲 ヒモトレ&バランス講習会』

11/26(土)『小関勲 ヒモトレスペシャル&韓氏意拳講習会』

  DSCN2326

  DSCN2356


11/27(日)『小関勲 ヒモトレカンファレンス』

  DSCN2368


韓氏意拳講習会のお手伝い

11/27(日)『駒井雅和 韓氏意拳講習会』

  DSCN2390
  この日の会場と駒井さんやSさんの洋服の色と、照明が良くて
  きれいな写真撮れてますね!

はあ、一気にアップするのは大変だあ〜〜っ!

お知らせの記事は明日にしまっす。
 

haruinu at 22:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 ライブレポート | 春犬セッション