調子悪くて更新出来なかった(T_T)vistaめ、もう限界か?

さて、シーズン終了に伴い、引退する選手がいます、往年の名選手が球界から去る、悲しいですが考察します。まず二人から。

一人目は、前田智徳選手。
ミスターカープ、カープ一筋で数々の選手から天才と言われた選手、巧走守全てあり二年目からレギュラーに、怪我以降は代打が増え、復活と代打の切り札としてカープを支えました。個人的にはまさに打撃のセンスなら歴代最高で、まさに中距離打者の手本でした。お疲れ様です、是非コーチになって帰ってきてほしい。

二人目は、宮本慎也選手。
ヤクルトの名手として長年活躍、二番ショートとしてバントや守備で見せる選手でした、往年はサードで守備といぶし銀な打撃、若手の精神や育成をしてくれた、まさに近年ヤクルトの立て役者です。野球はホームランがスターをまさに覆した方でしょう。コーチになって欲しい。お疲れ様です。